ペナン島の世界遺産ジョージタウンは200年前までジャングルだった!?




こんにちは桑原淳です。

今日はマレーシアの世界遺産ジョージタウンについて★

世界遺産のまちをふらついて来ました。


ペナン島にあるジョージ・タウン地区の人口は約40万人いるそう。
住宅・店・ホテル・病院などもしっかりあって、マレーシアでは首都クアラルンプールの次に大きい都市。
ペナン島自体がリゾート地になっていてたくさんの観光客がくるとこみたい。
200年くらい前はモリモリのジャングルだったらしいんだけど、マラッカ海峡の入口にあるとゆうことでイギリスに植民地にされてしまった。
イギリスって本当いろんな国を侵略して植民地にしまくってたんだね、、、(^^;
キリスト教と英語がここまで世界に浸透してるのもイギリスが植民地にしまくったからなんだろうな~。
18世紀後半にイギリス人のお偉いさんに「プリンス・オブ・ウェールズ島」と名付けられて、その人の住む町を「ジョージタウン」と名付けたらしい。
そんな歴史のあるジョージタウンはイギリス植民地時代の建物と、中国人、インド人が多いので、いろんな文化がまざった独特の町並みになっている。
そして2008年にマラッカと一緒にユネスコ世界文化遺産に登録されたみたい。
歴史や世界遺産が好きな僕はとりあえずここは行かなきゃと来てみたんだけど、以前行ったマラッカと似てること似てること。
マラッカについてはこちらから↓
ノリでいったマレーシアで奇跡の出会い
泊まってる宿があるのがチュリアストリートという、わりと町の真ん中にあるところだった。
そこの回りに見所が集まっていて、どの方向に行ってもだいたい10分~15分でいけると宿のおっちゃんが教えてくれたので、 とりあえず時計回りに行ってみることにした。
遠いところはちょっとめんどくさくて行かないことにした(^^;
昼に宿を出てテキトーに歩いていると砲台発見★

砲台がある広場

その近くにある時計台

噴水がある広場や

また少しあるくとなんか中国系のお寺

そこで拝む人

何となく5分から10分間隔でそれっぽい歴史的な建物があった。
一個一個じっくり見てるのも時間がかかるので写真だけとってきた。
回りきれなかった場所もあるし、見つけたけど写真とらなかったりしたとこもあったからこれだけ(^^;
オススメは宿がたくさんあるチュリアストリートを拠点に徒歩で2時間くらい回るとだいたい見所はカバーできるので、それで半日。
午後はバスに乗って遠出してみるのがいいかも。
遠いところには博物館や動物園みたいなところやアクティビティーが出来るとこがあったりするのでそうゆうとこに行くとか(^-^)
個人的には第二の都市のわりにクアラルンプールほどガヤガヤしてないし、でも店もたくさんあるし、海もあるのでペナン島はゆっくりしたい人にはオススメ(・∀・)
ただ世界遺産ジョージタウンは一日あれば十分だから、あとはマレーシア独特のカオスな雰囲気を楽しむって感じかな!

そしてそして、ソッコーでジョージタウンを回ってしまった僕は暇を持て余して一回宿に戻った。
宿のおっちゃんにオススメの場所を聞いたら、ビーチがあるよって言ってたからバスに乗って行ってみることにした★
水着ないけど、、、(笑)
バスに乗り、2・70リンギットを払う。
1リンギット=約30円
外国でバスに乗ると、目的地はわかってもどこのバス停で降りていいかわからないのが結構不便(>_<)
でも電車よりは安い事が多いから、バスはよくのります。
そしてバスに揺られること30分くらい。
何となくチラッとビーチらしきものが見えて人がチラホラいたからそこで降りてみた。
するとそこがやっぱり目的地でしたってオチなんだけど
意外と何とかなるもんだね(笑)
そして、そこでとんでも遊園地を見つけた。
カオスな観覧車

これは高さがないから景色もヘッタクレもない。
好きな子とのデートで使ったらフラれるレベル。
でも僕はあえてこーゆーとこデートで行きたいけど(笑)
メリーゴーランド(たぶん)

拡大すると、、、、

これは逆に低すぎるんじゃない?とか
延長コードみたいなの剥き出しだけど大丈夫?とか
何かいろいろツッコミ所がありすぎて、、、(笑)
まあでもB級スポット好きの僕にはたまらなかった(^▽^笑)
そして海はこんな感じでゆったりとした雰囲気★


足だけはいってみたり

はしゃぐ親子がいたり

世界一周って書いてみたり(^^)

レンゲが落ちてたり(笑)

素晴らしいビーチでした。
ここではジェットスキーとかパラグライダーができるみたいで、みんなやってた。
観光客にも人気の場所みたいだね★
海、入りたかったな~(*_*)
そしてそして!長いですね!すいませんもうすぐ終わりますので是非下まで読んでって下さい(笑)
バスにのり街中へ戻り、降りる場所を間違え、2時間歩いて(すぐ着くと思ったら迷った)宿に戻ったところ
日本人の宿泊客の人がちょうど戻って来て、こんにちはと挨拶したらすぐ仲良くなり、そのまま気がついたら4時間くらいぶっ通しで話してた(笑)
なんか久しぶりに日本語つかった気がする、、、(^^;
彼は神奈川出身のまことさん。
過去に世界一周して、それからオーストラリアにすんだりしている人。
これからオーストラリアに仕事にいくけどちょっと時間が空いたから東南アジアに来てみたらしい。
これから仕事してお金稼ぐからいいよいいよ~ってビールやらウイスキー奢ってくれた(>_<)
ありがとうございます!
1時をまわったころ、宿のオッサンに静にしろとか言われて、もっと話したかったけど寝ることにした。
いろんな旅の話しやいい情報が聞けて良かった!
また日本かどこかで会いましょう(^Q^)/
まことさんもそうだったけど、海外で会う旅人ってなんかやっぱりどこか似てる気がした。
もちろん旅が好きとか、好奇心が強いとかは似てる。
なんかうまく言えないけど、日本に対して何かしら疑問をもってるっていう話しをよく聞く。
僕はずーっと前から疑問に思ってたけど
なぜ経済大国日本の国民は、国民の幸せ度が世界で100位なのか。
なぜ自殺が世界で1番多いのか。
なぜ報道されないことがあるのか。
なぜ日本人は外を見ようとしないのか。
なぜ他国民を理解できないのか。
そしてほとんどの人がそれらを疑問に思わないということが疑問だった。
それは国や政治が作り出してるものなのか、それとも国民が作り出してるものなのか、日本の過去の歴史がそうさせたのか。
僕には全然わからなかった。
それぞれ文化や宗教やお金の価値が違う国で生きている。
貧しかったとしても、いつもニコニコしてて、道で陽気に歌ってる人なんかもいる。
なんで笑ってられるのか?日本と何が違うのか?
だから僕は自分の目で世界の国々と人々を見て、その「なぜ」を知りたいとおもってる。
ひどい目にあうかもしれない、何か盗まれるかもしれない、病気になるかもしれない、もしかして死ぬかもしれない。
でもそれを恐れて何も知らないまま死ぬほうが僕は恐いと思った。
世界をまわったところで答えなんて出ないかもしれないし、答えが出たところで日本を変えるなんてことができるわけもないから、ただの自己満の為の旅なんだけどね。
結局はね(笑)
なんかだらーんと書いてしまったけど、これが僕の考えです★
長いのに読んでくれてありがとう!

髪を切った人 53人。
世界一周40日目。