国際的な家庭が理想。オランダで会ったラオスと香港の夫婦の話。




 

11月8日
この日はいよいよオランダ最終日。
夜のバスでベルリンへと向かいます。
エイマンが予約してくれたんだけど、約60ユーロ。
ちょっと高いけどもまあそんなもんかな。
お母さんがね
『10時間のバスなんて大変だ』
って言ってたけど、東南アジアを全部バスで回った僕には余裕のよっちゃんだった。
あ、よっちゃんイカ食べたい。
ベトナムのハノイからラオスのビエンチャンまでバスで行った時は26時間でしたからね!
バスから煙は出るわ、国境で皆で迷子になるわ、バスステーションから脱出できないわで散々だったけど、なんか最後は乗客と戦友みたいになったからね。
懐かしい。
だから10時間なんて屁のかっぱですよ。

今日はカットの予約が2人。
オランダに住んでるオランダ人の夫婦、、、だと思ってた。
指定された駅までは歩くとちょっちね、な感じだったのでトラムを使うことに。
トラムとはアムステルダムの街なかを走るちんちん電車的なやつ。
初めて乗ったけどなかなか便利でございます。

うーんいい天気だなー!
ヨーロッパってなんでこんなに天気悪いんだろう。
晴れのありがたみが初めてわかった。

駅まではお迎えに来てくれて、向かった先は町中に近いものの、閑静な住宅街にあるシャーリーさんの御宅。
なんか中央線と京王線の間のどっちも駅遠いねん!エリアみたいな感じの雰囲気。

あの子供とか多そうなエリアね。
あれ、でもシャーリーさんなんか見た目がオランダ人ぽくないなぁなんて思ってた。
家につくとむすめのローリーちゃんと奥さんが迎えてくれた。
あれ、なんか二人共ジャパニーズみたいなお顔されてますね。
こんにちは。
あ、そんな泣かないで泣かないで
怖いおじさんじゃないよ。
怖くてもいいけどおじさんじゃないよ。



なんかこの子に一目惚れした臭いぞ、、、
可愛すぎる、、、
その後プロポーズすることになるとは、、、
まずは奥さんのカット
結構切ってボブスタイルに。
お家だとドライヤーが使えるのがほんとありがたい。
どのくらいありがたいかというと、スーパーにおいてある電子レンジくらいありがたい。
海外のスーパーにはそんなもんないんですぜ。
冷たいお弁当でも買おうものなら米がカリカリいうくらい硬いんですから。
434人目

奥さんは香港出身だそう。
あ~なるほど!
だからか。
旦那さんとは英語で会話してた。


旦那さんが写真撮ってくれてたけど、奥さんはこんな顔して。

こーんな顔して

娘ちゃんもこ~んな顔して!

可愛すぎるー!
て、天使だ、、、!!!
僕『この娘には英語で話すんですか?』
奥さん『私は中国語と英語』
旦那さん『僕はほとんどオランダ後』

んんん???
435人目
旦那さんのシャーリーさん。
4ヶ月くらい前にカットして伸びた髪を短めに。
なんかシャーリーさん髪質がアジアですね。
でもオランダ語ペラペラ?
と思っていろいろ聞いてみたら生まれはラオスとのことで!
あ~なるほど!



さっぱりしましたー。
奥さん『オランダではいつも何食べてるの?』
僕『ハムと、ビールばっかりです。米が食べたいです。』
奥さん『ちょっと待ってね、お腹空いてる?ラーメン食べる?』
僕『えっっっ!ラーメンあるんですか!』
奥さん『食べたくなるよね。あなたの気持ちはすごくわかる(笑)』

という事でなんとラーメンが。

久しぶりに麺、、、!
この日本のインスタントラーメンがこれほどうまいと思ったことはなかった(;_;
いや~幸せ。
いや~~~、、、まじ幸せ。
しかも七味もあるし。

なんか食べてるとこ撮ってくれたのでせっかくなので載せます(笑)

今日のお礼にってなんか赤い封筒をひとつ選んでくれって言われてひとつ頂いた。
中身は予想外のものだったけど秘密。(笑)
中国の人っておめでたいとき?祝うとき?なんか赤い封筒を渡す文化があるみたいなんだよね。
前ももらったことがある。
日本で言うところのあれか。
あれみたいなもんかな。
なんだ、、、わからん。

しかもさらにラーメンも7個くらい頂いてしまった!!!(;_;
申し訳ないけどこれはマジでめちゃくちゃ嬉しい^^

手抜きで袋の中に入れたまま写真を撮るという(笑)
ほんとありがとうございましたーー!!
ローリーちゃんも最後にはちょっと慣れてくれたみたい。
これはイケる!と思った僕は
僕『ねぇ20年待つから結婚してくれる?』
ローリーちゃん『バイバーイ』


ば、ばいばーい、、、。
帰りにはもう日が暮れてきていた。
どこかの街に滞在する最終日の夜ってキライ。
明日には違う街に。
明日にはこの街、人ともお別れ。
寂しくないって言ったら嘘になる。

なんかアムステルダム好きだなー
もっといてもよかったかなー

なんかさ

アムステルダム好きだなー(5秒ぶり2回目)


家につくと、お母さんがオランダ伝統料理を作って待っててくれた。
ポテトとウインナーなんだけどね。
ほんと美味しくて感動だった。

もしかして同じものを日本で食べたらあんまり感動しないかもしれないんだけど
オランダでオランダ人に『これがオランダの料理だ!』って出されたら何でも美味しくなってしまうかもしれない(笑)
なによりお母さんが作ってくれたのが嬉しかった。
毎日ありがとうございました(;_;
お母さんにめちゃくちゃお礼をいい、また絶対来るよと約束し、バスステーションへと向かったのだった、、、。
バス乗る前にすったもんだあったんだけど、それは明日書きますね。
今日のこの家族。
なんかすごく理想とする家族だった。
旦那さんはラオス生まれでベトナム戦争があったからオランダに移住したそうで、オランダ語が話せる。
もちろん英語も。
奥さんは香港生まれ育ちで中国語と英語がはなせる。
つまり二人はお互いの第二言語で会話して生活してるんだよね。
こういう夫婦に僕は初めてあった。
お互い違う言語だとしても、どちらかの母国語で話すことが出来れば結婚も簡単だと思うんだけど、お互い第二言語だとなかなか難しいと思うんだよね。
でも結婚しちゃうってすごい。素敵。
やればできるんだね。
なんかめちゃくちゃ羨ましかった。
なんかこれって、だよね~
それだけじゃなく、子供がいろんな言語を成長する中で自然に覚えられる。
それって超得なことだよね。
そういえば台湾に行った時に会ったひとなんだけど、お母さんはめちゃくちゃ台湾人なんだけど、子供に全部英語で話してた。
なんでか聞いたら将来のためにだって。
なんかすごく理想とするママだったんだよね。
ってかめちゃくちゃ台湾人てなんだよ(笑)
勝手に僕の理想を語らせてもらいますが、将来こんな家庭を築きたい。
日本に住んでても、家では英語で会話するみたいな。
それは子供の為に。
僕は私立の学校にも行ってないし、小さい時から塾に行ったりして育ってないから、小学生なのに塾に通ったりしてる子供を見ると何だかかわいそうに思えてくる。
子供なんだからもっと遊びたいんじゃないかなーって。

もし子供ができたら、英才教育とかしてガチガチに縛るよりは、塾とか行かないでそこら辺で友達と遊んでてくれたり、趣味とかスポーツに没頭してくれた方がいいと思ってる。
だけど、英語は絶対絶対絶対必要になってくるので、そんな家庭にしたい。
余計なお金もかけずに時間もかけずに子供が英語が話せるようになれば最高じゃん。
別に勉強できなくっていい、それだけ出来たら十分日本でも海外でも生きていける気もする。
だから将来は日本人でも何人でも国際結婚でもいいから、英語を話してくれる奥さんがほしいなー。
あ、ローリーちゃんがもし結婚してくれたら、、、(`ω´)グフフ
※ロリコンではありません
まあ、でもそんなのタイミングだけどね(笑)
そして子供できたらギター1本持って一緒にどっか旅したいなー。
日本中、世界中のいろんな友達に会わせたいなー。
このオジサンは昔お酒ばっか飲んで馬鹿なことばっかりしてたんだよとか言って。
あ、それ俺か。
とにかく、この家族を見ててすごく羨ましくなった。
ほんと、ありがとうございました。

いやーなんかすいませんね、どうでもいいような話してしまって。
じゃ、これにて。

カットした人 435人目
世界一周    195日目

セミナーのご案内【毎月】【全国】

セミナーのご案内【毎月】【全国】

毎月全国各地で行っているセミナーの予定一覧と過去の実績です。今後の美容業界とサロカリの無料説明会も行っています。

【無料期間あり】理美容師コミュニティ

【無料期間あり】理美容師コミュニティ

月額わずか1000円で全国の理美容師との交流、面貸し、教育、集客、独立支援、働き方、オンラインサロンなど様々なサポートが受けられます。今までにない働き方ができ、就職のマッチングも多数実現。一生の美容師仲間を作りませんか?