ローマからギリシャへ。世界遺産アクロポリスとアテネで行方不明になった話。




 

12月18日
ローマの空港からギリシャのアテネへと飛行機で移動。
まあ距離にしたらそんなでもない。
だが、ヨーロッパの中でも結構南の方にあるイタリアより更に南にあるアテネ。
暖かくないわけがなかった。
もう暖かいってだけで幸せですほんと。
空港から町中にいき、そこからは徒歩で宿へと向かう。
その途中で感じる違和感、、、。
この不思議な感覚は一体何なんだろう。

あ、アテネはなぜかケバブ屋さんが多い。


安いし美味しかった\(^o^)/
それから、ここアテネには世界遺産のアクロポリス(パルテノン神殿)があります。
歴史に詳しくない人でも学校の教科書とかで見たことあると思います。
紀元前8世紀に誕生した都市国家(ポリス)の象徴ともいえるアクロポリス。
高い丘の上の都市という意味らしい。
アテネに来たからにはここは外せない!と思いいきなり行ってみることにした。
宿のお姉さんいわく、宿からアクロポリスまで歩いて20分でつくらしい。
確かに地図を見るとほぼ一本道だしそんなに遠くないね。
散歩もしたかったので宿からアクロポリスまで歩いて向かっている途中、これでもかというくらいのハトの大群に出くわした。

うっわーハト多いなーって思う時の2倍くらいいたかな。
ハトってほんとどこでもいるのね。
ふてぶてしい。
あ、そうだ。
どこでもで思い出したんだけど、この店知ってる人いますか?
「SPAR」
まあスーパーの類ですね。

地元の山梨県富士吉田市にあるんですよこの店。
何が不思議かというと、ドイツ、イタリアで見かけたんだよね。
そしてなんとアテネにもあった。
ヨーロッパに展開してるならわかりますよ。
でもなぜかぼくの地元にもあるんだよね(笑)
東京や日本その他の地では見たことがない、、、
うーん、不思議でたまりません。
誰か知ってる人いますか?
目撃情報求む!
ちなみにこのSPARでポテチ買ったらコゲチが出てきました。

食べたらなんかコーヒーみたいな味がした^^;
いろいろあり(最後に書きますが)、片道20分の道のりがなんと1時間半もかかってしまいました。
やっとアクロポリスの近くについたものの今度は激しい雨。
アクロポリスはすぐそこに見えるのに行けません、、、ここでさらに1時間半雨宿り。


ホームレス風のおっちゃんと小鳥たちと雨宿りでした。
やっと雨が上がったので丘を駆け上がり

やっとやっと、アクロポリスにご対面!
のはずだったが、チケットを買わないといけないらしく、来た道をまた戻りチケットを購入。

12ユーロとまあまあ高額。
ついにアクロポリスにご対面!!
なんかめっちゃ工事してた。


もうめっちゃ工事してた。

雨が降っていたということもあり、人が全然いないね。
さらっとして神殿以外は何もない。

景色もどんよりしてて微妙。

うーんなんだか予想以上にショボかったなぁ、、、と思ってしまった。
晴れた日ならもっと綺麗だったかも^^;



神殿を見てる時にまた雨が降ってきてしまって、結局そこから宿まで濡れながら帰りました。
うーん、なんだかついてないなぁ(笑)
けど、アテネの街を散歩しててすごく面白かったものがあった。
それはいたずら書き。
後々アテネの人に聞いたところ、アーティストに依頼して家やショップの壁などに書いてもらうというのが流行ったそう。
それにより、町中に絵が増えていき、同時に一般人によるいたずら書きも増えていったそう。
結果、今では町のいたるところで落書きが見られるようになった。

警察も厳しく取り締まらないそうで、建物以外にも公共のものにも書かれていた。
ポールや標識、ゴミ箱なども。
ちなみに車にも!!(笑)

アテネについて感じた違和感はこれだった。
あまりにも落書きが多すぎるってこと。
散歩しながら、お気に入りの落書きを集めてきましたので貼っつけますね\(^o^)/







最後にちょっと不思議な話をさせてくだせぇ。
これはねぇもう今でも何故かわかりません。
異次元に迷い込んだとしか思えないです。
宿からアクロポリスまでは徒歩で20分。
宿のお姉さんにそう言われた。
地図も受け取り、見る感じ簡単な道のりだった。

分かれ道はあるものの、基本的にまっすぐまっすぐ歩いてればつくんだよね。
しかもアクロポリスはでかいもんで、建物の隙間からたまにチラッと見えることもある。
方向音痴の人だって迷わないであろうたった20分の道のりなんだけどね
迷って1時間半もかかりました。

これがホントに不可解なわけです。
あ、信じてくれなくても嘘じゃないですからね!
まず、宿を出て右に進んだ。

パルテノン神殿まで、ひたすら道なりにまっすぐ、まっすぐ。
10分ほど歩いた頃かな?
どこかなーって思いながら地図を確認したけど、通りの名前が書いた看板などがまわりになかったので現在地がわからなかった。
でも地図を見る限り曲がらなければ迷うことはない
そんなルートだった。
だから現在地がわからなくても気にせず、そのまま30分はまっすぐ歩き続けたかな。
でもなかなかつかなくて、流石におかしいとスーパーに入って、ネットがあったからマップを見てみたら
なんとワタクシ、こんなとこにいました。

もう????って感じだったね。
まあそっからまた歩いて行ったんですけどね、、、。
なぜあんなところに?
パルテノン神殿に今度は無事につき、そこから宿までの帰り道で気づいた。
ここ通ったぞ、、、
なぜわかったかというと、迷う前にいたずら書き写真を撮影していたから!
いたずら書き撮影場所がこの辺。

ということは途中までは間違えずに来ていたってことになるよね。
そこからまたまっすぐ歩き続けてあのヘンテコな場所に行くには回れ右なり曲がるなりしないと行けないような気がするんだけど、、、
どうやって同じ方向に歩いたら正反対にいくんだって話で。
僕も長いこと日本も海外も旅をしてて、方向感覚には自身がある方だ。
道に迷うこともぶっちゃけあるけど、それはよっぽど複雑だったり夜だったりの場合で、、、
地図がある、ほぼ一本道、目印もある、こんな状況でぶっ飛んだ場所にいたって事が不思議で、不思議で。
ほんとに全くもって理由がわからない出来事でした。
うーん、、、謎。
異次元に迷い込んだってことにしてます、勝手に。
こんな経験ある人いる?
よしっ。
じゃあ今日はこんなところで終わるか、、、。
また\(^o^)/

★カットした人★467人
☆カットした人 国別☆40ヶ国
★世界一周★228日目