僕らはSNSという狭い世界の中で生きているだけなのかなぁと、なんとなく気持ち悪さを感じた7/10選挙の夜。




 
こんにちは。

昨日は選挙でしたね。

選挙の事とか政治のことは普段触れないんですけど、なんとなく昨日の開票のテレビを見ながら思ったことを書こうと思います。

というか実は珍しく5日もブログ書いてませんでした(笑)

ただサボってたわけじゃなく何してたかというと、慣れないパソコンを使ってブログを作り変えてました。

ほら!よくスマホの画面を見て!

PCでも見てみて!

お休みカレンダーとかありますでしょ?

まだ途中なのでイカしたデザインとも言えませんが、ひとまず以前のやつより見やすくすることを目標にして作ってみました。
 

お恥ずかしい話でずか僕7インチタブレットしかもってないし、パソコン買ったこともないんですよ。

でもなんかたまたま結婚相手が持ってたから借りてみたわけです。

そしたらイマドキのパソコンにはマウスがないことに驚いたり、キーボードでFとかPとかが見つからなくてイライラしたり大変でした(笑)

「クソ!Fがねえ!」って。

そんなこんなで試行錯誤を繰り返しながらなんとかブログのカスタマイズをしていたわけです。

まあまあ頑張りましたよ。

 

話しは変わりますが、昨日の営業の時のことです。

4時に新規でカットしに来てくれた方がしました。

その方は福岡県出身で、今は東京に住んでいるとのことで。

僕が以前熊本に震災ボランティアに行った時に同じグループで1日一緒に作業した福岡県の男性の紹介できてくれました。
 

来店して詳しく聞いてみると、その僕がボランティアで出会った男性とは飲み友達だそうで、先月福岡に帰った時に「行ってみてよ」と紹介してくれたそうでした。

なんかそういう繋がりってやっぱり嬉しいですよね。

 
その方のカットが終わり、リビングスペースで話していると、5時に縮毛矯正で予約しててくれた方が来ました。

その次に来た人は今年の春に就職で阿佐ヶ谷に引っ越してきたそうです。

「どこからですか?」と僕が聞くと「福岡です」と。

お客さん同士二人で「えー」みたいになってて、でもそこまではUp to Youでは結構よくある話なので全然気にもしてませんでした。

それで二人が盛り上がっちゃって、なんだかいろいろ話してたんですね。

僕は黙ってせっせと薬塗ってたんですけど。

 
すると、なんとその4時に来てくれた人がよく通っていた福岡にあるイタリアンレストラン(オーナーと友達)で、その5時に来てくれた人はずっとそのレストランでバイトしてたということが発覚しました。

そのオーナーが共通の友達なんだと。

すごいですねー。

美容室でこんな出会いあるかよっていう。

なんかすごく盛り上がってて、今度飲みに行くそうです。
 
image(頭が気まずいことになってるので隠し)

 
僕が熊本にボランティアに行かなければ、熊本で出会った男性が紹介してくれなければ、二人がたまたま同じタイミングで店に来なければ、もしお客さん同士が話すような美容室ではなかったら・・・。

いろんな”もし”がありますが、そのどれか1つでもかけてたら二人の出会いはなかったんでしょうね。

この出会いが、縁がずっとずっと続いてくれたらいいなって本当に思います。
 
僕はこのUp to Youというお店でこうして人の繋がりが出来てくのがすごく嬉しいというか、楽しいというか、誇らしいというか、なんかそんな感じなんです。

一人でも、それで楽しかったっていう人がいたらなんかここでハサミ持って美容師やってる意味もあるんだろうなって。

 
 
人は本来はこうやって実際に会って、実際に話して、泣いたり笑ったり、好きになったり嫌いになったり、恋したり喧嘩したりしながらどんどん人の繋がりを作って生きていくんだろうな。

当たり前といえば当たり前なんだけどね。

 
でも、現代にはそんな単純で当たり前なことにもフィルターがかかってるように思います。

それが便利なSNSなのかな・・・ってなんとなく昨日思いました。
 
 
昨日の選挙の結果、テレビで見た方も多いのではないでしょうか?

普段よくフェイスブックを見る人はここ数日の間“三宅洋平さん”の名前はよく見かけていたのではないかと思います。

選挙フェスの動画や様子はどんどんアップされ、どんどんシェアされ、タイムラインでも見ない日はなかったと思います。

ツイッターも同じです。

僕も実は高円寺駅前で選挙フェスをやっているのを見ました。

見に行ったというよりは、帰り道だったのでたまたま・・・という感じではありましたが、たしかによくある街頭演説みたいな雰囲気ではなく楽しそうなもので、なんかビールでも飲みながら聞きたい感じでした。

正直めちゃめちゃ興味持ちました。

政治家であんな事やる人っていたか?って考えたらいなかったし、帰ってとりあえず「三宅洋平」ってググりました。
 

なんか、たぶんそんな人も多かったんじゃないでしょうか。
 

「三宅洋平のフェスの盛り上がりがすごい」

「品川駅、渋谷駅をわかせた」

「初めて選挙に行こうと思った」

「泣けた」

「テレビは意図的に報道しない」
 

様々な声をネットで見ました。

それはたくさんシェアされ、ネットは三宅洋平一色。

まるでそれが“全国民の声”みたいな感じでしたよね。
 
 
そんなSNSを支配した候補者がどうなるのか?

って言うのはすごくすごく興味がありました。

まあ僕自身、三宅洋平さんに反対でも肯定でもなかったのですが単純に・・・

だから昨日帰ってテレビをつけてみたわけです。

 
見てみると、落選という結果。

 
ぶっちゃけ結構びっくりしたし、残念でした。

あれだけやってもダメなのかって思ってしまいました。
 

その時ふと気になって同時にネットでも検索をしてみたんですね。

ツイッター、フェイスブック、グーグル、全て同時に検索してみました。

というのも「候補者の声」が見てみたかったからです。

 
グーグルにはまだ記事は上がっていなくて、ツイッターの声は候補者ではなくて「反対派」の人たちが面白がってツイートしているだけでした。

フェイスブックはどうかというと、三宅洋平さんのライブ配信を見てみるとものすごい数のシェアとかコメント。
 

「他の候補者が当選とかマジありえない」

「まだいける」

「陰謀!」

「陰謀とか言うな!信じろ!」
 

みたいな様々な声が。

 
そこだけ見るとやっぱりなんで落選なのかわからないほどの大人気でした。
 

 
ふと目を上げると目の前にはテレビがあり、当選者たちよりずっと少ない票の三宅洋平さんが。

ふと目をスマホに落とすとものすごい数の人に大人気の三宅洋平さんが。

 
一体なんなんだろうこれは・・・

と、なんとも言いようのない気持ち悪い感覚になりました。

 
 
みんなたぶんこれでイケないわけがない!くらい思ってたんじゃないかなぁ。

思ってましたよね?

僕は人事ながら思ってました。

だけどダメだった。

総スカン食らった感じだと思います。

一体なんなんでしょうね。

 
 
なんとなく感じた気持ち悪さ。
 

それは、なんとなく僕にも心当たりがあるからだと思います。
 

 
なんかまるで僕らはSNSの中だけで生きてるみたいですよね。

 
SNSのなかでだけ盛り上がって、現実世界ではそうでもない。

なんだか映画とかドラマ見てるみたいで、リアリティが無い。

存在だけあって、実態がない感じ。

感情がない感じ。 

三宅洋平さんを応援してた人の中にはシェアもしたし、いいねもしたし、コメントもしたけど、実際には動かなかったって人もある程度いたんでしょうね。

「マジうける(笑)」とツイッターとかに無表情で投稿してる人みたいに心と体とネットがバラバラな感じで。

もちろん本気で応援した人たちからしたらふざけんなって思うんでしょうが、そういう人が案外いたんじゃないのかなー・・・。
 
 

僕もこうして今まさにそのSNSを使ってこの記事を発信してるわけなんですが・・・なんだか少し変な気持ちになりました。
 
はたして僕は本当にこのままでいいのかなーって。

 
と言いつつも、僕はこのブログを辞めるつもりもないし、これからもいろんなことを書いていくつもりです。

今日もブログを見た方がわざわざ香川県から髪を切りに来てくれました。

一昨日は広島からその前は富山から。

あとは千葉とか横浜とかいろいろ。

SNSなんてものがなけりゃそうやって、遠くから足を運んでくれる人との出会いはなかったでしょう。

そもそもこうやって多くの人が読んでくれるようになったり、僕の存在を知ってくれたのもSNSがあったからこそと思ってます。

だから本当にSNSという存在に感謝はしています。

 
だけど、なんか心配ってちょっと思ってます。

昨日から。
 

僕もSNSではアクティブで、現実世界では死んだ魚の目みたいになってないだろうか?とか。
 
 
前から気をつけるようにはしているが、人と話してる時にスマホいじってないだろうか?とか。

 
なんかながらスマホってムカつきませんか?

普通なんですか?

歩きながらじゃなくて、話しながら。

日本帰ってきてもう半年過ぎましたけど、いまだに人と話してるのにインスタグラムみて友達の投稿に一生懸命LIKEしてる奴とかぶっ叩きたくなりますもんね。

もちろん何も言いませんけどね。

なんで会ってるんだろう?とかふつうに思います。
 

人のフリ見て〜じゃないですけど、僕も人といるときはメッセージの返信とか必要なこと以外はしないように気をつけてます。

なんか海外かぶれだとか言われそうだけど、日本に来てすごく感じたことの1つがその話しながらスマホの多さでした。

もちろん海外で出会った若者もおんなじ様なことしてる人もなかにはいましたけど、体感ではそんなにいませんでした。

 
若者とか、若者じゃないとか関係なく、なんか日本では現実で目の前にいる友達や家族や恋人よりSNSの中の誰かとの曖昧な繋がりのほうが大切なんですかね。
  
なんか・・・すごく狭い世界。
 
まわりを見るとこんなにもいろんな人がいて、みんないろんな事を考えてて、みんないろんな事をしてる。

SNSで好きな人とだけ過ごし、それを優先するのって、ものすごく狭い世界なのかもしれない。

 
話のネタが選挙だろうが、なんだろうが盛り上げるだけ盛り上げて、いざとなったら誰も動き出さない。

本気で動いてた人は肩透かしをくらう。

いいねいいねと言ってたのにそこに感情はなかった。

無表情で、文字をタイプし、文末には(笑)、♡、☺、(TдT)

 
一体なんなんでしょうね。
  

僕には選挙の候補者とか大それたこと全然できないけど、日本が変わればいいな〜とか美容業界が変わればいいな〜と思ってるとか、なんやかんや言うけど結局のところ僕も狭いネット上で騒いでるだけなのかなーなんて。

 
なんとなくそんな世界で生きてる自分が怖くなったし、もっと視野を広くしなきゃと思いました。
 

まあそんなこと言いながらまたこの記事書いて発信してんだから全く救いようが無いですけどね。
 

それに僕はSNSはやめないし、これからもこの旅人美容師のブログを通して多くの人に自分やいろんなことを知ってもらいたいし、多くの人と出会っていきたいと思っています。

だから会いたいと思った人とか、タイミングが会えばこちらから会いに行ったりもしたいと思ってます。

また書きますが、来月7日8日は大阪に行きますし。

そして実際に来てくれたお客さん、わざわざお店まで遊びに来てくれた人、仲良くなった人、そういう人たちを大切にしていきたいと思います。

なんかそういうところが見えなくなったらもう僕も終わりだなって思いました。
  

そうやって人との出会いや、繋がりというものを意識して生きるようになったのも旅にでたからだった。

 
日本に帰ってきてそんな事をぼんやりと忘れかけてた自分が情けない。
 
僕は多分根っからの旅人なんだろうなぁ。

 
また明日からいろんな人に出会えますように。

みんな遠くからUp to Youまで来てくれて本当にありがとうございます。

僕はがんばります。

 

  

・・・ひとりごとでした。