日本人がモテる?サンティアゴでチリ人美女に囲まれて。




こんにちは。

今日から気を取り直して旅日記の続きを書いていくことにします。

4月末チリでのことなので、もうずっと前の話(笑)

いや、もうやめちまおうかって思ったりもしたんだけど、やっぱ書かなきゃダメだなって。

今まで会った人たち、それから1000人切るまでの経緯というか、そういうのは書かなきゃなって。

チリはあまりに長くいすぎたため、カット以外してません。

もうちゃちゃっと証拠写真を載せてきます。

ちゃちゃっと。

前回の記事→【ただの悲劇】小学生以下の男の子のヘアカットってお母さんがやる法律でもあるの?

この日もいつも行っていたプラザイタリアに向かった。

ほぼ毎日のようにこの場所に通っているので、そろそろ通行人にも普通に声をかけられるようになってきた。

よく考えたらサンティアゴについてちょうど1ヶ月がたっていた・・・。

ついて早速カット。

840人目

image

841人目 女の子

image

人々が集まってきます。

いつものよーに。

image

842人目も女の子

image

東南アジア、南米ボリビアとペルーで多かったブーメランカット←勝手に命名。

センスがないとは言わせないぜ。

image

843人目

宿で出会ったしょーこちゃん。

彼女については次の記事にて。

image

前髪カット。

image

845人目 赤い髪のお姉さん

image

846人目 刈上げファンキーなおば・・・お姉さん。

image

編んでみた。

image

847人目 女の子の前髪カット。

image

可愛らしい子デス。

image

だいたいこの場所には夕方来てたんだけど、学校帰りの学生たちがよく通っては足を止め、写真とったり冷やかしたりしてくれたから楽しかった。

image

「次誰なの?」

「ごめん!5人待ってんねん!」

とかやってみたり。

image


カットしながらそんな人たちとを話してると友達が声をかけてくれた。

この前カットした子で、まだ学生だが子持ち。

結婚はしていないという。

後ろにいる人が事実上の旦那だけど、籍は入れていないので彼氏という位置らしい。

image

ほんとこれ不思議。

チリ人はみんなそうなんだよね。

848人目 そんなノリノリな学生のグループの一人を。

image

みんな楽しそうで何よりです。

image

849人目 また前髪カット。

image

850人目と851人目の女の子。

今日は女子率たかし。

image image

翌日、昨日タイムアウトで切れなかった人々に「また来て」って言われたので、また同じ場所へ。

もはや僕もここの公園の住人みたいになっていた。

公園の住人というと、二人のおっちゃんと仲良くなったんだ。

一人はピーナッツを売ってるおっちゃん。

もう一人は飲み物やお菓子を売ってるおっちゃん。

二人共英語は話せないし、ぼくも鼻くそみたいなスペイン語しか話せなかったが、二人とは毎日挨拶するしわからないなりにも話していたのですっかり仲良くなっていた。

image
(菓子屋のおっちゃん)

852人目のスケーターをカットしているときにそのおっちゃんがやってきてこう言った。

「嫁連れてくるから切ってや」

image

たぶん・・・。

スペイン語でよくわからなかったが、たぶんそんなことを言っていたような気がした。

待っていると、やはりおっちゃんの奥様登場。

853人目

image

奥様のカットが終わると「グラシア!」とお礼を言ってくれたおっちゃんがドサッと椅子に腰を下ろした。

854人目 3週間ぶり2度目、おっちゃん。(笑)

image

バッサリいっておきました。

855人目

おばちゃま

image

856人目 857人目

お母さんと少年

image

まずはお母さんをカットし、次に少年を。

image

「坊主でいいのよ坊主で!」

スペイン語だったからわからなかったが、そう言っていた。

確実にそう言っていた。

image

マルコメの出来上がりである。

858人目

おっちゃん。

image

さっぱりと。

image

859人目

夜も老けてきて、最後の女性。

image

2日分まとめて載せてみました。

1000人まであと141人ですか。

長いな。(笑)

思えばこのプラザイタリアという公園に来だしてから3週間が経過していた。

初日にお菓子屋さんのおっちゃんをカットしたっけ。

また同じ人を同じ場所でカットするなんて思わなかった。

よーく考えてみると南米に来た時点ではチリに来るつもりはなかったし、行ってみるかと決めたあとも3日くらいいたら出ていこうと思ってたんだ。

それが1週間、2週間とたち、気づいたら1ヶ月もたっていた。

こんなはずじゃなかった。

この言葉が多分1番ピッタリ。

旅をする上で全く予定になかったことをしている自分に時々驚くことがある。

行くつもりだった場所に行かず、行かないつもりだった場所に居座る。

でもそれに後悔してるわけではない。

なんだかそんな予定外の日々が意外と楽しかったりするから。

たぶん旅をするのであれば、予定は決めなければ決めないほどいいんじゃないかと僕は思ってる。

ホテルもとってないとか、明日なにするか決めてないとか、次の行き先さえ決めてないとか、たしかに不安も残る。

でも気の向くまま、その日その時に予定を決めていったほうが旅はきっと面白くなる。

僕のブログを読んでくれてる旅したーい!なあなたにはぜひそうしていただきたい。

縛られた日常から飛び出した時くらい縛られない旅をしたいですね。

ま、それがうまくできないと僕みたいにダラダラと居座る旅人になってしまうんだけど・・・。

ダメ人間ですねって話でした。

はい、ではまたすぐ続きを書きますー。

★カットした人★

859人