イスタンブールで出張ヘアカットの帰りにサバサンドと世界一短い電車を堪能。

 

こんにちは。
あのですね。
16時間も移動して砂漠にやって来ましてですね。
砂漠すげーなー(まだ遠くからチラ見だけだけど)ってなったはいいものの疲れて死にそうでさ。
誰か髪切る人いないかな。
クチコミの話は下に。

トルコ、イスタンブール最後の日。
※現在地はモロッコで記事とは1ヶ月のズレがあります(´・ω・`)

最後ではないんだけど、この日の次の日から未承認国家キプロスへ行くので一旦トルコを後にします。
この日はヨーロッパサイドとアジアサイドにわかれるイスタンブールのアジアサイにある一般の方のお宅まで出張カット。
宿のある近くにあるガラタ塔をチラ見してフェリーに乗ってアジアサイドへ向かいます。




今日カットのお願いをしてくれたのは日本人でトルコの方と結婚したというお方なんだけどね。
これがですね、すごいんですよ。
まずちょっと説明しなければならない。
僕の存在をブログかなんかを見て知っててくれたとある日本在住の方(面識なし)が、トルコ在住の方(面識なし)にわざわざ連絡を入れてくれたそうなんですよ。
なんか旅してる美容師がトルコ行くらしいよ
と。
なんかそこ同士はお友達らしく。
そして、その連絡をもらったというトルコ在住の方が、トルコ在住の奥様方に僕が来るということとブログのURLを一緒にラインかなんかで知らせてくれたようなんですね。
どうやら子供の学校つながりのようで。
その結果、奥様方の中で僕の存在が知れ渡りそれぞれカット希望する方から連絡が来るようになったというわけですね。
ここまで僕、何もしてないですからね(笑)
びっくりしました。
意味わかったかな?
とある駅で待ちあわせをし、お家へ。
今回は、ふた家族が集まってくれた。
早速カットをすることになり、まずは奥様方から。
496人目


まずは今回連絡をくださったJunkoさん
無意味にローマ字にしてみました。
本当はJunkoさんのお宅へ行く予定でしたが猫が盛りがついてしまったとのことで変更に。
『あ、そうなんですか~』とか言っといたけど、実は猫が盛りがつくというのがどんなもんなのかわからなかった。
つまりどういうこと?(笑)
そんなに切らずにちょびっと整えるように。
497人目
このお宅の主akikoさん。


かなり大胆にバッサリと。
かなりのイメチェンをしてしまった。
切りながらなんか誰かに似てるんだよなぁってずっと思ってたんだけども、言わなかった。
なぜなら僕がそれをよく言われるからだ。
『なんか誰かに似てるよね』
とか
『親戚のお兄ちゃんに似てるよね』
とかね。
そんなこと言われても非常に反応に困る。
『あ、にーちゃんっすか。ちっす。』である。
なかでも『彼氏or元カレに似てる』
これは特に困る。
スキ=彼≒僕
ってことでしょ?
あれ、遠回しに誘ってるんですか?とアホな勘違いしてしまう可能性があるので言う時は注意してくださいね。
ま、前回は男にそれ言われたんだけどね。
そして498人目
奥様方につづいてお子様方です。

かなーり嫌がってた。(笑)
子供が髪を切るのって親の都合だよね。
僕は小さい頃から短い髪型が嫌いだったから、親に『髪切れ』とか言われるのも、切るのも嫌で仕方なかった。
だから気持ちはわかるよ、、、ごめんよ。

499人目
すこーしだけかっと。
彼はjunkoさんの息子さん。
なんか年齢のわりには落ち着いてて、大人っぽい印象だった。


この日、駅で待ちあわせをしていた時に、お母さんより彼が先に駅で待ってる僕を見つけてくれたんだ。
だが彼はお母さんに一言こう言ったらしい。
『あの人は日本人じゃないから違うね』
そ、そんなに日本人ぽくない顔してるかな?(笑)
そしてみなさんのカットが終わり、ホテルへ。
junkoさん達と帰りの電車が途中まで一緒だったんだ。
2人が先に降りたので、お礼を言い車内で別れた。
走り出した電車の中でふと窓の方を見ると彼が手を振りながら走っていたのが見えた。
なんかあの漫画とかにあるような。
初めて誰かにそれをしてもらい、なんだかすごく照れくさくて、そしてすごく嬉しかった。
大人しそうな彼がって言う驚きもあるし、自分だったらできないなぁ何て思ったからすごいなあって。
きっと彼は超素直な子なんだろう。
なんかありがとう。

僕は帰りに鯖サンド(意外にうまい)食べて世界一短い電車?乗って帰りましたとさ。



今日記事の最初の方でトルコの奥様方ネットワークの中で僕の情報が広まり、カットの依頼が来たと書きました。
それでちょっと思ってることがあるので書きますね。
旅は特に関係ないです。
トルコで、ふとあることを思い出しました。
前の前働いてた美容室の社長が集客はクチコミが一番だと言ってたのを・・・。
集客というとなんかものすごく仕事っぽいワードだけども。
接客業やってる人なら読んでてわかるかもしれないけど、そうじゃない人は自分が客としてレストランなり美容室なりに行く時のことを想像して読んでもらうといいかな。
まあ確かにクチコミは大事ですよね。
ただ、その当時の社長が言ってたことで1個謎なことがあるわけです。
『その髪型素敵ね!どこで切ったの?』
自分の美容室に来てくれたお客さんがこういう質問を友達にされて、○○という美容室で切ったのよというと、その友達が新たにお客さんとしてやってくる。
それがクチコミだと。
このクチコミが増えることにより、新たに来てくれるお客さんが増えると。
その時はなるほどそっかーって思ってたんだけども、今思うとかなり無いなと。
そんな人もういないんじゃないかな。
お客さんが誰かと直接会話をしてクチコミが広まるのに期待とか、 アナログすぎるし効率が悪すぎる気がするんですよ。
今僕が思うクチコミというのは、決して友達と直接話してるときに聞いた情報ではない!
と思う。もはや。
あ、モナカ食べたい。
例えば美味しいラーメン屋の話になった時にもし友達が勧めてくれた店があったとしたら、そこ行きますか?
ま、今度行ってみるか。
くらいのもんだと思うわけですよ。
行くかもしれないし行かないかもしれない。
だって、最寄り駅と店の名前しか知らないから地図調べるのめんどくさいし。
名前だって忘れるかもしれないし。
よし、お前がそこまで言うなら明日にでも行ってくるよ!とはなかなかならない。(はず・・・)
美容室だって、ホテルだって、レストランだって、マッサージだってそうだと思う。
もう今はネットだと思うんですよね。
子供や、すまほって何かね?みたいなじーちゃんばーちゃん以外の人はなんかの情報を知りたいときに検索するじゃないですか。
『ラーメン屋 吉祥寺 うまい』
みたいな。
つまりその検索で引っかかるようにすればいいと。
まあ、単純に思うじゃないですか。
でも多分それは違うんですよ。
えっ違うの?って思いました?
違うと思います。
食べログやホットペッパーなどの大手のサイトが上に出てくるからですね。
それらのサイトを見ると地図もあるし価格も書いてあるしなんなら割引もあるし!便利!最高!ってなりますよね。
で、それらの情報をみて実際にお店に足を運ぶのであればオッケーなんですよ。
まあ来てくれるんですから。
でもそれって『街を歩いててたまたま素敵そうな店を発見した』というのと同じレベルなのかなと。
吉祥寺を『うまいラーメンが食べたい!』と思いながらふらふら歩いててなんとなく素敵そうな店でランチサービスやってるし入ってみるか~みたいな。
今や当たり前となったクチコミやクーポンサイトの利用。
当たり前となった時点で、普通のことなんだろうなーっておもいます。
それから、その時点でお店に対する信頼度って何%くらいなんだろう?
判断する要素が値段とか立地とか、ありきたりなものしかないし、そもそも初めてだからよくわからん!でも割引もあるし!ってことで30%くらいの信頼度なのかな、だいたい。
良い意味で期待を裏切られたらまた次も来よう!ってなるだろうけど、自分の中での評価が普通以下だった場合ってもう行かないような気がするんですよ。
つまり信頼度が30%からスタートして、一度行ってみたものの50%を上回らなかった場合たぶんもう行かないってことです。
次からは割引ありませーん!とかだったら尚更。
いっぱい他にも店あるし。
あ、あくまで僕の感覚で。
そこで!
最初から信頼度をあげとけばいいんではないか?

ということかなと思った。
それにはクチコミ。というものが威力を発揮するはず。
だからクチコミ大事だって言われるんだなぁって。
『山盛り唐揚げ丼、味もボリュームも最高でおかわりしちゃいました♡ 35歳 OL 独身』
『ここのホテルは豪華な朝食が出るし従業員も優しかったです。また行きたいです! 20歳 男子大学生 独身』

良い判断要素になるじゃないですか。
一見。
OL食いすぎだな、とか。
だがこれも問題な気がする。

理由: 匿名のネットの書き込みほど信用ならないものはない!

誰が書いてるかわからないからです。
書こうと思えばいくらでもどうにでも店側でもなんでも書けるじゃないですか。
だからあんまり当てにならない。

クチコミで1番大切なのは誰からの情報なのかっていう点かなと。
長ったらしい前置きはここまでで、、、
ホットペッパーとか食べログが良いとか悪いとかそういうことじゃなくて、他の方法という点で、何なのかって言うと
個人のブログ(匿名じゃない)、facebookなどのSNSですね。
・・・もうやってるわ!って感じだとおもいます。
多分ここまでは想像するのが簡単。
やってる人多いと思います。
僕もやってます、Facebookページとか。
でも重要なのは自分でブログを書いたり、Facebookページをつくるんじゃなくて、人に書いてもらうのがポイントかなと。(自分で書くと良いようにしか書かないから)
そして、いかに影響力が強い人に、いかに多くの人に、いかに詳しく自分のお店のことを発信してもらえるかが超大切なポイントになるんだと思います。
不特定多数の人に向けての発信だとしても、その中には発信者の友達や家族、同僚なども多数含まれるわけですよ。
もし投稿を見た発信者の友達の中でちょうどその時『髪を切りたい』、『ラーメン食べたい』、『なんか興味がある』と考えてる人がいて、お店の写真とお店のURLのひとつでも貼ってあればクリックしてくれると思うんですよね。
あ、ネットで手軽に見れるというのがチラシなど紙媒体との決定的な違いかなと。
そしてそれは信頼できる人からの情報になりますので、クチコミと同じ効果があると思います。
さらに僕個人の感覚では、信頼をできる人からの情報により初めて店に来てくれる人は、店に対する信頼度が最初から高い。
それが50%なのか70%なのかはわからないけど。
そういう人は、最初から期待してくれているので悪い意味で裏切らなければ、2度目3度目とまた来てくれる可能性もかなり高い。
これは結構間違いないのかなぁと思います。
自分がそうだから。
他の方はどうなんでしょう、、、?
で、具体的にどうするのか?
単純に影響力が強い人に、詳しく自分のお店のこと書いてもらえばいいんですよね。
それからターゲットを細かく絞ること。
通行人1000人にチラシを配るより、確実に興味を持ってくれる人50人に配ったほうが効果がありそう、、、なようにターゲットをとにかくしぼる。
いうと簡単だけど、でもそこが難しいと思うんですけどね。
誰が影響力があるかなんて顔見ただけじゃわからないしね。
でも!
実はわかる方法があるんですよ。
芸能人に頼むとかじゃなくて。
とにかくその方法を駆使することによって、低予算(もしくは無料)でクチコミを爆発的に広めることができる。
それに面と向かってのクチコミは一人だけなのに対して、投稿やブログ記事を見る人は無限大です。
チョモランマです。
チョモランマの中の数パーセントが興味を持ってくれて、さらに1パーセントでも足を運んでくれたらそれでいいかなって。
見てくれる人の数が増えれば1%の数も増えるし。
と今考えているわけです。
さらに、それにくわえ自分の持ってる人脈(協力者)の有無が物を言うのかななんて思います。
まあ、、、なんというかそもそもイイ事書かれるようなお店じゃなきゃダメですけどね。
今思うのは、、、僕は今の割引合戦みたいな日本のマーケティングというか、世の中の流れをうまく逆手に取ればいくらでも集客って出来るんじゃないかと思ってます。
1億5000万人にアプローチする必要はないし、なんなら1%以下の人にだけでもいいかもしれない。
もし割引するのであれば何に対して割引するのかで結果が全然変わる気がする。
さらに秘策として、クチコミを単純に何十億人に見てもらう策があるんだけど、それはまあただ見てくれるだけなので。
いくらかプラスにはなると思うけど。
あ、肝心のその方法は何やねん!秘策は何やねん!って声が聞こえて来そうだけど、全部まるまる書くとあれだから今日はこの辺でやめとこうかな(笑)
旅をしていてネットで自分自身いろんな情報を調べるようになったこと、それからネットでカットの依頼やクチコミを拡散してくれる人が多数いて、そういう方たちの存在により、日本で働いてた時よりめっちゃいろんなことに気づけました。
絶対これは使える!!と思うことや、この常識はやめたほうがいい!とか、これはやっちゃいけない思うことだったり・・・。
ちなみにこの前ブログに書いた名古屋の栄にあるトルコ料理屋さんに(イスタンブールでお世話になったトルコの方がやってる)このブログがきっかけで行ってくれた方がいたみたいです。
なんかそういうのをやりたい。
※偉そうなこと言って住所不定無職ですが(笑)
ま、将来の自分の夢を見据えて・・・ってことでね。
言うのはタダだし(笑)
実際経営されてる方からしたらこの世間知らずがとか思われそうですけど、今回トルコでネットの力を再度痛感したので、思いと一緒にここに書き留めてみました。
じゃ、おしまい。


★カットした人★
499人
☆カットした人 国別☆
46ヶ国
★世界一周★
245日目

ご予約、取材、出張、講演会のご依頼はこちらからお願いします

高円寺カルピスが飲める美容室Up to You
は定休日がありません。電話以外は24時間受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。また東京都以外のお客様のために出張美容室も行っています。

RESERVA予約システムから予約する

Add Friend

出張・セミナー情報

・出張美容室(関西、山梨はほぼ毎月行きます)

2/19山梨、3/6大阪

・講演会、セミナー(毎月、全国各地で!!)

3/14東京 働き方セミナー
5/23東京 海外美容師セミナー