嫁に内緒で人生初キャバクラに行ったら即バレしてとても大変なことになった話。




あの…最初に読者の方にも謝ります。

普通にこれ読んで『は?奥さんいるのにキャバクラ?死ねウジ虫め』って思う人もたくさんいるのはわかってます。

それにどうやら、あちらのご家族もこのブログを見ているらしいという噂も聞き…

どうかんがえても書かないほうがいいのはわかってて、あえて書きます。

わざわざこのようなことを書くのには深いわけがあります。

謝罪ブログと言うものです。

深いわけよりも、より深い心で読んでもらえたらと思います。

この記事を書くにあたり

私、29歳の誕生日を前にしてキャバクラというものにはじめて行ってまいりました。

今までそういった【夜】的なところにはまったくの無縁でした。

自分で行くお金もないっていうのもありますが、そもそもまっっったく興味がなくて…。

言い訳に聞こえると思うのですが『高いお金払って女の子と話すとかよくわからん』と思っていました。

本当に行ったことがありませんでした。

いや、でもむかーしバイト先のおっちゃんに母親より上くらいの女性がやっておられるスナックにつれていってもらったことはあります。

でも本当それくらいで。

今回ひょんなことからキャバクラに行くことになり、嫁には内緒で行ったのですが、まあいろいろあって即バレしました。

そしてこういうことになりました。↓

はい…。

すいません。

これから公言させていただきます。

なぜキャバクラに行ったのか

まず説明せねばなりません。

この『キャバクラに行った』という事実だけ見るといろいろと誤解も生まれそうなので弁解させていただきたいと思います。

弁解というか言い訳です。

✱アニキと飲みに行った

僕より年上のとある社長の方がおりまして、その方に今後始めようと考えてるビジネスについてアドバイスをいただきたくて、ご飯に誘いました。

都内某所で待ち合わせをし、アニキ行きつけの居酒屋へ。

ちなみにそこはかなり庶民的な居酒屋です。

かれこれ2時間半ほど、すごく真面目に仕事の話をしていました。

お会計のときのこと…

アニキ『ここは出すよ』

僕『いやいやいや、僕が誘って時間作ってもらったんで!』

アニキ『いやいやいや』

僕『じゃ、次!次お願いします!』

そう言ってそこは僕が出させてもらいました。

今思うとこれがいけなかった……

話の流れでアニキと『キャバクラいかない?』という話になりました。

『あ、でも僕いったことないし興味ないんですよね』みたいな感じで最初言ってたのですが『それも人生経験ですよ』と言われ、変に納得してしまい『じゃあ…』と行くことを決めてしまいました。

キャバクラに行ったことがある友達なんかに聞くとだいたい『仕事の付き合いで』とか『上司に連れられて』とかって言う話を聞きます。

僕にはそのような上司も今まで存在しなかったため行く機会がなかったので、仕事の付き合いで…って言葉の意味がこの時初めてわかった気がしました。

ちなみにその前日嫁のキャンベルと喧嘩をしていたので、アニキはそんな僕を気遣って誘ってくれたのだと思います。

そのまま連れられ、あるお店へ。

システムとかさっぱりわからないので全部おまかせしていました。

プライバシー保護のためこんな感じに

基本的に僕はチャラく見られるのですが、実はそんなに積極的に女子と話したり、グイグイ行くタイプではないので、なんかどうしたら良いかわからず目の前にひたすらつがれるウーロンハイをひたすら飲んでいました。

キャバクラってこんな感じか〜と、なんとなく予想通りだったのですが、1つ驚くべき出来事が起こりました。

隣に座ってた女性といろいろ話してると、なんと元美容師さんだと…

元だとしても同業者の方でなんとなく安心しました。

ところがですね、いろいろ話しているとなんと僕と同じ地元出身で、さらには妹と同じ高校、同じクラスだったと…!

そんなことあるかい…。

自慢じゃないけど地元はかなり田舎なので人口も少ないし東京に来る人も少ないのです。

だから10年東京にいても同じ市内出身の人とか友達以外では会ったことがありませんでした。

なのに、まさかこんなタイミングで会うとは。

マジかーーとかなりビビりました。

そして妹と同じクラスだったと聞きなんかいろいろ複雑でしたが、同郷の人ってなんか会えると嬉しいので、なんだかんだ言って楽しんでた自分がいました。

そこでまた気を使ってくれたのか、結局アニキが2回ほど延長し、店には2時間ほどいたと思います。

最終的にお会計は出してもらってしまったのですが、今冷静に考えると金額ハンパないことになっていたのではないかと思います…。

なんかアニキすいません。

『次お願いします』

とか言ってしまってすいません…。

そして事件は起こった

ぶっちゃけ初キャバクラでしたが、ただ女の子と話してウーロンハイ飲んでただけなのでそんなに悪いことした感じがしませんでした。

いい感じに酔っ払って帰宅。

12:00すぎには家に帰っていたらしいです。

その頃には普通に酔っ払いまくってたので記憶があんまりありませんが僕はとりあえず布団で寝だしたらしいです。

そして1時46分 ↓ 事件は起こりました。

寝てた?僕はなぜかイキナリ起きて嫁にメッセージをしたのだそうです。

僕は全く覚えていません。

それがこちら。

キャバクラで唯一撮ったアニキの写真を突如送りつけ、また寝たらしいです。

ブチ切れたキャンベルさんは僕をぶっ叩きまくって起こそうとしたらしいですが、完全に爆睡だったそうで…。

もうめっちゃ深夜になにをやっているのでしょうか。

自分でも謎です。

寝ぼけてやったようです。

翌朝起きてとりあえずアニキにお礼のメッセージを入れようとメッセンジャーを開きました。

そこで嫁に写真を送ったという事実に気がついてしまったのです。

『う、うわー……』

ふと横を見るとまだ寝ていました。

もうなんかいろいろ諦めて僕もまた二度寝。

そして二度寝から覚めると一言『昨日どこ行ってたの?』と質問がやってきました。

『え、居酒屋』

『うそつけ』

『すいません』

そこから2、3個質問をされたのですが、ちゃんと答えたのでたぶん許してくれたのだと思います。

代わりにこのようなメッセージが来ました。

はい。

もう二度とキャバクラには行きません。

付き合いとかだとしても、行きません。

お約束します。

そしてディズニーランドは11/22に行くことにします。

お約束いたします。

いい夫婦の日に…。

はい。

行きます。




結論 いろいろ人生勉強になった

僕は基本嘘がつけない人間です。

いやつけるんですけど、今までの経験上嘘つくと85%くらいの確率でバレます。

下手ということなのでしょう…。

なのでキャバクラに行った写真を送らなくてもバレていたかもしれません。

嘘は良くないですね。

ですが、今回学んだこともたくさんありました。

まず超高い。

僕みたいな貧乏くさいタイプの人は行ってもビビっちゃうのでダメだと思います。

今後万が一お金持ちになったとしても行くことはないでしょう。

公園でビール飲んでるくらいが1番僕には似合ってます…

そして、やっぱり彼女や奥さんがいる人は行かないほうがいいですね。

キャバクラくらいなら…と許してくれる人もいると思いますが、やっぱいい気はしないもんです。

世の男性はどうかは知りませんが、僕はここに公言したいと思います。

全国のキャバ嬢の皆様ごめんなさい。

もう二度とキャバクラには行きません。

はい。

タイトルには『大変なことになった』と書きましたが、実はキャンベルはそこまでむちゃくちゃブチ切れまくってるわけではありません。

なのですが、一応お約束ということでここに宣言させていただきたいと思います。

僕はとりあえずこれからもおとなしく公園でビールを飲むスタイルを貫きたいと思います。

そしてアニキ、いろいろ不都合もあるので顔を隠させていただきましたが、その節はお世話になりました。

たくさんお勉強させていただいてありがとうございました。

次からは白木屋に行きましょう。

よろしくお願いします。

【ご予約、取材、講演会のご依頼はこちら】