プーケットの夜遊びは安くて楽しい【ムーカタ】と【商店飲み】がオススメ。




3日間滞在したプーケットからバンコクに向かっています。

バスで。

エアコンマックスなので、くっそ寒いです。

wifi付き!とか書いてあるけど嘘です。

ありません。

いやーしかし3日間楽しかったです。

海行ったりタイ人のカットしたり。

あとは飲んだり飲んだり飲んだり…

ずっと飲んでました。

ということで、今回はタイのプーケットでのオススメ夜遊びについて。

プーケットの夜遊びの定番

ふつうの旅行者にはなかなかハードルが高いかもしれませんが、夜遊ぶなら絶対的にローカルスポットをおすすめします。

プーケットはタイ南西部の島。

リゾート地としてはタイで一番有名な場所なのではないでしょうか。

島の至るところにビーチがあるのですが、大きな街は2つです。

プーケット地図

西側のパトンビーチエリアと東側のプーケットタウンエリア。

パトンビーチエリアは夜になるとヒャッハー!ってやっている人で溢れかえるくらい観光客には人気のエリアです。

そこではバーが立ち並び、きれいなオネーサンが踊っているいかがわしいバーなんかもあります。

ちなみに今回僕らは残念ながら行きませんでした。

眠気に負けました。

夜遊びというとそのパトンビーチエリアが一般的です。

でも僕は個人的にはオススメしません。

なぜなら、めちゃくちゃ高いからです。

当然日本に比べたら安いと思いますが、プーケットはタイのなかでも物価が高いエリアです。

そのプーケットの中でもパトンビーチは一番です。

すべてが観光客価格になっています。

せっかくタイに来たのに散財したらタイに来た意味なくなっちゃうし、正直バーなんかどこの国にでもあるので、もう少し違う楽しみ方を紹介します。

どローカルに紛れ込む

僕自身はプーケットは3回目です。

タイ人の友達もおり、結構ローカルなところにもいろいろ連れて行ってもらったのですが、個人的に一番ツボだったのが【商店で飲む】というパターン。

タイではたまに小さな個人商店がたまり場になることがあるそうです。

テーブルを店前に置き、店で買った商品をそのままそこで食べたり飲んだり。

すごく合理的な感じです。

観光地というよりは地元の人が過ごすエリア(住宅地など)にあったりするので、観光客だとなかなかそれを探すのは難しいかもしれませんが人に聞いてみると案外見つかるかも。

もし見かけたら混ざってみると超面白いと思います。

プーケット夜遊び

タイ人の友達アン

プーケット夜遊び

タイ在住ロシア人のマックス

タイのいろいろなローカル話を教えてもらうことができます。

タイ人の友達アンいわく、いろんな人が入れ代わり立ち代わり来るからおもろい。

たまに外国人も来ることがある…とのこと。

ちなみにここの店主はプーさんというおじさんです。

ゆるいノリで夜中の2時まで店を開けていると言います。

タイは飲酒運転が日本と違い全然厳しくないので結構バイクでブーンてきて一杯飲んでかえる…みたいな人も。

なんかその手軽さを見てるとタイ風立ち飲み屋って感じでした。

チャンビール

チャンビール

ちなみにタイの物価は×3をすると日本円と同じくらいになります。

600mlくらいの瓶ビールがコンビニや商店では約50バーツで売っています。

バーで飲んだりすると100バーツ以上するので、かなり安くすんでしまいます。

他にも参考になるようなものだと屋台のご飯40バーツ、1.5リットルの水13バーツ、バス10バーツ、タクシー初乗り35バーツ、最安ゲストハウス100バーツ…

とこんな感じです。

もちろんピンキリで300バーツとかするレストランもあるし、1000バーツ以上するホテルもあります。

バーベキューしてみる

これは一人ではできないのですが、複数人でプーケットにきたり、友達がいろいろとできたらオススメです。

2日前、日本人のお友達の家に泊めてもらったのですが、そこでムーカタと呼ばれるバーベキュー&鍋をしました。

ムーカタ

ムーは豚という意味で、カタは忘れました。

なんか焼肉&鍋が同時にできるホットプレートみたいなものがあり、それを囲んでみんなでご飯を食べるというもの。

プーケット在住の日本人とタイ人もやってきて結構ワイワイとやっていました。

カットした女の子が料理を作ってくれた

アヒルのくちばし唐揚げ

アヒルのくちばし唐揚げ

深夜まで飲み会

どうやら聞くところによるとこのムーカタは2パターンのやり方があるそうです。

1つはレンタルムーカタ。

肝心のレンタル先はよくわからないので調べてもらうと出てくるとおもうのですが、750バーツで機材、食材をデリバリーしてくれるサービスがあるらしいです。

食材は4人でも食べ切れないほどで、翌朝軒先に置いておけばOKという超手軽なもの。

1人あたり200バーツくらいで自宅バーベキューができてしまうと。

便利すぎる。

流石に良いホテルでは無理だと思うのですがゲストハウスとかで外にテーブルがあるようなところだったら交渉してみるとできるかもしれません。

長期滞在の方は1ヶ月10000バーツとかで家が借りれるそうなのでそういう場合は余裕でできますね。

もう1つのムーカタは店に行くというもの。

そのまんまですが、意外と観光客は知らないような気がします。

街のハズレみたいなところにあったりするのですが、大体180バーツくらいで焼肉と鍋が食べ放題。

なんとビール飲み放題つけても300バーツとわけのわからない価格になっています。

キャンベルが「行きたい」って案の定うるさいのですが、最終日に行く約束をして黙らせました。

タイの夜遊びといえば、ゴーゴーバーに行くとか、バーで飲むとか、屋台めぐりするとか、ナイトマーケットとかが一般的ですが、【商店飲み】【ムーカタ】とちょっとタイ人よりな過ごし方もおすすめです。

なにより安い。

お金が全然かかりません。

そしてプーケットはほんとのんびりしてていいところです。

なんか友達もたくさんできて、また「ただいま」って帰れる場所が1つできたような気がします。

プーケットでお世話になった皆さんありがとうございました!

プーケット

また来よう

こちらも合わせてどうぞ。

嫁が毎日焼肉を食べたいと言ってきます。締めにピザも食べて困ってます。

セミナーのご案内【毎月】【全国】

セミナーのご案内【毎月】【全国】

毎月全国各地で行っているセミナーの予定一覧と過去の実績です。今後の美容業界とサロカリの無料説明会も行っています。

【無料期間あり】理美容師コミュニティ

【無料期間あり】理美容師コミュニティ

月額わずか1000円で全国の理美容師との交流、面貸し、教育、集客、独立支援、働き方、オンラインサロンなど様々なサポートが受けられます。今までにない働き方ができ、就職のマッチングも多数実現。一生の美容師仲間を作りませんか?