一生懸命バカな事をしよう!インスタグラムの活用方法について真面目に考えてみた話。 




どうも馬鹿です。

「やーいバーカバーカ。」

と言われたらむかつきますか?

…むかつきますよね。

今日はインスタグラムとバカな話を。

ふざけてないですよ。

いつも読んでくれてありがとうございます。

あ、そういえば昔、バカな皆様へとかってタイトルつけて記事をアップしたらハデに炎上したっけなぁ…(笑)

関連記事→炎の美容師が語る、炎上したときの対処法。

ところで…

 

✱インスタグラムやってますか?

 

これですね。

今国内ユーザーがどんどん増えて1200万人もやってるそうなんですね。

かつてはインスタグラマーっぽかった僕も、実は最近はパッタリと更新をやめてしまっていました。

それもですね…ネタがなかったんですよね。

旅してる時はこんなのとか適当に上げてたわけですよ。

カットしてる写真を楽しみに待っててくれるファンが世界中に結構いたんですよね。

NYの街中で話しかけられたり、カットしてるところをわざわざ遠くから見に来てくれるなんていうフォロワーもいましたからね。

どんどんフォロワーも増えていったんですが、日本に帰国してからというもの何をアップしたらいいかわからなくなったんですよ。

お店の写真上げてもなんか面白くないし、髪型の写真上げてもなんか反応ないし。

昔の写真上げるのもなんかなぁって感じで。

う〜んどうしたもんかね…と思ってるうちに放ったらかすようになり、気づいたら500人くらいフォロワーが消え去っていました。

先日、フジサワくんとセミナーを行った際にインスタグラムの話になりました。

それをきっかけに何かやろう…と考え直すことにしたんです。

それで昨日一日考えていたんですけど、やっぱり僕の人生の宝物を撮ろうってことになりました。

それは【人とハサミ】です。

出会ってくれた様々な人、それから様々な人を出会わせてくれたハサミ。

これがイコール僕の人生で、これしかないなって。

なので人とハサミを撮りまくることに決めました。

 

✱1000人ショットプロジェクト!!

 

  1. 出会った人に世界を旅したハサミを持ってもらう
  2. スマホで撮影
  3. 撮られた人に夢を聞く
  4. それらを1000人分インスタグラムにアップする
  5. 以上でござる。

    (こんな感じで)

    1000人ショットが終わるまで何日かかるかな!?

    じぇんじぇんわかりません!

    とりあえず1/1000は奈良が産んだ高円寺のアイドル、ナオミ・キャンベルです。

    ってかですね、こんなことしても多分なんの意味もないんですよ。

    インスタグラムをなんかに活用しようってこと自体違うのかもしれない。

    だけど、どうせ時間を使うなら、どうせ労力を使うなら、意義があるものにしたいとおもいますよね。

    なんか思うんですよ。

    例えば今日缶ジュースを1本買って飲んだとしますよね。

    その空き缶を棚に飾る。

    2日目はまた違うジュースを買って、棚に飾る。

    3日目も、4日目も。

    正直そんなのただのゴミじゃないですか。

    でもそれを1年つづけたら…2年続けたら…

    多分テレビの取材が来ますよね(笑)

    路上で人の髪を切ることなんて、たいしたことないし、それだけでは特に大きな意味はないことかもしれない。

    でも150人くらい切ったらインスタグラムの会社に取り上げてもらい、1000人切ったらテレビの取材と本の出版の話が来て、1300人切ったら自分の人生が変わりました。

    どんな馬鹿なことでも一生懸命やり続ければ、いつかそれは形になる。

    むしろ、誰もやらないような馬鹿なことだからこそ、いつかそれは大きな意味を持つものになるのかもしれない。

    誰もやってないことをやるからこそおもしろい。


    【1000人ショット プロジェクト】

    会った人に世界を旅したハサミを持たせて写真を撮るなんて、なんの意味もないしバカバカしいしくだらないけど、でもやってやろうと思います。

    覚えててください。

    絶対なんか面白いことになると思います。(笑)

    お客さんでも希望者はアップさせていただきます。

    ハサミもバッグにしまって持ち歩く予定です。

    夢がある皆さん!

    ぜひみなさんもプロジェクトに参加してくださいねー。

    撮られたい方はぜひ高円寺まで…!

    応援フォローもよろしくお願いします!→インスタグラム!!

もう一度いいます。

フォローもよろしくお願いします!!(笑)→インスタグラム!!

【ご予約、取材、講演会のご依頼はこちら】