ネパールでのインドビザ申請方法まとめ!超簡単に取得できます。






今まさにブログを書いてるところなんだけど、足になんとなくシールを貼ったら、意外にも粘着力が強くて、はがせなくなったぜよ。
毛が引っ張られていたいです。
だれか助けてください。
毛深くてゴメンナサイ。

さあ、今日はためになるお話を(たぶん)。
主にインドに行ってナマステって言ってみたい人や、手でカレーを食べてみたい人や、ヨガファイヤーしてみたい人や、足を伸ばしてみたい人向けになるけど、、、


後半カットのことも書くからぜひ見てってね。
僕がネパールに来た目的はただ一つだけ。
インドビザ申請

今日は早速ビザ申請に行ってきてやったぜよ。
インドという国は行くのが非常に面倒くさい国で、ビザがないと入国できない。
日本人も例外はなく、ビザを申請しないといけないわけです。
日本でももちろんできる。東京とかね。
だが僕はしなかった。
めんどくさくてね!
どっかの国ですればいいや!なんて思ってやらなかった。
そして、多くの旅人がインドビザをゲットしに行くタイ、バンコクでも僕は行かなかった。
めんどくさくて!
まだ時間あるし後でいいや~!なんて。
その後、、、。
ベトナム→うーん、まだいいや
ラオス→うーん、まだいけるぜよ
チェンマイ→やば、行かなきゃ
後回しに後回しにしてきたインドビザ申請をついにチェンマイにいるときに初めてしてみたんだ。
結果、、、。
お前にやるビザは、ねぇ!!
と大使館のおばちゃんに突っ返されてしまったわけです。

理由はこれらの書類が足りなかったから。↓

おば『インド入国、出国の航空券と、ホテルの予約、旅行の日程表がないから作ったらまた来て』
僕『ちょ、ちょっと待ってくださいよ。いつ行くかわかんないんすよ。ネパール行ってからバスでインドに行くかもしれないぜよ』
おば『じゃ、あんたネパールでビザ取りなさいよ』
僕『、、、チーッス』

そして、思わずネパールからバスで行くという、適当な発言をしてしまったために、インドビザのために本当にネパールに来ることになった。
ちなみにネパールにしたもう一つの理由なんだけど、ネパールのほうが簡単にビザの申請が通るとの噂を聞いたからでもあった。
しかし本当にめんどくさい。
やめようかと何度も思った。
でもこの日、実際に行ってきたから、これからビザの申請を考えてる人のために情報提供するぜよ。
結構ネットの情報は古かったりするからね。
優しい気が利く旅人のフリを全力でしてますからね!いま!
これは最新バージョン。
ネパールでするインドビザ申請に必要な書類はこちら。
・オンライン申請書
・パスポート、ネパールビザのコピー
・顔写真一枚
・ビザ代、約1500円

ネパールのいい所その1
用意するものは、これのみ!
ちなみにバンコクやチェンマイですると、これにプラスで航空券、ホテルの予約、旅程表が必要となる。
これらが超めんどくさい。
※オンライン申請書はビザ申請のホームページから入力します。
ネパールのいい所その2
街中から歩いていけるほど近い。
チェンマイやバンコクではバスに乗らないと行けないくらい、街中からは離れているけど、ここカトマンズは徒歩15分でいける。
ただ、こんな道なき道を歩かないといけないけどね。

バス止まってるしね。

道路水浸しだしね。


ネパールのいい所その3
安い!
他の国でとるより1000円は安いと思う。
日本でとるよりも安い。
ネパールのいい所その4
整理券があるので、ボケーッと待ってなくてもいい。
例えば散歩なんかにも行けちゃう。
番号が呼ばれたら必要書類を渡して、記入漏れがなければオッケー!
それにいろいろめんどくさいことは一切聞かれなかった。
タイのチェンマイでは『彼女はいるのか?それとも彼氏はいるのか?それともヨガファイヤー?』などと野暮なことを聞かれる。
まあそれは全然嘘なんだけど『どこの街にどうやって行って何するのか』など細かいこは聞かれた。
5営業日後にパスポートと引換券のようなものを渡しに行き、その翌日にビザがゲットできるというわけ。
なので、全部合わせると8日間ほどの期間が必要になる。
これはまあどこでもだいたい同じらしい。
僕はいろんな旅人から聞いた話も、自分が一度チェンマイで申請しに行った経験も含めて言うと
みんなネパールで取ったほうがいいよ
本当に簡単にとることができる。
長期旅行者でインドに行くなら、だいたいネパールとセットで行く人が多いみたいだしね。
本当に本当に簡単なのでおすすめです。
めんどくさいのが嫌いな人には特に。
説明が足りなかったらコメントを貰えれば手とり足取り教えます。
帰り道で大学見つけた。
なんか、小さいんだなぁ、、、
キャンパスライフもへったくれもなさそうな建物だった。

へったくれって何だろうと考えながらご飯食べれそうなところを探した。
なんか目についた『桃太郎』という看板、、、。
日本料理の店だった。
いつもは高いから絶対はいらない日本料理の店だけど、何を思ったかトライしてみることにした。
おお~醤油と七味がある!

本格的だ!
値段もそんなに高くない。
カツ丼、天ぷら、うどん、ラーメン、納豆と種類は豊富。
久しぶりに日本食を食べれる!
うれしい!
味噌汁もいいなー、カツ丼もいいなー
と、迷いに迷って頼んだのがこれ

天津麺。
よく餃子の王将で食べてたな~。
、、、ん?あ、あれ?これ、、、もしかして中華?
美味しかったからいいかな(;・∀・)
ご飯を食べて、予約してくれた男の子をカットしに行った。
彼は恐怖の南京虫ホテルのスタッフのアリス
チェックアウトのときに今日の予約をしてくれた★
南京虫ホテルはベッドこそ最悪だったものの、スタッフはすごく優しくていい人たちだった。
そこの屋上へ行きカット。

カットする前、何故かキメてる彼。

いやーイケメンだね!



念願のカトマンズ、そしてネパール人の初カット。
切り終わると、俺を撮ってくれとポーズを決めだした(笑)

これを見せたら、もっとアップで!と注文されて

アリス『これフェイスブックで送ってね!絶対送ってね!』と。
待ち受けにでもするんだろうか(笑)
ついでにネパール語で看板も作ってもらった★

その看板を持って街なかに行ってみるも、いまいちいい場所が見つからなかったので、暇そうにしてたオッサンに訪ねてみた。
僕『この辺で髪を切りたいんだけど、いい場所知りません?』
オッサン『髪?ヒゲは切れないの?』
僕『切れるけど、、、(まさか)』
オッサン『おお!ちょっとこっちへ来てくれ!』

大仏の置物とか売ってるオッサンの店に連れて行かれ、予想通りヒゲのカットを頼まれた(笑)
なんかこの辺の国の人はヒゲをやっぱり気にするみたいね、、、

うわっ、笑顔が変態っぽくてキモい(笑)

そういえば昔、遠くから見ればカッコイイぜよ。とか
喋らないほうがいい男だよね。とか
よく言われたっけ。
遠くから見たらだいたいみんなカッコイイだろ。
っていうかよく見えないだけだろ。
もう今後、誰も僕に近づかないでください。
切ってると、ここネパールでもやっぱりみんな集まってきた


『日本人?』『俺も切って』『この女の人坊主にして!』
などと聞こえてくる。
でも日が暮れてきてしまったので、今日はこのオッサンでおしまい。
変わりに次の日の予約をしてくれた人がいた(^^)
ありがとー!
帰りにはネパール料理の『モモ』っていう餃子みたいなの食べた。

ぎょうざだね。うん。
餃子のタレがカレー味ぜよ。
ネパール人はみんな優しくて素敵★
明日からカットがいっぱいできるのを期待!!
ではまた明日~!
あ、ビザの申請の事とか、ヨガファイヤーの事とかわからなかったら連絡ください!
お答えします!