フィレンツェからピサは電車ですぐ!斜塔で見れる面白い光景を紹介。

 

12月12日
ちゃお!
フィレンツェ2日目でござる。
昨夜ちょっとはしょってしまったとこがあるので写真を載せますね。
ブラジル人のペトロと仲良くご飯を食べていると、そこに来たのはダニエル。
エクアドル出身。
彼ともすぐ意気投合し、3人でビールを飲み始めた。
お互いのことをあれこれ話していたところダニエルがこういった。
「すごい旅だ!めっちゃ最近自分で切ったんだけど、切ってくれない?」
ということで、466人目
ダニエルという名前を聞くと、古墳ギャルコフィーちゃんに出てくるダニエルをそうぞうしてしまう。

ほんとに後ろをちょびっとカット。


切り終わってから3人で飲み会。
って言ってもビール1本くらい。
2人はスペイン語を話すらしいけど気を使ってずっと英語で話しててくれた。
ありがとーー
ただ話してた内容の85%はゲスい話だった。

男なんてみんな一緒だね。
アホ。
翌朝二人に別れを告げ、僕はピサ→ローマへと向かう。
ピサ知ってる?
地図で見るとこんなん。

まずはフィレンツェから電車に乗り、ピサに。
50分くらいかな!
まあまあちかいね。

ピサについて思ったのが何かベネチア、フィレンツェと町の雰囲気が違う。
なぜか、異様にアフリカ系の人が多い。
出稼ぎかなんかだろうか?
駅からピサの斜塔までは歩いて20分くらいらしい。
トコトコ歩いていると、道でアバター書いてる人を発見。

特にこれと言って凄そうな街ではないなぁ。
失礼ですが。
どこやねんと歩いていると、、、みえた!

すげーホントに斜めだ!!
これがあのガリレオの逸話にもあるピサの斜塔か、、、



実は結構広くて、敷地にはいろんな建物がある。
その一部の塔がナナメってるわけですね~。
英語で書いてある英語の教科書で前勉強してた時に読んだんだけど、作り始めた当初にいきなり斜めになり始めたらしい。
だんだん傾いていたけど、現在は止まってるんだって。

ここに来て面白かったのが、オモシロ写真を撮ろうと必死な人たちを見ること。
見たことあるよね?
こんなの。

こんなのとか

こんなのとか

みんな必死です。

ほんとうにいたるとこでみんな変な格好してます。
まぬけです。
でもね、ホントはやりたかった。
しかしこれは一人じゃできないんですよ。
悔しいからピサの斜塔をぶった切る風写真(笑)

これは過去に意外といないだろ!!
ピサでカットしようとしたけど、警察がモリモリいたのでやめといた。
イタリアはホントに厳しいみたいだし。
帰り道で同じとこ歩いてたらアバターが結構進んでてなんだか嬉しかった。
がんばってねーー!

時刻は3時半、、、
ローマ行きのチケットをとり、まだ時間があったのでご飯を。
安かったからケバブにした。
このあと毎日のように食べることになるとは知らずにうまいうまいと食べました、、、

電車にのると、あとはローマまで3時間くらいでつくはずなので、本読んだり寝たりしてたから特に何もなかったんだけど、ドアに注意!みたいな、めっちゃ挟まれてる人の絵?がおもろかったね(笑)

あああーー!!って感じだよね(笑)
ギャーー!!かな

いや、ギョギョギョかな

さかなクンさんが挟まれてます。
電車からの風景はなんだか田舎っぽくていい感じだった。
次はイタリアの田舎とかも行ってみたいな。

夕陽も綺麗に見れたし。


あ、そうだ。靴下買ったよ!
新しいの!

キモかわいいでしょう。
子供用なんだぜ。
3時間どころか、なかなかつかなくて結局お腹が空いて電車でお手製サンドイッチを作り、この日のディナーってことにした。

パン「残像だ」
って言いたげだよね。
幽遊白書の飛影みたいにね。
あ、僕苗字が桑原って言うんですけどね。
桑原です!って名乗ったら
「魔界行けるの?」
とか
「次元刀どこ?」
とかやめてください。
モノマネも別にできません。
これね。

あとついでに言うとココリコの遠藤に似てるからって
「サンバのリズム知ってる?」とか振るのやめてください。
モノマネはできません。
千秋も別に好きじゃないです!!
なんだよ遠藤のコリコリにそんなに似てますか。
山田優の弟とかも言われるけど。
話がそれた。
ローマにつき、予約していた宿に向かう。
あたりはもう真っ暗。
やたら迷ってやっと見つけ、レセプションにいく。
僕「今夜予約してます」
おっさん「どこのホテル予約したかわかってる?」
僕「は?」
おっさん「これ見て」

予約サイトを開き、予約のページを見せてくれた。
そこには
女性限定
の文字が。
、、、。
こ、こう見えて実は女なんですよ~って言おうとしたけど絶対無理だからやめといた。
どうやら僕は間違えたらしい。
時刻はもう九時。
宿探すのめんどくせー、、、
最悪駅で寝ようとか思っていたらおっさんが口を開いた。
「プライベートバスルーム付き2人用の部屋が空いてるよ。そこなら35ユーロでいいよ。」
日本円で5000円くらい、、、
流石にそれはちょっちね、、、
「高いから無理。ほか行きます」
おっさんも、そうか、、、。と一度納得するも宿を出ようとするともうちょい安値で勧めてくる。
結局交渉の末、25ユーロで泊まることにした。

ムカつくほどでかいベッド。
無駄な出費だけど、まあこんな事もあるね。
おとなしく寝ました。
この日、ローマ行きの電車の中で夕陽に照らされたバックパックを見て、ふと思った。
この旅が終わったらこのバックパックは家宝として飾ることにしようかな、と。

このバックパックは旅であった人に、なんか珍しい形だねとか、小さめだねと良くいわれるんだよね。
それもそのはず。
30年前?に母親が山登り用だかなんだかで買ったというバックパック。(さいきんまでオヤジのだと思ってた)
5年くらい前にそれを貰って、これまで日本全国、海外も一緒に旅してきた。
旅の相棒。
今回の長期旅にはこれじゃあ小さいんじゃないか、ボロくて途中でぶっ壊れるんじゃないかと思い出発前に買い換えようとも思ったけど、やっぱり一緒に旅に出ることにしたんだ。
、、、日本を出て七ヶ月。
今はもう薄汚く汚れ、いろんなところが破け、ベルトもぶっ壊れいつ使えなくなるかわからない状態になってしまった。
あとどのくらい旅するかわからないけど、次に一緒に日本に帰ったら自分の相棒の役目は終えてもらって宝物にしようと思う。
愛着があるというかなんというか。
誰にもわからないであろう、この古臭いバックパックに対する思い。
一人旅だけど、一人じゃない。
物だけどモノじゃない。
もう少しの間、よろしくお願いします。

カットした人 466人目
世界一周    225日目

ご予約、取材、出張、講演会のご依頼はこちらからお願いします

高円寺ビールが飲める美容室Up to You
は定休日がありません。電話以外は24時間受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。また東京都以外のお客様のために出張美容室も行っています。

・ネット予約(メニュー選択してください)

RESERVA予約システムから予約する

・LINE公式(24時間、直通です) 

Add Friend

・電話番号(出られない場合もあります)

・Eメール(24時間受け付けてます)

出張・セミナー情報

・出張美容室(関西、山梨はほぼ毎月行きます)

1/29宝塚、1/30心斎橋、2/13名古屋、2/14浜松、2/19山梨

・講演会、セミナー(毎月、全国各地で!!)

2/13名古屋 ブログ、SNSセミナー
2/14浜松 ブログ、SNSセミナー