ベトナム人のイメージって知ってる? 『キレイ好き』 『愛想悪い』 これらしいんだよ。




ベトナムはニャチャン三日目!
今日もビシバシカットしてきた話しだよ!
先に言っちゃったけど!(笑)
飽きたと言わずにお付き合いくださいm(__)m

 

さて、本題といきたいところですが、いやいくんですが
なんかタラタラなが~く書いてしまう癖なのか何なのかわからないけどあるみたいで、今日は短く簡潔にまとめてみたいと思います。
たぶん。(笑)
昨日予約してくれたおばちゃんのカットをしに、またいつものビーチへ行ってきた。
宿から歩いて10分くらいかな??
今日こそは、、、!予約の一人だけ切って観光したい、、、!(‘A`)
という気持ちが50%くらいはあった。
とりあえずビーチについたところ
『ハロー!』といつものおばちゃん達。
そういえば、三日目にして今だに彼女達がまともに働いてるのをみたことがない(笑)
たまーに通る欧米人に『2 ビアー?』とか言うだけ。
何故 なのかは全然わからなかった。
そして最後まで2ビアーを買った人を僕は見ることができなかったわけで。(笑)
じゃあこの人切ってよ!とやって来たのは予約してくれたおばちゃんとは違う人だった。というか初めてみた。
もしかするとどっかから連れて来たかも知れない(^^;


もう何かやっぱり昨日とまったく同じ展開になってしまった。
①→髪をカットしてる
②→通りすがりが立ち止まって見はじめる
③→あ、私もいいっすか?となる
①にもどる。




この横でガン見してる女性も(笑)

ショートに★



なんか中でもちょっと驚いた写真が。
おばちゃんにカメラ渡しといたら撮ってくれてたその写真がこちら
↓↓↓

お気づきだろうか、、、もう一度ご覧頂こう。(呪いのビデオ風)

ベトナム人より黒い!!(笑)
まじちょっとやけすぎだよね(^^;
この前店で買い物したら『コップンカー』って言われたからね。
タイ語でありがとうだからね。
『あ、、、え?コップン、、、? サ、サンキュー!!!』とか言ってテンパってしまい
店員も『ソーリー』とか言い出す始末。
そんな日本人に見えませんかね(^^;
そして、気付けば8人カットしてた。
絶望的に体力がなくなったのか、ただ暑いらなのかわからないけど、とにかく疲労がハンパなかった、、、(‘A`)
そのあとはおばちゃん達がくれたビール二本と、何かベトナム煎餅?みたいなやつと、鶉のタマゴと、バナナなどなど食べながら団欒タイム。

ベイビー(*^-^*)


『EAT!!!!』と連呼しながらおばちゃんがバナナとタマゴをむいてくれた。
嬉しいんだけど、そんなバナナ4本とかタマゴ8個とか食べれないよ、、、あ、まだ食べきってないよ、、、あ、はい頂きます。
て感じで食べたけどね(^^;
あ、生の落花生たべたんだけど超おいしかった!
納豆の臭くなくてねばねばしてないみたいなやつ(笑)

おばちゃん達お世話になりました!また来るね!
その後、宿にいったん戻り、夜疲れと空腹(何故)でゾンビのようにフラフラと食べ物屋さんをさがす。
やたら椅子の低い店を見つけたのでそこで食べる事に☆

塩ラーメンのような、ヌードル!

おいしかったーーー!
ご飯を食べ、少しゆっくりしたとこで夜行バスに乗り込む。
夜行バスで10時間かけ、ホーチミンへむかいます。
居心地のあまり良くないバスで就寝、、、(´Д` )
今回、三日間地元のおばちゃん達と過ごしたんだけど、何かすごく感じたこと、気づいたことがあるんだ。
ベトナム人のイメージって知ってる?

『キレイ好き』 『愛想悪い』

これらしいんだよ。
確かにベトナム最初来たときそう思ってしまった。
人懐こいカンボジア人にたくさん会ったあとだからかもしれないけど、冷たい気がしたんだよね。
でもこれって僕が外国人だからなんだと思ったんだよね。
日本人も外国人とか変な目でみたりするじゃん。
ガイジン、ガイジンとばかにすることさえある。
このおばちゃん達の髪を切って、すごく仲良くなれて1番良かったな~って思ったのが、僕をいろんな意味で許してくれたことだった。
一緒に座って食べて話して、、、輪に入ることを許してくれた。
外国人の僕に優しくしてくれた事がすごく嬉しくて。
あの時『僕は日本人です。髪を切りたいです。』と一言いったことから始まったこの出会い。
僕が美容師だったからじゃない。
少しの勇気が必要だっただけ。
愛想悪いと言われるベトナム人も、内に入ってしまえば全然そんなことはなかった。
日本人でたまにいるけど、あそこの国の人は良いだとか、あっちの国の人は悪いだとか、そこの国の人に会ったこともないのに言う人。
そんなこと言ってるうちはきっと自分の人生も楽しめないんだと思うんだよね。
実際足を運んでみると、現地には人から聞くよりも、写真で見るよりも大事なもの、楽しいものがそこらじゅうに転がってる。
それを拾えるかどうかは、結局自分次第なんだろうな~。
何年たとうがこのビーチでの事は忘れないし、また来たいと思えること。
素敵な出会いってきっとこうゆう事を言うんだよね。
さようならは言わずに『またね』とだけ言っておばちゃん達と別れた。
また来るよ~
帰り道、一人になり大好きな19の『背景ロマン』を聞きながら少し泣きそうになった。

生きて行く中で難しい事は『言葉』に夢を流されて
その場所で 泣きくずれてたけど
友達、親友 すべてが大好きで
その場所でずっと笑ってたんだ
詩を歌うように心は 人間を大切にするし
生きているこの瞬間が 大切で最高なんだ
帰らぬこの日々が 夢を描きます
ひまわりのように 強く やさしく上を向く
きっと 届く そこに 届く
やさしさは 伝わるよ
ああ さよなら ありがとう この時間がうれしくて
心の引き出し開けて 繰り返し春が来る
超えて 届け 先へ 届け
温もりを 大切に。