世界中の路上でカットしてきたが、日本の路上でやる勇気は僕にはない。




国内・海外旅行ネタ

こんにちは。

 
聞いてくださいよ。

 
昨日まあまあ衝撃的な出来事があってね。

3つくらい。

そのうちの1つを書こうと思う。

 
仕事が終わり、遊びに来てくれた友達と中華料理屋で軽く飲んでいたんだ。

まあまあ面白い出来事がそこでもあったんだけど、そのことはまた次回に。

 
みんな家が近いので、電車には乗らず、高円寺南口の商店街の方へと向かった。

 
すると、遠くに人だかりが見える。

 
「あ…」
 

遠目だったが、見た瞬間わかってしまった。

 
路上で髪を切っているということを。

 
近寄ってみると、やっぱり。

image

 

マジか。

 
日本だろここwwww
 

すげえwww

image

普通に人だかりできてて、なんか酔っぱらいが多かった。

まあ夜だしね。
 

image

 
 

僕は「写真撮っていいですか?」と一言断って撮らせてもらった。

 
その美容師さんよりも周りの野次馬が「いいよいいよ、撮って!」みたいな。

image

 
とりあえず、数枚撮らせてもらった。

切られてる人も酔っ払ってるのかテンションまあまあ高い。

 

image

image

  

ひねくれた性格というかなんなのか、僕は基本的に自己紹介はそんなに自分からしない。

俺が!俺が!というアピール激しい人種があまり好きではないので、自分でもしないように気をつけているんだ。

例えば目上の方と会った時とか、言わなきゃいけない場面ではもちろん自己紹介を自分から先にするし、聞かれたらもちろん答える。

だが、必要ないと思ったらしない。
 

 
美容師さんだからもしかしたらもしかしたらもしかしたら僕のブログを1回くらい見たことがあるかもしれないと思ったからなおさら。

「俺は世界中でおんなじ事やってましたよー」

とか言うのってなんかダサいなあって。 

 
だから何?っていう風に僕なら思ってしまうし。

というわけで黙ってた。  
 

 
話してみると、荻窪の美容師さんで、今日初めて路上でやってみたそうだ。

そしたら人が集まってきてすごかったらしい。
 
 

いやーしかし、すごいなあ。

 
 
僕にはできんw

バレなきゃ平気とはいえ、普通に警察に見つかったら怒られそうな気がするけど、Freeってことならいいのだろうか?

あとはその土地の所有者とか。

結構そういうのうるさそうだし。

 
 
なんか、旅人美容師とかいうワードを作った2010年頃は、ネット上を探してみてもそういうたぐいの人はいなかったんだ。

旅人だけど美容師。

そんなストレートな意味でつけた。

そして勝手にウェブ上で(ブログとかSNS)名乗り始めた。

 
横浜の肉まんとかはよくわからないけど、こればっかりは元祖だという自信はある。

 
そんでなんかそのままの流れで世界一周しながら髪を切ってた。

 

それが2016年現在、なんだか変わってきた気がするんだ。

旅人美容師=路上カットする人

みたいになってるというか。

 
なんだか最近ネットとかSNSを見てると、旅人美容師と名乗り僕みたいに海外で髪切ったり、日本旅して髪切ったりしてる人をみるようになったんだ。

 
なんかそういう時代なのかなw

そりゃないか。

でも間違いなく増えたと思う。
 
 
 
僕が知ってる限りでは、僕が行くより前に世界一周してカットしてた美容師は何人かいるので、前はただ少なかっただけなのかも。

もしくはネットで配信をしてなかったとか。
 

ちなみに路上で髪を切るという美容師は、世界中にいる。

アジアとか特に多い。

 

 

確かに旅をしていて髪を切って…というのは楽しかった。
 

今そうされてる方たちもいろんな出会いや経験を得ているんだろう。

 
なんかいいなーなんていう懐かしい感じもするし、正直またやりたいなんて思ったりもする。

だが、僕自身はもう海外の路上で髪を切ることはないだろう。

もちろん日本国内を旅することがあっても、それはないだろう。
 

やりきったからね。

 
 
自分の中ではもう古いこと。

高校卒業した人が、懐かしいからってもどって勉強しないのと同じ。 

 

だけど、路上に転がってる最高の出会いはいいなあってやっぱ思う。

本当に。

 
また数年したら、なんか新しいアイデアを引っさげて路上に出ようかな。

 
なんてちょっとだけ真面目に思った夜だった。

 

image