『貧しい国』とラオスの学生ボランティア団体について。

こんにちは!山梨県富士吉田市大明見出身の旅人で美容師のJUNです。
富士山よりも吉田のうどんがオススメです。
何となく、さり気なく地元を宣伝(笑)
これにより、市長が僕に目をつけ、僕が富士吉田市の観光大使に選ばれて、さらに観光大使なのに一生懸命他の場所を観光してる、、、こいつダメだな!!
なんてことをやりたい!

今日は、ちょっと真面目に書いてみようかな。
読む人の捉え方によっては、僕、嫌われるかもしれません。
でもいいんだ。
このブログを始めたのは、自分の何も飾らない『言葉』っていうのをかける場所が欲しかったってのが結構あるから。
だからいつもウダウダ長ったらしく、、、(´・ω・`)
すいません。でも今日も是非ちょっとお付き合いを。
まずは本題に入る前に昨夜のことを。
カンボジアはシェムリアップでで会った谷津さんを覚えているでしょうか。
その後、2度目はベトナムはニャチャンであい、なんと3度目、またラオスはビエンチャンで会いました(笑)
ラオス北部からタイに行く途中で寄ってくれた!
福島出身ということでなんか親近感わいちゃうよね!
せっかく来たからと、ビールでもの飲みましょうってことに。
一緒になったフランス人カメラマンと谷津さん。

そして安定のパナマ人カイメ。
彼ともなんだか長い付き合いになりそうだ(笑)

さらに静岡出身のいくぞー君。
彼も超クレイジーで、所持金ほぼゼロ。
ギターを弾いて稼ぎながら旅をしてるマジな旅人。
やばいよね(・・;)
僕にはとてもまねできん、、、

と、なんだかわいわいした夜だった★
この宿は毎晩誰かしらと仲良くなれるから楽しいね!
そして次の日
谷津さんはタイのチェンマイに向けて一足先に去っていった。

まあ僕もそこ行く予定なんですけどね(笑)
また会いましょう★気をつけて! 


こっちは荷物持ってくれてたオヤジだった。
またー(๑´ڡ`๑)

そして、この日は同じ地元の先輩?友達?から連絡を頂きまして。
その人の妹がなんとラオスにいると!
そして髪を切ってくれと!

そして会うことになった笑顔が素敵な萌衣ちゃん(㉒才)
こっちの大学で1年間ラオス語を勉強中だという。
すごすぎる、、、何故ラオス語なんだとちょっと思ったけども(笑)
なかなかいないタイプで、もはや尊敬してしまうよね。

ラオス料理を食べれる店に連れて行ってくれて
ベトナムのフォーとはまた違う感じなんだけど、めっちゃおいしかった。

さらに看板まで書いてくれた、、、!
過去最大のやつ(笑)

その後は、カットしにまた川辺へ。
もうここがビエンチャンで僕の居場所になった気がする。


地元のおばちゃん達に見守られながら。(笑)

萌衣ちゃんによると、おばちゃん達は

『切り方が綺麗ねー』などと言っていたらしい。
ラオスの美容室ではハサミを横に入れてパッツンと切るらしいんだけど、僕はほとんど縦に切ることが多いので、たぶん違う感じに見えたんだろうね。


ひとしきり騒いだあとはおばちゃん達はこっちでワンツーワンツーしてた。

切り終わったあとは、せっかく看板まで作ってもらったので、ギターでも弾きながら他に切りたい人を待つことに。
しかし寄ってきてくれるのは犬のみだった、、、。

かわいいじゃないの(*´ω`*)
飼い主が引っ張っても何故か離れないというね。ナデナデ

もう何時までもいてくれていいんだよ(笑)

残念ながら誰も来てくれなかったけど、かわいい犬が来てくれたのと、めちゃめちゃ綺麗な夕日が見れたから良しとしよう。

ビエンチャンのここから見る夕日が本当に綺麗で。
忘れることはないでしょう。

夜は焼き鳥とビールを買って、、、

いや~楽しいね!まさかのラオスで地元の人と会うって面白いね!
やりたいことや、人生どうこうっていろんな話をした。

笑顔が素敵な、しかも指が綺麗な萌衣ちゃんありがとう!!!


ここから本題に入る。(長えw)
ちょっと真面目に自分の意見を。
僕は、批判ばかりする人や、自分の意見を押し付ける人や、自分がやってないのにモノを言う人あまり好きじゃないです。
押し付けたいわけでもなく、怒っているわけでもなく、批判したいわけでもなく、僕が正しいとか間違ってるとかでもなく、一人の日本人の意見として見てもらえたらいいかなと。
彼女からこんな話を聞いた。
ある日、日本の大学生が『 ラオスに小学校を建てたいんです 』と団体でドッとやってきたそう。
事前に下見?とうことで来てたらしく、そこで彼女は通訳として雇われたんだって。
結論から言うとその子たちはどーしよーもなかったらしい。
調査に来た割にはほとんど遊んでたとか、それだけならまだしもラオスの人に対して日本語でひどい事を言ったり、文化や習慣を見下すような、否定するような事をたくさんしていったらしい。
結果彼女もブチ切れて途中で帰ってしまったそう。
現地のラオスの人達も、言葉はわからなくても伝わることがあったみたいで『もう来て欲しくない』といわれてしまったらしい。
で。
こういった手の話はよく聞くと思うんだよ。
『貧しい国の子どもたちに教育を!
カンボジアに学校を!』

などなど。
実際、僕もカンボジアでそういった人達に会った。

『自分達でお金を負担して、貧しい国に学校をたてる。』

皆さんはこれがいい事かどうか判断はつきますか?
僕は、すごくいい事だと思うんだ。
そういう事をしようっていう発想が僕にはなかったし、実際に行動に移している人達はやらない人に比べたら何百倍もすごいと思う。
何が言いたいかってですね。
さっき話した大学生の話しなんだけど、なんでラオスに学校をたてたいのかっていうところ。
理由の一つに就活のためってのがあるのだよ、と彼女に話したらしい。
つまり僕は、こんな経験をしました。貧しい国を支援しました。と言いたいんだそう。
まあ、ナメてると言われればそれまでだけど、僕はそれが動機でもちゃんと最後まで責任持ってやるならいいと思うんだよね。
でも最後ってどこなんだって話。
学校を建てたら終わりじゃないんだ。
カンボジアの話になるけど
皆さんは子供達の就学率や卒業率って知ってる?
義務教育なのか違うのか知ってる?
何年間学校に行くか知ってる?
学校の数知ってる?
先生がいくら給料をもらい、一人で何人の生徒を見てるか知ってる?
支援してる団体はもちろんNPOやらを通さないといけないんだけど、そういった人達でも、もしかしたら知らない場合もあるかもしれないね。
もちろん、しっかりした団体も多いのも事実だよ。
貧しいと言われてる国には原因がなにかあって、その国の歴史が深く関わってるはずなんだ。
文化や習慣も。
学校があっても学校に行けない子供達。
筆記用具が買えない子供達。
親と出稼ぎに行くから途中で学校に来れなくなる子供達。
理科の実験をしたことのない理科の先生。
中卒の先生。
安月給で慢性的な教師不足

それら現地の事情や歴史背景を知らない日本人が好意でした『支援』というのが、時として何か少し道を踏み外してるような気もする。
僕はそう思う。
例えば、たまたま観光にきたら何かボランティアやってるじゃん!
楽しそうじゃん!行こういこう!みたいな。
やる側はそれでいいんだよ。ボランティアだから何も悪くないし、人手が必要なんだから。
(すいません。真面目にやってる人を批判してるわけじゃないです)
そして貧しい国の人達に『はい、どうぞ』って学校を建ててあげる。
『俺はやったぞ』と優越感に浸る。
『子どもたちが笑ってくれた』と写真をとりフェイスブックにのせる。
、、、僕にはそれがいい事か悪いことかはわからない。
僕は、学校建設ボランティはしてませんが、孤児院や福祉施設や震災のボランティアや募金活動は何度もしたことある。
はっきりいって、僕は復興するまでとか、改善するまでやり続けるなんてことは出来ない気がする。
だからせめてもの気持ちとして、敬意と、その場所や事情については学ぶようにしてる。
もちろん、行ってから知ることも多いんだけど。
そして結局は自己満足なんだな~と思ってる。
ただ、ボランティアを必要としてる場合って例外なく何か困ってる時じゃん。
そういう人達に対して、どういう態度で接するかはめちゃめちゃ気をつける。
子供達は草むしったって石投げたって無邪気に笑ってくれるんだから。
貧しくたってみんな優しいんだから。
来てくれてありがとうと言ってくれる。
でも少し、控えめにすることも大切かなとおもってる。
僕もカンボジアでは孤児院に言って子供達の髪を切ってきた。
僕は、別にボランティアしたいってわけでもなかったけど、世界を旅する間に、そういう場所で美容を通じて子供達と話せたらいいなって思ってた。
そして縁あって行かせてもらった。
そこの日本人スタッフの方にメールしたときは、アホな自分にできる最高の丁寧な言葉でメールを送った。
『もし子供達のなかで切りたいって人がいたら、迷惑じゃなければ行かせてください』
簡単に書くとこんなんだけど、1時間かけて作った。
行った時もよろしくお願い致しますと頭を下げた。
日本人のボランティアのなかで
支援してやったぞ、とか
人にいいねって言われたいから、とか
おもしろそうだから、とか
そうゆう気持ちがあるのって、ちょっと違うんじゃないかな。とは正直思う。
さらに悪口とか文化や習慣を否定するとか最悪だと思う。
わかったように言ったけど、僕も含め、他国の事なんてそうそう理解できるもんじゃない。
何年住んでも結局わからないことだらけなんだと思う。
そして、海外に出た以上、日本人はただの『 ガイジン 』であって、何者でもない。
ちなみに『ガイジン』は差別用語だよ。
世界でトップクラスに他国を差別する日本人もまた、世界でトップクラスに他国から差別される人達なんだ。
そんな日本人にも優しくしてくれる人のこと、文化や歴史はできるだけ理解して大切にしなきゃ。
と僕は、思ってる。
以上です、長々すいません。
僕みたいなのが偉そうなことをダラダラと、、、。
決して批判してるわけじゃないから、頼むから怒らないでね^_^;

ご予約、取材、出張、講演会のご依頼はこちらからお願いします

高円寺ビールが飲める美容室Up to You
は定休日がありません。電話以外は24時間受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。また東京都以外のお客様のために出張美容室も行っています。

・ネット予約(メニュー選択してください)

RESERVA予約システムから予約する

・LINE公式(24時間、直通です) 

Add Friend

・電話番号(出られない場合もあります)

・Eメール(24時間受け付けてます)

出張・セミナー情報

・出張美容室(関西、山梨はほぼ毎月行きます)

1/29宝塚、1/30心斎橋、2/13名古屋、2/14浜松、2/19山梨

・講演会、セミナー(毎月、全国各地で!!)

2/13名古屋 ブログ、SNSセミナー
2/14浜松 ブログ、SNSセミナー