フィリピンセブ島のディナークルーズは一度は体験して損はない。セレブな夜の旅。




8月のことですが…フィリピンセブに行ってまいりました。

セブ島といえば日本人の皆さんがイメージするのは“リゾート地”や“セレブな体験ができる”などではないでしょうか?

セブ島はフィリピンの中部にあるビサヤ諸島の一部で、周りには数々の島が存在します。空港のあるマクタン島には巨大ショッピングモールやリゾートホテルが多く存在する為、一般的に“セブリゾート”と言うとマクタン島をさすことになります。

海外からの移住者も多くフィリピン料理はもちろん、様々な国の料理を食べることができます。

また、韓国人の旅行者が多い為セブ島では韓国語をよく目にする為少し不思議な気分を味わえます。

セブ島は僕自身今回が2回目。

僕は今まで海外40カ国以上まわってきましたが、あまりリゾート地には興味がなくリゾート地に行っても近くでローカルな過ごし方をしてきました。

根っからの貧乏人気質で…。

今回仕事の関係でセブに行くことになったのですが、せっかく日本より物価の安い国に行くので日本ではあまりできない体験をしてみようかな?と思い、ディナークルーズなるものに参加してみることにしたのです。

(日本では大食いの嫁が食べまくり飲みまくりだから高いところはなかなかいけませんw)

セブ島在住の友達に早速オススメのツアーを聞いてみました。。

世界各地でアクティビティを展開するKKDay

オススメされたのはKKdayと言う世界中でアクティビティをツアーで開催している会社。

セブ島だけでも

    • 【ジンベイザメに出会う】オスロブ・スミロン島 1日プライベートツアー
    • パラセーリング、ジェットスキー、バナナボート体験ツアー
    • カオハガン島・ナルスアン島・オランゴ島のアイランドホッピングツアー
    • フィリピンご当地グルメ半日ツアー:ホットチョコ+ブードル・アート

などなど数多くのプランが掲載されています。

すごいですね。

現地ツアーは英語が話せないから心配…と言う方も日本語対応プログラムには日本語OKと記載されているので安心です。

そしてこのKKdayのディナークルーズを申し込むことに。

『キャンベルお酒めっちゃ飲むでしょ?』と、嫁のことを知っている友達が教えてくれたツアーはフィリピンでは珍しいアルコール飲み放題のついたプラン。

まさしく僕たちにはぴったりのプランです。

もちろんツアーは日本にいる間に予約することが出来ます。

コースの説明はこんな感じでした。

セブ島・サンセット・ディナークルーズ(2時間)

クルーズ船上でのディナー ドリンク飲み放題(ビール、ワイン、ソフトドリンク)

スナック

保険(65歳以下の方)*65歳以上の方は、ご自身で保険にご加入いただくことをおすすめいたします。

フレンドリーな船員によるサービス

ホテルまでの送迎

この内容で一人8320円。

日本だったら往復のタクシー代で終わってしまいそうな金額ですし、日本のクルーズだと何倍もするのでしょうね…。

送迎なしの場合は一人6412円で申し込むことが出来ます。

一部ホテルには送迎バスが巡回しているので、送迎なしのプランでも大丈夫そうですね。

飲み放題アリのディナークルーズに実際行ってみた

そして当日15時ごろに宿泊しているゲストハウスに迎えの車がきてくれます。

ロビーで待つこと数分…海外では珍しく15時ぴったりにお迎えの車が到着してビビりました。

セブ島ディナークルーズ セブ島ディナークルーズ送迎

乗り心地の良い車でセブ島を駆け抜けます。

『VIPになった気分だなー』と思ったのも束の間。ゲストハウスから埠頭まで車でほんの10分ほどで思っていたよりも早くつきました。

せっかくのクルーズなんですが、天気は怪しい感じ。

クルーズ船が出発するのはラプラプのヨット乗り場でした。

他の会社の船や個人の持ち物らしき船も並んでいます。

クルーズは17時からですがだいぶ早くついた為結局待合所をでて近くのモールに散歩に行くことに。

二日酔いの僕たちは今から飲み放題だと言うのになぜかバナナシェイクを購入。

そして散歩。

いろんな国に来て感じたことや、今後のことについて散歩しながら話すのが旅中の習慣みたいにいつしかなっていました。

二日酔いがましになった頃、再び待合所へ。さっきとは違い送迎で集まった参加者がたくさんいました。中国人、韓国人、日本人が多いツアーのようです。

そして17時前、いざ船へ。

特に座席などは決まってなくて早い者勝ちって感じでした。

席はソファ席や、ビーズクッションのようなリラックスできる席、テーブル席など様々な形があります。

僕たちはソファ席へ。

席につくと早速店員さんが飲み物を聞いてくれます。

飲み物の種類はビール・ワイン・ソフトドリンク

ビールはサンミゲルライト。アジア人が一番飲みやすい軽めのビールがチョイスされているのがなかなか良いポイント。

僕もアジア人ですが、濃いめのレッドホース方が好きです(笑)

怪しかった雲行きも船が出発すると少し晴れ間も見えましたが残念ながらこの日はとびきりキレイな夕焼けを見ることが出来ませんでした。

天気がいいとこんな感じ↓でサンセットの中クルーズすることが出来ます。

ビールをキャンベルが軽く3本ほど飲み終えた頃待望のディナータイムです。

ディナーのBBQは船上で焼いたものが出て来ます。

サラダ・ライス・チキン・エビ・デザートのマンゴーなどバランスよくワンプレートで出て来るので、持って席を移動してる方などもいました。

待望のチキンとビールで満足そうなミラクルスーパー大食いのキャンベル。

お代わりとか言い出したらどうしようかと思いました。

陽が暮れると今度はキレイな夜景を堪能することが出来ます。

約2時間のクルーズも気づけば午後19時。

あまりにワインをおかわりしまくるので、その頃には「もう勝手に飲んでや」みたいな感じでテーブルにワインボトル置かれてました(笑)

終わり間際まで飲みまくり、船が出るときは若干二日酔いだった僕らは結局しっかりとディナークルーズを堪能してしまいました。

そして次の日も二日酔いになると…。

でも本当に楽しいひとときを過ごせました。

ディナークルーズに参加した感想

最初にも書きましたが、僕自身はあんまりこういうリッチなセレブチックな旅をしたことがありませんでした。

理由としては貧乏人気質が抜けないことと、ドローカルなもので満足してしまえるからですね。

ですが、こういった事を経験するのもまた大切だなと思いました。

時間にルーズなフィリピンでもキレイな服装のお兄さんがピッタリの時間に来てくれる。

サービスってこういうことだよなぁと思いました。

行ってよかったです。

今回ツアーを申し込んだセブ島のディナークルーズはこちらから詳細が見れるのでセブに行く予定がある方は参加してみてもいいかもですね。

他の国のツアーなどはKKdayホームページから見ることかできます。

また海外に行ったら1カ国1回くらい参加したいなーと思います。

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼