ピチピチのアメリカ人女性。西洋女性の服は何故スポーティファッションなのかの考察。

 

2015年3月、ペルーでのことです。

まずはこちら読んでない人はどうぞ↓

前回の記事【マチュピチュでヘアカットしてみたら】

さて、下山するかねという時に、アメリカ人の女の子と仲良くなった。

image

彼女は25歳ニューヨーク出身。

旅が大好きでとりあえずアメリカ国内のハワイとアラスカ以外は制覇して、今回は南米にやってきたそう。

カットしてるとこを見ててくれて、声をかけてくれた。

行きは村から移籍までバスでブイイーーンwwwて来たんだけど、なんせ高額なので帰りは歩くことにしてたんだ。

image

出口のところにマチュピチュスタンプがあったので、記念にパスポートにドンッと押してみた(笑)

たぶんやっちゃダメだけど(笑)

それをこれみよがしに彼女に見せる僕。

『な?奥さん、ええやろ?』

とジョイ君のように。

すると『ええやんけ!あたいもほしい!』と彼女も押してました。

image

というか、何故かおっさん押してもらってた(笑)

image

その後彼女と話しつつ下山。

一人じゃなかったからだいぶ気が楽だったけど、まあキツかった。

おっさんの足には負担が大きいです。

40分ほどして下までついた時には足がガクブルしてた。

登らなくてよかったと心から思いました。

彼女スタスタスタスタ行くもんだからおじさん大変でした。

麓に降りて彼女と別れ、宿に戻りしばしの休息。

その後僕は郵便局へと向かいました。

実は毎月末までに日本にとある請求書を送らねばならないんですが、さっさとやればいいものをずっと先延ばしにしていたのです。

そろそろまずいと思い、郵便局に行ったんですが、お兄さんの口からとんでもないセリフが飛び出しました。

『ジャパンか?2週間かかるぜよ』

この日は20日になろうとしているところ。

どう考えても間に合いません。

とりあえずいい案をひねり出そうと冷や汗をたらしながら散歩していると、マチュピチュで少し話した日本人の方達に遭遇しました。

事情を説明すると、なんと、その中の一人が数日後に日本に帰国するということで、代わりに日本からポストにぶち込んでくれると!

そしたらめっちゃ間に合うわけです。

神かなんかかと思いました。

ゴッドです。

そのままの話の流れでカットすることになりまして、カットの代わりにそれを投函してくれると。

というわけで、ゴッドの髪を切ることに。

場所は濁流のマチュピチュ川(勝手に名付けた)を眺めながら。

685人目

image

おまかせな感じだったので、すっきり目に。

ゴッドの他にもあと二人いたのですが、その方たちがなんと美容師さんということで。

もうドキドキです。

緊張するからガン見しないでって感じです(笑)

image

そのままお次はその美容師さんたち。

686人目

image

写真が何故か横です。

治りません。

毛先をちょびっと揃えるだけ。

image

687人目

同じく毛先をすこし。

だが、もうすでに暗くなってしまい若干暗闇の中でカット。

激ムズです。

image

お礼にビールをおごってもらい、3人と別れた。

なんかもっとゆっくり話したかったな( ;∀;)

翌日。

昨夜カットしていた場所の向かいにあるレストランのお姉さんが切ってほしいと言ってくれたので、朝イチ向かった。

この日はまた延々と線路を歩いてバス乗り場まで戻らないといけないので、若干余裕を持っても10時半には村を出ないといけない。

というのも片道3時間かかり、バスの発車時間から逆算するとその時間がギリギリ。

お姉さんとの約束の時間は10時だった。

僕は基本的に5分前行動を心がけてるので、9時55分についた...はずだった。

お姉さんと会い、髪を切る準備をしながら音楽をかけようとふと携帯を見ると時刻は10時25分。

なんでやねん、と。

なんか腕時計が派手にずれていました。

ってことで、急いでカット

688人目

ペルーのレストランで働くお姉さん。

image

シェフ的な人も一緒に。

image

光カット(音速を超える光速でカットしているつもりなやつ)をして、村を後にする。

だが、別に足を早めるわけでもなく、テクテクと来た道をまた戻りました。

帰り道のほうがどれだけ歩けばいいかわかるし、一度見た景色でもあるので少し気が楽。

image

マチュピチュから下を見た時に川が二手にわかれているのが見えたので、帰りながら川が二手になるポイントを探してみた。

image

そこから推測すると、この山の上にマチュピチュがあるはず。

image

やっぱり見えません。

ホントよくあんなとこに作ったなぁと下から見た時に、より不思議な気持ちになった。

image image image image

無事に時間通りにバスのりばについたものの、ツアー会社の手違いで僕だけバスに乗れずに危うく山の中に一晩取り残されるところでした(笑)

ぎりぎり帰れて、ツアー会社のオヤジに文句言いにいったのは言うまでもない。

言うまでもないとか言ってめっちゃ書いてるけど。

何なの?って感じですよね。

すいません。

というわけで、これでペルーとはさよならです。

次回からは細長い国チリに行ってみたっていう話です。

ところで、最後にいいですか?

image

なんか以前から感じてた違和感みたいなのがあるんですけどね、欧米系の女性って暖かい国だと基本的にピチピチなんですよね。

なんかスポーティというか。

ワンピースとかまじで一人も見たことない。

だいたいなんかショーパンとキャミだけ的な露出が高くそしてピチピチ

あれはなんでなんだろう?

日本人を含むアジア系の女の子たちはわりと体のラインが隠れる服が多いんですよね。

かと言って欧米系の女性たちが『見ろや』って感じかって言うとそんなこともない。

そういえば変態な男友達が『隠れてるほうが興奮するよね!!』って言ってたんだけど、そういうもんなんでしょうか?

ってことは日本人女性が体型隠れる服とか着てたりするのって変態的にはたまらないんでしょうか?

ってことはイスラムの女性とか半端ないんでしょうか?

あれ、なんか眠くてよくわからない事を書き始めてしまいました。(ただ今深夜3時、しかも空港。)

僕はどっちかというとピチピチ系のほうが良い気がします。

なんとなく。

そこのあなたはどっちが好きですか?

たとえば僕はスカートよりショーパンのほうが好きです。

ほんと短いショーパンの下からポケットがはみ出てるのとか好きです。

あと、白いシャツがすけてるのも好きです。

あと、すれ違いざまに香るシャンプーの香りとか好きです。

あとあと、お姉さんに腕枕されたいです。

あれ、僕は一体何を暴露してるんでしょうか。

よくわからないのでやめましょう。

とりあえずどっちでもいいですよね。

ショーパンがいいって言ってもマツコ・デラックスがショーパンとかだったらなんか大災害みたいなもんですもんね。

どっちでもいいですね。

でも僕はやっぱ腕まく...もういいや寝よ。

じゃあ次回はガラパゴス諸島から投稿しますー。

おやすみなさい。

★カットした人★(ブログ上で) 688人

ご予約、取材、出張、講演会のご依頼はこちらからお願いします

高円寺カルピスが飲める美容室Up to You
は定休日がありません。電話以外は24時間受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。また東京都以外のお客様のために出張美容室も行っています。

RESERVA予約システムから予約する

Add Friend

出張・セミナー情報

・出張美容室(関西、山梨はほぼ毎月行きます)

2/19山梨、3/6大阪

・講演会、セミナー(毎月、全国各地で!!)

3/14東京 働き方セミナー
5/23東京 海外美容師セミナー