[チリ]旅人が外国の大学で日本語教師に!?サンティアゴで日本の合コン文化を説明。




こんにちは。

今日は学生時代ろくに勉強もできなかった僕が大学で先生をやってしまったという話です。

4月頭のことです。

そろそろ汚い金髪に飽きてきた僕はついに髪を染めることに。

街で見つけた美容室専用のものを売ってる店でカラーの薬を購入。

カラーチャートを見ながら青と紫を買いました。

そう、シルバーぽいアッシュ系にしてやろうという魂胆です。

image

青やんけ

店員さんにテキトーなことを言われたのか何なのか、とにかく濃いいい薬をかわされてしまったようです。

ま、すぐ拔けるだろどうせとこのまま行くことにしました。

まるでヴィジュアル系です。

この日もゆうまさんと一緒に大学に向かいました。

『明日も来てよ!』

こんな感じで切ってほしいという人が何人かいたのです。

ついて早速一人目。

716人目

おとこのこ。

image

一人切ったところで、見るからに日本人ぽい人が話しかけてきました。

その方は日系チリ人で日本語教師として大学で働いてる方でした。

『突然すいません。もし良かったらなのですが...今日の午後の授業に講師としてでていただけませんか?』

『え、講師ですか?何を教えるんですか?』

『今日は日本の居酒屋文化についてやろうと思ってます。なのでもし良かったら生徒の前で飲み会のコールだったり、合コンのことについてやっていただきたくて...』

『ご、合コンっすか(笑)いいですよ!もちろん!』

という事でなんと先生になることに(笑)

いや、でも楽しそう(笑)

午後2時。

仲良くなった日本語話せるチリ人のセバとゆうまさんとともに教室へと向かう。

image

生徒たちは20人ほどだった。

中には昨日髪を切った子たちも。

どんな感じで授業って始まるんだろう?って生まれて初めての大学の講義なのでドキドキしていたところ先生がやってきて口を開いた。

『起立!』

えwww

『礼』

image

まさかの日本式だった。

すごい。

そして授業が始まった。

image

序盤は先生がスペイン語で話しながら日本の居酒屋文化にまつわるストーリーや単語を教えていく。

生徒たちも真剣にノートをとっていた。

image

しばらくすると今度はビデオが始まる。

どうやら外国人向け教材のビデオらしい。

字幕などもなくすべて日本語だった。

これがとにかくひどいんですねー。

そんな文化ねーよ、変なこと教えんなって心の中でツッコミっぱなしでした(笑)

どうやらギャグ路線で作られたもののようで見てて笑いが止まりませんでした。

例えば...

今日飲に行こう!と誘いたい場合はおちょこを持つふりをしつつ『ど?』と言う。

応える場合は『お?』と言う。

みたいなやつとか

image

土下座の角度とか

image

はしの持ち方とか(中央にあるフェニックスに注目ww)

image

飲み会ではお調子者が頭に海老をのせて海老踊りをして場を盛り上げるとか。

image

終始そんな文化ねーわ!wwwって感じでした。

中でもツボったのがこの質問。

『さて、この中で今でも実在する人はだれでしょう?』

1、空手マスター 2、やくざ 3、将軍 4、忍者 5、サムライ

シンキングタイムがあり、学生も真面目に考えてるようだった。

そして答えは...

『正解は全員います!!』

...嘘つけ!www

雑すぎてほんとツボでした(笑)

そしてビデオ終了後に今度は僕とゆうまさんが前に出て、合コンと一気飲みのコールについて説明、それから実際にやってみせた。

茶番もいいとこでしたが、結構学生たちにはウケていたので成功だったでしょう(笑)

先生らしいこと特にしてない^^;

でもほんと貴重な時間でした。

image

そしてまたカットしていた場所に戻りつづきを...。

717人目

彼はロン毛でしたがバッサリと行きました。

image image

ゆうまさんも、チョキチョキやっています。

image

流石に大学生ということもあり、ノリノリでやってくる。

次から次へと。

718人目

image image

719人目

image

なんかゆうまさんはむっちゃカワイイ女の子カットしてた。

image

720人目

そろそろ疲れてきた...(笑)

image

721人目

ずっと待っててくれた女の子たち二人組。

image

一人は顔出しNGといっていたのでこんな写真しかないが...

722人目

image

最後結局一緒に撮ることに(笑)

可愛はい子たちでした。

image

この日はこれでおしまいです。

夕方日没前に引き上げました。

日本語の先生という珍しいことをさせていただいて...

僕は嬉しかった。

なぜかというとチリの学生たちが一生懸命僕の母国語を学んでくれていたからだった。

アニメが好きな人、漫画が好きな人、日本が好きな人、日本語が話せる人いろんな人にあってきた。

それももちろん嬉しかったりするんだ。

でも、実際に外国人が日本語を学んでるところというのは初めて見て、なんかすごく嬉しかった。

遠い異国の文化に興味を持ってくれて、言語を学ぶ。

なかなかできることじゃない。

日本ってすげー国だ。

改めてそんな気付きもあった一日でした。

...続く。

★カットした人★(ブログ上で) 722人