テッサロニキからイスタンブールへバス国境越えで5万円ゲットだぜ?




いよいよトルコ編だよ。

昨夜ギリシャのテッサロニキを出た夜行バスは朝6時にトルコのイスタンブールに到着。
日本を出てから数えると20ヶ国目ですね。
バスターミナルから町中へと向かう。
バスでは乗客の騒音と国境越えの審査のためほとんど寝れなかったので死ぬほど眠い(T_T)
町中につき、まだ薄暗いイスタンブールの街を歩いてみたんだけど、ヨーロッパとの違いに気づき少し驚いた。
ああついにヨーロッパを抜けたんだ・・・長かった~・・・そんな事を思いながらトボトボ歩き、ATMへと向かう。
ご存知、ヨーロッパはユーロという通貨が使えるので国をまたいでも両替する必要がなかったんだ。
だが、ここトルコの通貨はリラのため、リラをゲットする必要があった。
あ、1リラが日本円だと51円くらいなんだけどね。
とりあえずATMを操作し、、、
100リラ、200リラ、500リラ、1000リラ
と表示が出てきたので、頭の中で何度か計算した。
『えっと、、、五千円ほしいんだから、えーーっと、1リラは五十円で、、、よし。』
1000リラのボタンをタッチ。
よろしいですか?と確認画面が出てきたので念のためもう一度考える。
『えーーっと、1リラは五十円なんだから1000だよな?あれ、ちがうか。いや1000だよな、、、よし。』
ボタンを押す。ポチ。
札がいっぱい出てきた!
そしてしばらくして気がつく。
ご、五万円をゲットだぜ!?
なんでじゃあああああいぁぁぁぁーーーーーーー!!!
そうですZEROをひとつ間違えました。
小学校二年生レベルの算数です。
こんな大金使うわけないし、何より危ないから持ち歩きたくないです。
なんなの?馬鹿なの?死ぬの?って感じです。
悔しいからパンを食べました。
朝六時半です。

おいしかったんですが、まさかの紙を剥がした写真は撮ってません。
なんなの?馬鹿なの?焼き芋なの?って感じです。
その後宿にチェックインし、昼までグダグダ。
そして街歩きへ。

巨大なキャベツがあったりする!
さすがトルコ!イスタンブール!という感じですね(適当)。

大きさの比較対象として、手前がレタス、右はおじさん、おじさんの服はしましま
なので、そういうことです。
キャベツ以外でも、イスタンブールの旧市街は靴屋が多い。

マックス五軒連続靴屋ってのも見た。
これ全部ね。

トルコ人は靴オタクなんだろうか?
『デュクシwwwこの靴たまりませんなーwww』
とか言ってんのかなたぶん。
あと、靴屋に負けないくらいモスクもたくさんある。
噂によると学校より多いらしい。

えーまじでー!教育より宗教のが大切なの?ってびっくりしたんだけど、よく考えたら日本も学校より寺のほうが多そうだよね。
歩いてたらお腹が空いたので、極力質素そうな薄暗いレストランへはいる。


なぜかというとGGを調べたいから。
※GGとは?
→最後にリンク貼るから見てね。
コメが食べたくて、チャーハンだと思って頼んだらシソとケチャップでフワッと炊き上げました♪みたいな変な味なやつだった。
うーんまあまあイマイチ。
ま、学生時代に米がないからって柿ピー卵と玉ねぎを炒めてチャーハンにした時よりは100倍マシだったけど。

で、こちらの価格は400円。
これでGGがわかるね。
いやー自分で言うのもあれだけど、マジ便利。
午後からはカットの予約をしてくれた方のとこを尋ねた。
日本人で、トルコの方と結婚してこちらに住んでる方だそう。
尋ねた先はその方の働くお店。

いかにもトルコっぽいランプや雑貨などが置いてあるオシャレなお店。

おチャイを出していただき、一休みしてから早速カット。

すごいねー鏡と椅子がバッチリ用意されています。

478人目
トルコにかれこれ十数年前住んでいるというユカさん



ちょびっと毛先をカット。
479人目
同じくトルコ人の旦那さんをもつというアキコさん




こちらも毛先をちょりっと。
二人とも後ほどまたたくさん登場するのでここでは思いっきり省略させていただこう。
サーセン。
おわって皆で記念撮影~

この一番右はフセインという有吉みたいな顔をしたスケベ男なんだけど、彼も後ほどたくさん登場するのでここでは省略させていただこう。

あーこれからなにかあるのかな、トルコ。
日本人に人気の街だけど、僕は僕なりに現地の人と仲良くなってすごせたらいいなーなんて
日にてらされていい感じの町並みになってるのを眺めて、思ったっけ。

なんかほんとトルコいいとこだなぁ!
明日から楽しみだ。
では今日はですね、もう書くことがありません。
しかも超眠いで、もうこれで終わりにします。
おやすみなさい。


★カットした人★
479人
☆カットした人 国別☆
40ヶ国