日本人とアルゼンチン人カップルとの出会い。ブエノスアイレスの天使とお姉さん。




こんにちは。

旅日記、5月20日のこと。

前回の記事はこちらチリからアルゼンチンへバス30時間大移動作戦

 
 
バスでの長旅を終え、朝首都であるブエノスアイレスに到着した。

バスターミナルを降りると何とも言えないカオスな雰囲気が漂っていて、噂通りちょっと危険な香りがする。

僕は警戒していた。

貴重品が入ったバッグの口のところを握りしめ、中心部に向かった。

 
なるほど。

 
ブエノスアイレスは都会だった。

これまでの南米の都市とは比べ物にならないほど都会で綺麗だった。

まるでヨーロッパのどこかの都市のよう。

 
宿を予約してなかった僕はそこらへんで聞き込み調査を始めたんだけども、なかなか良い所が見つからず、余裕で2時間ほど歩き回ったっけ。

準備不足です。

ほんとダメな旅人。

 
結局諦めてマックに入りwifiをつなげ宿の予約を。(最初からやっとけ)

 

中心部からそれほど離れていないけどなかなか値段は安かった。

 
宿について一息ついたところでメッセージボックスを開くと、ある方から連絡が来ていた。

「髪切ってくれませんか?」

 
早速アルゼンチンでもリクエストがやって来ました。

 
よし。
 

結局宿でもあまり休まず、すぐに指定された場所へと向かってみた。

image

にゃーん。

 
猫です。

そこには猫様がいました。

image

どこの国に行っても猫様は本当にかわいい。

image

なでなでしたらフーッ!とか言ってさ。

 
おじゃましたのはとんちゃんのお宅。

実際その方を前にしたらとんちゃんとかナメたことは言わないのですが、ブログだからいっか・・・と。(笑)

すません。

今後ブエノスアイレスでやたらお世話になる重要なお姉様です。

 

部屋には素敵な電気が。

image
(これほしい)

 

アルゼンチン一人目はとんちゃんのお友達。
 

912人目

image

キッチンの前でカット。
 
 

そして913人目

とんちゃん

image

 

カット後はワインが出てきた。

すごいな!

やっぱりアルゼンチンって感じ。

なんでも1000円もだせば超いいワインが手に入るそうだ。

1番安いのなんか200円くらいのもある。

ワイン好きにはアルゼンチンはぜひおすすめしたい。
 
安くてうまいのだから文句のつけようがないといえる。

飛行機代払っても死ぬまでに一度は行くべきかもしれない。

image

そして、ステーキ。

 

image

あれ、昨日のランチと全く同じ組み合わせだ(笑)

だが、僕は肉食系飲んだくれ男子なのでぜんぜん気にしない。

むしろサイコー。

 
ちなみにビールと焼き鳥の組み合わせが一番好き。

世界が終わる日には、愛する人とビールと焼き鳥で乾杯したいと思ってる。

のまのまイェイである。

だから草食系ノンアル女子とは僕は結婚できない運命だと思うんですよ。

わかりやすく言うと、ベジタリアンでお酒飲めない人とはうまくいかないんじゃないかと。
 

てか、そんな僕の好みとか公表してもどうでもよすぎるのでこの辺でやめとこ。

 

とんちゃんちには、天使がいた。

ミカちゃんである。

image

ブエノスアイレス滞在中、この子に本当に癒やされ続けた。

旅で疲れた心を癒やす天使と肉とワイン。

なんという幸福。

 
ちなみに、とんちゃんはもともとバックパッカーだそう。

スウェーデン?だかどっかで旦那様のホアン君に出会い、アルゼンチンにやってきたそうだ。

ホアン君も旅が好きなんだって。

 
 
現在ウェブ関係の仕事をしてるホアン君はパソコンがあればどこでも仕事ができるらしい。

なのでこれを書いてる今現在はヨーロッパ?を絶賛旅行中なんだとか。

すごくうらやましい。

 
僕も嫁とどっかの国にフラッと行くのが夢だったりするので、本当にうらやましい。

オフィスとかなくても、自分の技術やツールで生きてくことができるっていいですね。 

新しい生き方だけど、今後もっともっとそういう人は増えていくだろう。

 
とんちゃんのブログでもそういった生活の様子が書かれてるので、ぜひ旅やアルゼンチン、ノマドライフに興味ある方は覗いてみてください↓↓

子連れノマドの地球さんぽ

 
では、また。
 

 

『世界一周ヘアカット写真集』をフェイスブックページにて公開しています。

→→ 世界一周ヘアカット写真集☆

 

★カットした人★(ブログ上で)

913人  60ヶ国

【現在地】シンガポール

【リアルタイム】1273haircuts

【ご予約、取材、講演会のご依頼はこちら】