サンティアゴからメンドーサ行きのバス4000円に乗車拒否された話。

こんにちは。

サンティアゴ編続きです。

5月のこと。

前回の記事→たこ焼き売りながら世界を渡り歩いた伝説の大阪人の話。

まずはこれを書かねばなりません。

ついに。

ついに・・・

900人目のカットが終わりました!!

ヒューヒュー

パチパチー

ジャン!

image

900人目は同じ宿のチリ人バスカー!

いろいろ相談の結果、クレイジーな髪型にすることに。

もともとへんてこりんだったが・・・。

image

この旅1番意味分からない髪型かもしれない。

でもイカス!

image

チリに来てもう1ヶ月半が過ぎようとしていた。

チリ北部のアリカという町で700人目をカットしたのが昨日の事のように思えた。

来るはずがなかったチリで200人もの人の髪を切ったことになる。

なんだか時間があっという間に過ぎ去っていった気がする。

「そろそろ潮時かな・・・」

いくらなんでもここにいすぎた気がする。

「まだ行かなきゃいけないところがある・・・」

なんだか急に焦って来て、いそいでバスターミナルに行きアルゼンチンのメンドーサ行きのバスチケットをとった。

価格は4000円。

翌日の夜発だ。

最後の日・・・

サンティアゴの景色を初めて写真に収めた。

1ヶ月ちょっといて、観光らしい観光もせず、写真をとりに行くわけでもなく、ただここに滞在した。

出会う人の髪を切って、出会う人とビールを飲んで、出会う人と語りあった。

今思うと、なんていうことない毎日が何故かすごく刺激的で、充実したものだった。

image

毎日歩いたこの場所にももう来ることはないかもしれない。

見慣れた景色ともサヨナラなんだ。

image

出ると決めたものの、なんだか寂しくなってしまった。

宿に戻り、みんなに別れを告げる。

宿でバーベキューをしたバスカーのみんな。

旅人のテルとミカちゃん。

image

あんなにたくさんの人を見送ってきたがついに見送られる番になってしまった。

あんなにたくさんの人がいたのに、僕が出るときは静かだった。

image

「また会おう!」

そう言って、最後に固く握手をして宿を後にした。

こんなに長く滞在したにも関わらず意外と泣けてこなかった。

重たい荷物を背負い、地下鉄にむかって歩く。

まあまあいい時間にバスターミナルについて、いざ乗り込もうとするとバスの運転手のオヤジがなにやらごちゃごちゃいいだした。

オヤジ「ごちゃごちゃ」

僕「は?」

オヤジ「ごちゃごちゃ」

まいった。

スペイン語わからなすぎる。

オヤジ「ごちゃごちゃ・・・ビザ」

僕「ビザ?」

オヤジ「そうだ」

日本のパスポートの場合、チリに入国する際ビザの申請をする必要がない。

そして行き先のアルゼンチンでもそれは同じだった。

何を言ってるんだこのオヤジは・・・と意味がわからなかった。

パスポートを見せてもノーとかなんとかそっけなく言われるだけ。

何がノーなんだジジイ!と対応の悪さにムカついてきた。

「イングレス?」

乗客に英語が話せないか?と聞いてみることにしたが結局見つからなかった。

万事休す。

チケットと荷物を突っ返され、変なカウンターに連れてかれた。

何を言ってるのかひとつも理解できないまま何故かバス代がかえってきてしまった。

頭の中はハテナでいっぱい。

どうやら僕は乗車拒否されたようだった。

まさかのチリ出国作戦は大失敗に終わった

な、なぜなんだ。

一体なぜなんだ。

考えてみたところで理由はわからなかった。

意を決してバスターミナルに行ったのにトボトボ宿に戻るはめに。

悔しいとかを通り越して意味不明な感情になっていた。

というか、なんだかみんなとお別れしてきたのにこれはすごい恥ずかしい。

非常に恥ずかしい。

手元に残った4000円分のチリペソを握りしめ、とりあえず酒屋に向かう。

ワインを飲んでやろうと買ったのだった。

やけ酒です、やけ酒。

ふざけんなバカヤローコノヤローみたいなあれです。

もうチリに一生居座ってやる!!

そんな気分でした(笑)

宿に戻り、オーナーのスコットに事情を説明するとすんなり同じ部屋にまた通してくれた。

そこでは先ほど見送ってくれたテルが酔っ払って爆睡してる。

「いっそのこと笑いとばしてほしかった・・・」

深夜だったためその願いもかなわず、今度はミカちゃんにメッセージを送ってみた。

僕「起きてますか?」

ミ「起きてるよ」

僕「ただいま」

ミ「え?」

その後、部屋から出てきたミカちゃんとテラスでいろいろ語り合った。

ワインを飲みながら。

まったくもって予期せぬ出来事だったが、この時ミカちゃんがいてくれてよかった。

一人だったらと想像すると、切なすぎることこの上ない。

ミカちゃんありがとう。

image

ミカちゃんは僕の2個年上(maybe)の旅人。

出発まえは名古屋で仕事してたらしく、大都会名古屋からやってきたと見せかけて、実は宮崎県とかいう陸の孤島からやってきたらしい。

あの東国原とかいうフルーツが有名な県ですね。

半年間、弾丸世界一周の旅をするといって日本を飛び出してきたそうだ。

で、割と序盤で僕らは出会ったらしい。

だいぶ駆け足だがあっちこっち行って、今は日本に無事帰国し、ニートをやっているそうだ。

仕事もそっちのけで、嫁に貰ってくれるメンズを探しているとのことだった。

早くいい人が見つかりますように。

実は彼女とはまたアルゼンチンで再会することになるのだが、それはまた後ほど書くとしよう・・・

では、今日はこれで。

★カットした人★(ブログ上で)

900人

☆カットした人 60ヶ国☆

日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、ロシア、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フランス、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、スロバキア、オーストリア、チェコ、キプロス、ギリシャ、ポーランド、ベルギー、ルーマニア、イタリア、トルコ、パレスチナ、イスラエル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー、パラグアイ、チリ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニューカレドニア、オーストラリア、キューバ

★世界一周ルート 38ヶ国目 ★

日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→キプロス→スペイン→ポルトガル→スペイン→モロッコ→スペイン→ボリビア→ペルー→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→キューバ→メキシコ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→カナダ→アメリカ→カナダ→?

【現在地】カナダ、トロント

【リアルタイム】1258haircuts

ご予約、取材、出張、講演会のご依頼はこちらからお願いします

高円寺ビールが飲める美容室Up to You
は定休日がありません。電話以外は24時間受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。また東京都以外のお客様のために出張美容室も行っています。

・ネット予約(メニュー選択してください)

RESERVA予約システムから予約する

・LINE公式(24時間、直通です) 

Add Friend

・電話番号(出られない場合もあります)

・Eメール(24時間受け付けてます)

出張・セミナー情報

・出張美容室(関西、山梨はほぼ毎月行きます)

1/29宝塚、1/30心斎橋、2/13名古屋、2/14浜松、2/19山梨

・講演会、セミナー(毎月、全国各地で!!)

2/13名古屋 ブログ、SNSセミナー
2/14浜松 ブログ、SNSセミナー