南京虫注意報!!ネパール初日にタメルの安宿で地獄の一晩を・・・






Hello.

いきなりだけど、僕は飛行機に乗るのが大嫌いだ。
別に怖いとかそういうことじゃない。
めちゃくちゃ時間がかかるから。
ちなみにこの日のフライトは12:00発。
なのになぜ朝6時に起きないといけないんだ
空港までの移動時間なども計算するとどうしても朝6時になってしまう。
絶対どこかで時空が曲がってるか、もう何かの陰謀だとしか思えない。
そしてチェックインの時も我先にと、なんで皆こんなに並ぶんだ。
僕も遅れをとらないようにしたいけど、カウンターがわからず迷ったりする。
やっと飛行機に乗れたら、今度はめちゃくちゃ寒かったりする。
そして隣はだいたい態度がでかいオッサン。
肘を置くスペースをとられてしまう。
降りたら降りたで今度は荷物が出てこない。
自分のスーツケースやバックパックを手にした人がどんどん空港を後にする中、離れるわけにもいかないので、あのクルクル回る回転寿司のレールみたいなやつをガン見するだけの時間が続く、、、。
するとだいたい最後の方で『仕方ないな』って感じで出てくる。
飛行機を降りてから1時間半くらいするとやっと空港の外に出られる。
1時間半もかかる意味がわからないけど実際時計を見るとそうなってるんだ。
絶対飛行機に乗るときは何者かに時間を操られてる気がする。
何かの陰謀に違いない。
というわけで飛行機は嫌い。
しょーもないことを書いてしまった。
朝バスターミナルに行き、空港行きのバスに乗った。
乗る前になんかご飯を買っていこうと思ったけど、朝早すぎて店が開いてないんだよね。
1つ開いてる店を見つけ、いよいよこれが東南アジア最後のご飯か、、、と慎重に選ぶもなかなか食べたいものがない、、、というか、主にカレーしかない。
結局、イチローは毎朝カレーを食べるという伝説に後押しされて、カレーを買った。
これからカレー大国に向かうというのに、貴重な東南アジア最後のご飯をカレーにしてしまった。
昨夜と全く同じことをしてしまった。
バカですすいません。
なんだろうたぶん。カレー大好き。
ちなみに食べたら思いっきり胸焼けがして、夜まで苦しみました。
空港につき、いろいろめんどくさい手続きをやって


ネパール到着!
だいぶ省略した(笑)
ちなみにネパールは人口3000万もいない小さな国。
インドとチベットにはさまれたバーモントカレーのルーを縦に叩き割ったような形をしています。

通貨はネパール・ルピーで1ルピー=約1円
という日本人に優しい国。
インド料理と中国っぽい料理といろいろあるけど、ここで食べるものは明らかにインドぽくても、ネパール料理らしいです。
日本のラーメンは中華じゃなくて日本料理みたいな感じね。
そして入国には ビザが必要 な国です。
ビザが必要とか聞くだけで面倒くさくて吐きそうでしょ?
でもこれは空港でとれます!
一応これからネパール行く人のためにビザの取り方を詳しく書きましょうか?
よくご丁寧なブログには書いてあるもんね!
じゃあこれから旅をする人のためにこと細かに書きましょう。
難しいかもしれないのでね。2014年最新バージョンを。
優しく気が利く旅人アピールしときましょうかね、たまには。
1・ATMみたいな機械で名前などの簡単な情報を入力
2・オッサンにパスポートと機械から出てきたレシートを渡してお金を払う。金額は滞在期間により。
3・終わり

まあ難易度は高いけど、この3つのポイントだけおさえておけば一学期の期末試験は大丈夫です。
その後、旅人にとって面倒くさいことこのうえない瞬間が空港の外で待っている。
『ヘイ!タクシー』『味の素!どこ行くの!』『ジャパン!ありがとう!』

それは、タクシー乗れ乗れ攻撃。
ここで乗ると例外なく高い。ボッタクリの危険性
僕はいつも『ハンバーガー食べたい』とか適当なことを言って、相手が『???なんだこのイカレポンチは』となってる隙をついて、逃走する。
そして街に出るシャトルバスやローカルバスに乗るんだけど、なんとここネパールカトマンズ空港にはそんなものは存在しないらしい。
ちなみにこの空港はとても小さい。
たぶん新宿駅のが全然でかい。
自力で空港の外に出てみると、わりと人もいるし車も走ってるからバスが来ないわけがない。
割とゴタゴタしてるね。

ひとまずATMでお金をおろして、そこらへんのローカル食堂でご飯を食べてみた。
ダルバートっていうかっこいい名前のネパール料理。


食べた後に、人が溢れそうなローカルバスに乗って街へ。
道は舗装されてたりされてなかったり、ボコボコのグシャグシャで砂埃だらけだったり。
道はボッコボコでも首都ですからね!(笑)





バス代はなんと25円だった!!
空港のタクシーでは500円とか言われたからね。
ザマーミロですね。
やっとの事で街につき、安宿をさがした。
なんか疲れていたのであまり探し回らずに、一泊380円の宿に決めた。
ちょいボロいけど、まあいっかーって
これが悲劇の始まりだった、、、
夜少しふらついて、ビールとごはんを買って宿に戻った。



ネパールはビールがまあまあ高い。
泣ける(T_T)
東南アジアが最強だったんだろうね(特にベトナム)
そしてベッドでゴロゴロしていると、、、
あれ、なんかかゆい、、、
足と腕を見ると何かに刺されてて赤くなっていた!
しかも何ヶ所も!
おそるおそる布団をペラっとめくってみると、なんかちっさい虫が何匹もいるじゃないですか、、、
ああ、君はあれか。 悪名高い南京虫クンか。はじめまして、ナマステ。
と鳥肌もんな初対面を果たした。
いや、鳥肌2粒くらいたったねマジで。
宿のお兄さんに言ったら殺虫剤を買ってきて一緒に部屋に来てくれた。
ベッドの隅にシューシューと噴きつけ、布団をペラっとめくった。
『ウウゥーーッ!』と結構変な悲鳴をあげてた(笑)
ネパール人もビックリするってどういうことっすか、、、
それから、部屋を変えてもらい、やっと寝れると横になった1時間後、、、
かゆいーー!
、、、今度も南京虫ベッドでした。
明日の朝絶対ソッコーここを出ようと心に近い、フロントのお兄さんに殺虫剤を借り、ベッドにこれでもかと撒き散らして寝てやった(笑)
体に悪いとかそんなのはもはや関係なかった。
なぜなら死ぬほど眠かったもんで^_^;
不本意だけど、南京虫と一緒におやすみなさい。
オエッ(笑)
刺されたところの写真を撮ったけど、毛深くてここに載せたら嫌われそうだからやめとく。
ところで皆はどうなのか知らないけども
僕はいつも初めて来た場所はすごくワクワクする。
みんなもそれはワクワクするよね!
今回未踏の地ネパールにやってきてしまった。
日本から近い東南アジアにいた今までとはきっと全然違う人々や、文化や、景色や、驚きが待ってるはず。
旅とは何か。なんて哲学的なことはよくわからないけど、僕はもしかしたら、いつもこのドキドキ感、ワクワク感を求めて旅をしてるのかもしれない。
日常生活では得られないようなもの。
お金で買えないようなもの。
形に残らないようなもの。
その連続がきっと『楽しい』になり、その地で一生懸命考えたことや予期せぬパプニングを乗り越えたことや南京虫に食われたことが『経験』となっていくのかな。
そして新しい場所で出会う人達が 『人脈』 といわれるものだったり、素晴らしい 『仲間』 になってくのかな。
1人でする旅なんて、どんなに人に写真を見せようが、どんなにうまく話そうが、結局伝わらない部分ってかなりあると思うんだ。
自分の目で見て感じたたった数秒の出来事が、忘れられない思い出になったりするけど、それを他人に伝えるのはすごく難しい。
友達といけば思い出を共有できるけど、1人の場合は共有できる人がいないからね。
だからこのブログを律儀に読んでいてくれる方には頭が下がります。
意味わかんないことのほうが多いと思う。南京虫とかね。
でもそれでもとりあえず僕は、いいと思ってる。
別に旅が人生の全てじゃないし、もちろん仕事も全てじゃないし、ビール飲むことが全てだと言いたいけどそれも違うし。
人生とは何か!
なんてカレーにのせるラッキョくらい意味分からないし、もしかしたら靴下はいてサンダル履くくらい意味分からないと思うんだけど
ただ、何か悩んでて現状に満足してないなら、なんとか少しでも動き出すことが大事かなって僕は思う。
自分を変えるなんて難しいし、どこまで行っても変わらないかもしれないけど、何かアクションを起こせば良くも悪くも少しずつ現状は変わってくるから。
そんなことが誰かに少し伝わればいいかなーなんて思って書いてる時もあります。
南京虫に食われまくってる奴が何言ってんのって感じだけどね。
あーかゆい、、、!!!タチュケテー
、、、ごめんなさい。
とりあえず、これから何が起こるか楽しみだ(笑)
髪も切れるかな~?
ちなみにタイでのカット連続記録は10日で止まってしまいました。
記録更新できるようにネパールでがんばろう、、、(笑)
じゃあまたこれからもよろしくお願いします。
今日もありがとう(*´ω`*)

カットした人 234人目
世界一周    120日目