[メルズーガ]夜のサハラ砂漠は怖い。星空の下でギターを演奏したある秋の夜。





ついについに念願のサハラ砂漠に突入!!
写真ひたすらのせまくるので、もうピピーっと見て行っちゃってください。
あ、ちなみにギターとハサミは持ってきました。
砂漠でギター弾くのも髪を切るのも夢だったのです。
砂漠に誰かいたら声かけて切らせてもらえばいいや!
そんな気持ちでした。

本物の砂漠にドキドキ。
靴はソッコー脱ぎ捨てました。

うそです、ちゃんと手で運びました。
ってかモジャモジャ汚くて見苦しいスネ毛で申し訳ありませんてやかましいわ。
砂漠に足を踏み入れてみて思ったのですが、近くで見ると砂の色が違う。
遠くから見た時はオレンジだったのに、茶色っぽい。

あれ、だーーれもいないんだけれども。
シーズンの問題なのだろうか?
人っ子一人いない。
また、写真だと残念ながら全然伝わらないのですが、かなり山あり谷ありなんです。
しかも一個一個山がでかいから結構目の前の大きい山にたどり着くまでに時間がまあまあかかる。
しばらくしてだんだん背中に背負ったギターが重く感じてきて、汗で前髪がおでこに張り付いてきた頃、足を止めて後ろを振り返ってみたんです。

あ~足跡がすごーいなんて思ったタイミングであることに気がついた。
自分の呼吸の音がデカイ
普段生活する中で自分の呼吸の音を聞くことってありますか?
意識すれば聞こえると思うんだけど、この砂漠での音はすごかった。
どういう意味かというと、砂漠は完全なる無音の世界だった。
人の声も、風の音も、車の音も、草木が揺れる音もなんにもない。
今までは歩いていたから気が付かなかったけど、この無音の世界で聞く自分の呼吸の音のでかさに気づいた時には心底びっくりした。
こんな体験をしたのは生まれて初めてだった。

音の世界を離れ、 一番でっかい山の頂上を目指し無音の世界を一人でひたすらひたすら歩いた・・・。
最後の山は傾斜が本当に急で這いつくばるようにしないと登ることができなかったんだけど、そこを登りきって見た砂漠は本当に本当にすごかった。

これが砂漠か。
来てよかった。
こんな広大な世界を一目見れてよかった。
僕は心から感動してしまいました。
きっと写真じゃ伝わらないのが悔しいところ。
山の上でゆっくりしてたらあることにまた気がついた。
この砂漠は動くものがない
完全に1枚の静止画を見ているかのようだった。
誰もいない、何もない、水もない、草もない。
動くものが存在しない世界だった。
無音の世界で唯一動くものが僕一人。

なんだかものすごく不思議な感覚に襲われ、思わずギターを取り出してみた。

そして自分だけがこの世界で音を作ることができる存在となり、太陽に向かって思いっきり歌ってやった。
誰も聞いてくれる人はいない。
自分の声とギターの音が耳にめちゃくちゃ響く。
・・・僕は無音の世界で弾くギターがこんなに素晴らしいものだとは知らなかった。

その後は結局髪を切る人もいなそうだし、ぼんやり考え事をしたり、いつものハサミのやつ撮ってみたり




手で砂をすくってサラサラしてみたり、砂を蹴り上げてみたり、風が作る芸術に感動してみたりしながら砂漠で時間を過ごした。





そうしているうちに日が沈む・・・。


日没までいてみようかな?
ふとそんなことを思ったんだけど、だんだんと暗くなっていく砂漠を見てやめた。
写真だとまだ色合いとかわかるけど、肉眼だと暗い砂の山でしかなく、音がない世界で闇と砂に囲まれていることがなんだか急に恐ろしくなったんだ。
幽霊が出たほうがマシだ!くらいに思いましたね、マジで(笑)


帰り道、同じように何個も山を越えつつ空を見上げると、星が綺麗に見えていた。
電気なんぞないから当たり前だけどね。
うーん。
よし!怖いけど!
最後に一曲弾いて帰ろう。
僕はギターを取り出して、真っ暗な砂の山の上に座った。


日々ひび割れ 柿の実 夕焼けて 夜は来た
空 水色 オーロラ 蜂蜜に濡れた月
赤レンガ煙突の上 ガイコツが踊ってる
ハロー 今君に素晴らしい世界が見えますか?
北風は吹雪くのをやめ カシオペア輝いて
恋人達は寄り添って 静かに歌うのでした…
声 高円寺に消え やがて汽笛は響き
噛む カムチャッカのガム 蒼白く甘い夜
シベリア鉄道乗り換え 東北を目指します
ハロー 今君に素晴らしい世界が見えますか?
北風は吹雪くのをやめ カシオペア輝いて
恋人達は寄り添って 静かに歌うのでした…
銀河鉄道の夜 僕はもう空の向こう
飛び立ってしまいたい あなたを…
銀河鉄道の夜 僕はもう空の向こう
飛び立ってしまいたい あなたを想いながら
星めぐりの 口笛を吹いて
裸のまま独りぼっち 涙もかれた
ハロー 今君に素晴らしい世界が見えますか?
ハロー 今君に素晴らしい世界が見えますか?
Ah… 銀河鉄道の夜 僕はもう空の向こう
飛び立ってしまいたい あなたを…
銀河鉄道の夜 僕はもう空の向こう
飛び立ってしまいたい あなたを想いながら
あなたを想いながら
あなたを想いながら

~ゴイステ 銀河鉄道の夜~

★カットした人★560人 

☆カットした人 57ヶ国☆