チリの美容室で髪切ったらもみあげがトゲトゲしくなった件・・・




こんにちは。

がんばって書きます。

たびにっき続きです。

前回の→とあるチリの美容師との出会い。

 
またいつものようにプラザイタリアに向かった。

宿で椅子を借り、看板とバッグを持ち乗りなれた地下鉄に乗る。

レフブリカ駅から5駅先のバケダノ駅で降りてすぐの場所にある。

まるで家と職場の往復のような淡々とした時間だった。
 

いつものようにその場所でお菓子や水を売ってるオヤジと、ピーナッツを売ってるオヤジに挨拶をして準備を始める。

 

776人目

シンガポール人の女の子。

インスタグラムで連絡くれて、わざわざきてくれた。

image

『あたしがあなたのアカウントを見つけた数日前にシンガポールからマレーシアにもう行ってしまってたからここで会えて感激!』

って。

嬉しいです。

なんか切ってるとカメラマンがやってきた。

image

どうやら新聞社らしくパシャパシャとって去っていった。

後日記者から連絡させますだって。

 
完成。

image

 

777人目

この頃は毎日毎日たくさんの人々が来てくれた。

待つ人も、並ぶ人も・・・。

image

 

778人目

学生の男の子。

image

 

779人目

おっちゃんをファンキーモンキーベイビーに。

image

780人目

女の子

image

重たかったのをちょっとすっきり目に。

image

 
カットした後に、約束していた場所へと向かった。

昨夜カットした美容師の女の子に僕の髪を切ってもらうためだ。

住所の通りに行くと、サンティアゴの中ではオフィスがあったり、高いレストランがある場所についた。

東京でいうところの西新宿とかそんな感じかな。

ちがうか。

 
『へーこんなところにある美容室ってどんな感じなんだろうか』

そんなことを考えながら歩いていると、変なビルに到着した。

変なとか言ってしまうと失礼なんだけど、本当にちょっと変だった。

4階建てか5階建てのビルは真ん中が吹き抜けのようになっていて、全体の作りが螺旋階段のようになっている。

わかるかな・・・(笑)

そこに並ぶ店がなんか独特。

まずほぼ美容室と床屋。

このビルの清掃の人は大変そうだわほんと。

どんだけ髪の毛が捨てられることか。

なんか、こんな感じです。
 

1階→美容室、美容室、床屋、おもちゃ屋、美容室

2階→美容室、床屋、おもちゃ屋、美容用品店、美容室

3階おもちゃ屋、おもちゃ屋、美容室、床屋床屋

みたいなね。

おもちゃ屋ね。

 
その4階に彼女の店はあった。

image
 

年齢を聞いてみるとなんと同い年だそうで。

すごいなぁ。

店内にはタトゥーで使うベッドもあり、なんだか不思議な作り。

さらになんかよくわからん置物が。

image

店内はこんな感じ。

image image image

大仏的なあれもいる。

『Oh!! ビリケンさん!』

とか言ってしまったんだけど、よく見たらビリケンさんじゃなかったという。

下のおもちゃ屋さんでかったのかしら。

ビリケンさんについて知らない方はこちら→公式ホームページ

テーブルとの色合いが絶妙です。

image

 
彼女に聞いたところ、通常メンズは5000ペソでカットしているんだとか。

つまり1000円くらいだね。

チリだとちょい安いくらいかな。

 
さて、早速カットしていただくことに。
 

【Before】

 

*正面

image

 

*後ろ

image

 

*横

image
 

*横

image

 
特徴→全体的にもさい。

2月末にモロッコのイケイケ美容師に『グッド?』とか言われながらカットしたぶりなので、約1ヶ月半ってところかな。

その時、襟足を激烈パッツンにされたため、慣れるまでの数日間はなんか気持ち悪かったんだ。

なんていうか、おはぎは大丈夫なのに、白ご飯にあんこのせて食べると気持ち悪いみたいな感じかな。

しらんけど。w

ちなみにせっかく切ってもらったので、直さずそのままにしてた。
 

今回は彼女の腕を信じて襟足がパッツンヽ(゚∀゚)ノ にならないことを祈るばかり。

 
彼女『どんな感じがいいの?』

僕『全体的にちょっと短くしたいけど、ベリーショートはいや!あとできたらアシンメトリーがいいな〜。後は任せるから好きにして』

 
そう一言いって、カットが始まった。
 

 
チョキチョキ・・・

image

うーんこの電球がまぶしい(´・ω・`)

 
チョキチョキ・・・
 

そしてジョリジョリと横も刈り上げられていく。

image

写真がうまく撮れません。

彼女はちょっとおもしろいカットの仕方をしていた。

まず、セニング(すきバサミ)を使い、根本からボリュームを落としていく。

そしてその後チョキチョキと毛先を短くしていった。

image

 

ある程度切り終わったところでドライヤーでブイィィィイーーーーーーンwwwと乾かしていく。

ww←これの意味は特にない。

image

しかし本当まともな写真があまりないのが悔やまれる・・・。

 
最後はオイルでスタイリングして完成。

ちなみに僕の髪はドストレートのため、オイルだけだとツルッとするだけで動きが出ない。

けどそこは黙って彼女に任せる。

image

そして・・・完成!!

 

【After】

まずは右側。

刈り上げが、もともとの幅より1.5倍ほど広さアップしたため、かなりロックな感じになった。

image

 

結構上まで行ってしまわれてる。

image

そして後ろ。

パッツン気味なのは否めない。

モロッコの悲劇再びとまでは言わないが、この違和感はどこから来るんだろうか。

image

 

そして・・・

もみあげが。

 

も、もみあげが・・・

image

もっみーがトゲトゲしい感じに!

 

ジェルで固めたら豆腐くらいはぶっ刺せそうなほど鋭利な感じに仕上がりました。

パンク・ロックの人の肩とか腕につけてるアレみたいな感じかな。

そういうことか。

ロックっぽい表現ということか。

レベルが高い。

 

ただ・・・こうならなくてよかった。

image
(店内にあったよくわからない絵)

 

彼女にお礼をいい、店を後にした。
 
想像してたお店とはなんか違ったが、これはこれで楽しかったように思う。

たぶん。

ありがとうごさいました。
  

・・・帰り道はなんだか頭も心もスースースースーしていた。

  

★カットした人★(ブログ上で)

780人

☆カットした人 60ヶ国☆

日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、ロシア、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フランス、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、スロバキア、オーストリア、チェコ、キプロス、ギリシャ、ポーランド、ベルギー、ルーマニア、イタリア、トルコ、パレスチナ、イスラエル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー、パラグアイ、チリ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニューカレドニア、オーストラリア、キューバ

★世界一周ルート 38ヶ国目 ★

日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→キプロス→スペイン→ポルトガル→スペイン→モロッコ→スペイン→ボリビア→ペルー→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→キューバ→メキシコ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→カナダ→?

【現在地】カナダ、モントリオール

【リアルタイム】1090haircuts