ベルリンでドイツ料理ビュッフェに行ったら衝撃すぎる結末が待っていた。




 

11月12日
ベルリン4日目。
ドイツに来てからというもの髪を切れる気配もない、、、そんな僕は、今日も髪を切る予定はなし。
だが
今日は大イベントがあります。
それはカウチサーフィン
カウチサーフィン?何それ?旨いの?
って人のために説明するとですね。
カウチ=ソファなんだけど、要は人の家のソファに寝させてもらうというもの。
そういうWEBサイトがありまして、海外では結構メジャーな文化なんだ。
ヨーロッパに来たらホテル高いからカウチサーフィンにトライしてみようと思ってたんだけど、マデリンの美容室に泊めてもらったり、エイマンの家に泊めてもらったりしてたので機会がなかった。
それで、今回このド暇なベルリン生活から脱出するためにカウチサーフィンをやってみる事にしたんだ。
1人ホスト(泊まらせてくれる人)になってくれるというドイツ人の男性から連絡をもらい今夜はそこへ行くことになりました。
結局それまで暇なんだけど、、、
ということで今日はとある資料館に行ってみることにした。
戦争の資料館。

料金は無料だった。
中にはドイツ語、英語の説明書きがあり、年代別、写真と共に展示してある。



この国の戦争の歴史はやっぱりヒトラーとともにあるんだなぁ、、、
いろいろ勉強になった。
第二次世界大戦の時、ドイツは日本と同盟国で共に敗戦国だった。
その後ドイツは日本とはまったく違う運命を辿ってるんだけど、だからもちろんいろいろ違うんだろうけど、、、
なんていうかな、資料館にしても展示の仕方が違うというか。
そういう印象があった。
この資料館では、どちらかというと『されたこと』より『したこと』が書いてあったように思った。
ヒトラー率いるナチがユダヤ人大虐殺したけれど、当時の日本軍だって他の国を攻めて、侵略して、たくさんの人を殺した。
それは事実のはずなのに何故か僕らはよく知らない。
日本ってなんかそこの部分をすごく曖昧にしている気がする。
東京大空襲、沖縄地上戦、原爆、戦後の抑留、、、
日本がされた事は勉強するけど、日本がした事ってあまり知られてないよね。
なんか、なんでだろう?って思った。
事実なんだから隠すことでもないのに。
日本の教育って本当ナゾ。
旅をしてて他の国に行くと度々そういうことを思うことがある。
日本って変な国。
そして、以前も書いたけどベルリンは戦後、壁によって分断されていた。
そこにはベルリンの壁が未だに残されていて見ることができた。

このおっさんと比べると壁がかなり高いのがわかる。

『HAPPY』

壁の事も以前記事に書いたので良かったら見てみてね!!

資料館を後にし、向かった先は食べ放題のお店。
ビュッフェですビュッフェ。
資料館に行く途中に見つけてしまったんだよね。

なんと8ユーロ以下!
やっすー!
お昼食べてないし、資料館の後で行こう!!と決めていた。
たまーーーに食べ放題行くんだよね。
そこに行けばその国の料理とりあえず、いろいろ食べれるじゃん。
過去に行ったのは、カンボジア、ベトナム、タイ、そして今回ドイツ。
ハム、ポテト、パン、野菜、チキン、デザート(食べてないけど)
なんだかいろんなものがあるね。



ハムをカットしてるおっさん

あ、コメ発見!!

盛ったやつを今見てみて、なんか盛り付けのセンスないなぁって、、、^^;
誰も見てないからいいんだけどね。



基本的にパン食べるのあんまり好きじゃないから、どうしても米が食べたくなるんですよ。
コメを見つけた瞬間、超盛った。
そして食べた。すごい期待と共に。
、、、なんかもうね
悲しくなるような味でね、、、
なんでこんな酸っぱいねんって思った。
なんなら声に出てたかもしれない。
関西人でもないのに関西弁になっちゃうくらい酸っぱかった。
酢飯とかの酸っぱさじゃなくて、ピクルスの汁ご飯みたいな。
日本にはない味。
そこにカリカリいってるたぶん生の人参とか野菜がふんだんに混ぜられているんだよね。
なんでかわからないけど、コメもカリカリいうんだよね。
もちっとした感じとかはない。
炊飯器を25分フライングして開けて食べたみたいな。
もうちょっと炊いてくれるかな、みたいな。
ちなみ僕、孫悟空風に言うと『オラ人参がでーきれー』 です。
人参もふんだんに入ってた。
ちなみに盛る時はテンション上がりすぎて気付かなかった。
馬鹿でしょ。
でも他のは美味しいものも結構あった。
例えばハムとか、ちょっと黒っぽいハムとか、ちょっと硬いハムとか、生ハムとか。
たまに不可解な味のものもあったけど、これがジャーマン料理かなるほどねっていっぱい食べた。
今までハムばっかり食べてたけど、やっとドイツらしいジャーマン料理が食べられた。
ん?食べれた?
食べられれた?
日本語が怪しい。
とにかく、僕はドイツに来て、現地でジャーマン料理を食べた。
はたから見たら、これで食に関しては思い残すところはない!と非常にご満悦の様子だったと思う。
なんかあのジャパニーズ幸せそうだなって。
いや幸せでしたよ。
これも旅の醍醐味だなって感じ(ヽ’ω`)
うーん幸せだ。
夜、、、カウチサーフィンのホスト先のお宅へと向かう。
宿からはそんなに遠くない。


景色を眺めながらとことこ歩くこと40分
意外と遠かった。(笑)
途中でこんな写真を撮ってみたり。
特に意味はないけど。



暖かく迎えてくれたのはドイツ人のイェンス(50歳)

お家はめちゃめちゃ綺麗!!
彼のご好意で2泊させてもらう事になりました。
なので彼については明日たくさん語るとしよう。
とりあえず、ついて少し話して夜はカンパーイ。
ドイツ語で乾杯はポースト!
イェンス『これはめっちゃドイツっぽいお酒だよ』
と、謎の瓶に入った謎の酒を出してくれた。


なんかどうやら梅酒のドイツ版みたいだ。
梅じゃなくてイチゴとかブルーベリーが入っていた。
食べるとめっちゃ酒の味。
そしてワインだのウィスキーだのいろいろ出てくる。

バーみたいだね(笑)
カウチサーフィンってこんな感じなんだ、、、!
彼は長いことホストをしているとのことだから扱いに慣れてるのかもね。
なんか知らん人の家に突然泊めてもらうって不思議な感じだけど、めっちゃ楽しい(^^)
本日はこちらのでっかいソファで。

就寝。
あ、そうだ。
最後にひとつ。
ビュッフェに行って、たくさん食べて、お会計してる時にあることに気がついた。
ん、なんかメニューに『casa italia』って書いてあるぞ、、、
え?イ、イタリア、、、?
ドイツ料理にわざわざ他の国の名前入れるかな。
いや、入れないよな。

『寿司!ネパール!』とかあったら意味わからないもんね。
、、、ま、まさかと思いつつ聞いてみた。
僕『全部美味しかったよ。ところでこれはイタリア料理なの?』
スタッフ『ありがとう!うん!もちろんイタリアンだよ!』
うん!もちろんイタリアンだよ!
うん!もちろんイタリアンだよ!
( ´゚д゚`)
( ´゚д゚`)
( ´゚д゚`)
ご、、、ご馳走さまでした(ヽ’ω`)


カットした人 436人目
世界一周    197日目