高円寺で熊本震災のチャリティカットやりますので協力お待ちしてます。・・・その理由と想いを今回は書きます。




 
こんにちは。

今日はお知らせです。 

3日、4日ほど前に『チャリティカットやります!売上全額寄付します!』みたいなブログを見ました。

福岡県の美容師さんのものでした。

 
『すごいなー』

と思いましたが、よく考えたら僕も自分の店でできるので、完全に便乗という形になりますが、やることにしました。

 
そのお知らせです。
 
 

 ゴールデンウィーク

5月3日、4日の2日間限定です。

場所は高円寺北口徒歩2分のHair studio Up to You (杉並区高円寺北2-19-11)



 

その2日間に来店してくれた方々から頂いたお金(売上)の半分を寄付することにしました。
 

 

当初特別価格を設定してその全額を・・・と思っていましたが、様々な方から意見を頂いて、価格は通常通りになりますが、どのメニューでも、その半額を寄付することにしました。
 

送り先は2ヶ所です。

3日分→Yahoo

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金
 

4日分→熊本市

 熊本城災害復興支援金について

 
 

もちろん手数料は僕負担にしますし、売上バレますが気にせず証拠写真をすぐにアップします。

 

このチャリティカットに参加してくれる方のデメリットはありません。

でもメリットが多いわけでもないです。

ただ1番大きなメリットは募金する側に負担がないということなのかなって。
 

通常の募金と違い、プラスαのお金を払う必要はありません。

当日僕の店にきて、カットやカラーの通常の料金をお支払いしてもらえたらオッケーなのです。

つまり、綺麗になって募金ができて、損も特にないということです。
 
 
ということで、ぜひ何かしたいけど何したらいいかわからない!みたいな方や、募金を考えてる方がいましたらご協力いただけないかな・・・と。

 

正直、募金なんて・・・って考えちゃうと思います。

送ったはいいけど、どこで誰に何使われるの?とか疑問に思うかもしれません。

僕もぶっちゃけよくわかりません。
 

それでも、何かしたいからってコンビニやネットとかで募金してくれた人もたくさんいるんだと思います。

お金じゃなくても、支援物資を送ったりした人もいるのかもしれません。
 
お金の行く末はたしかにはわからないけど、そのお金でどこかの誰かが助かるのなら、壊れたものが治るなら、それでいいのかなって思うんです。
 

 
ちなみに僕はまだ募金もなにもしていません。

正直に言います。

年末に世界一周から帰国して、その時はお金なかったけど1月2月3月と働きまくって、なんとかかんとか今月美容室をオープンさせることができました。

だけど借り入れせずに自分のお金だけで初期投資をしたので、今お金に全く余裕がないんです。

それなのに同時に結婚も引っ越しもしました。

それなのに3ヶ月休まずがんばったからって、息抜きに4月末に2泊3日で韓国に行く飛行機もとってしまいました。
 

 

いろんな事がギリギリの中で起きた震災に対して、僕は募金も何もすることができませんでした。
 
というか今もできません。

ただ自分が生きるために働きまくるしかない状況です。

 
 

そんな状況で、正直コイツ頭おかしいと思われるかもしれませんが、先週僕は熊本行きの飛行機を予約しました。

キャンベルに「行きたいんだけど」って言ったら「行こう!」と言ってくれたので、キャンベルも頭おかしいんだと思います。

image
 
 
お金も物資も今出せないなら自分が行って、何かほんの少しでも手伝うしかないって思って・・・。

 

そんな事を考えていて、ふと5年前のことを思い出しました。

東日本大震災の時、僕はもっと貧乏でした。

仕事辞めたあと、2ヶ月日本を旅して金を使い果たし、貯金ゼロ、仕事もない状態で震災が起こりました。

再就職するまで日雇いのバイトでなんとか生計を立ててた僕はすごくぎりぎりの生活をしていました。

テレビで流れるニュースを見ながら「なにかしたい」と思っても何もできない。

それでふと「募金してみるか」と思って下北沢駅前でお金を集めてる団体の前で財布を広げると小銭がわずか55円しかなったんです。

なんの力にもなれない自分が情けなさ過ぎて、泣きそうになったけどその全財産を箱にぶちこみました。

そっから働きまくってわずかな資金をため、震災から1ヶ月ちょっと過ぎた頃に福島のいわき市にボランティアに行きました。

ホテル泊まる余裕もなかったので公園で寝たりしながら1週間作業したんですが、その時感じたことや経験したこと、見たこと、なんかいろいろと思うことがあり、僕は日本を出る2014年までボランティアに行き続けました。



 

 
なぜか今回もその時と似てるような状況なんです。

東京でお金を募金できなくても、実際に行って石をひとつでも動かせばそれは復興になると思うから、僕はボランティアに行くという選択をしました。

 
でも、チャリティカットやります!という方のブログを見て気づいたんですが、5年前と今とで決定的に違うことがありました。

「俺も店があるからできんじゃん」

と。

なにもできないと思ってたけど、できることが見つかりました。

だからやることにしました。
 

 
そうやって活動をしている僕を人は不思議そうに見ます。

なんで地元でもないのにやってんの?

って。
 
確かにそうですよね。

周りから見たら良い人ぶってるただの若者にしか見えないと思います。
 

なぜ僕がボランティアに行くのか、チャリティカットなんてするのか・・・?

 
その理由を一言でいうと、「旅をしたから」です。

 
岩手も宮城も福島もそうだし、熊本にも旅したことがあるからです。

ヒッチハイクで巡った熊本各地。

水俣でもっこすラーメン奢ってくれたおじいちゃんや、「ヒッチハイク頑張って」ってお茶をくれたお兄さん、片道1時間半の山道をわざわざ送ってくれたお兄さん・・・

あげればキリがないくらい、たくさんの熊本の人に恩を受けました。

その人たちは僕のことを忘れてると思います。

だけど、僕はその人達のことを一生忘れません。

あの時、小さなことかもしれないけど、僕にしてくれた親切を忘れられないんです。
 
 
たぶんこれはいくら人に話しても、写真を見せても伝わらないと思います。

でも旅をしたことある人ならこの気持ちわかってくれるんじゃないかな。
 

それから世界各地で出会い、お世話になった日本人のなかにも熊本出身の人がいます。

メキシコで卓球しまくった旅人、ロスで美容師してる方・・・。
 

そうやって僕が今まで生きてきた中で、出会って親切にしてくれた人たちがいるから、直接ではないが、間接的にその土地の人々に恩返しをしたい・・・

  

という想いのもと、僕は動いています。 

だから僕は自分ができることをします。

そのためにお金が多少かかろうが、体が少し痛くなろうが関係ないと思ってます。

 

5月3日、4日、もちろん多くの方に来て欲しいです。

たくさんの方のお金が、熊本に行ってくれればな・・・と。
 
 

でも、最初にも書きましたが寄付する額は「売上の半額」です。

自分自身の金銭的な都合により、全額寄付は現実的に厳しいと思ったからです。
 

つまり、当たり前ですが半分は店の売上(僕の給料)になります。

だからその利益のためにこうしてブログに書いてるとか、ただの店の宣伝目的、売名行為と思われても仕方ないと思っています。

 
だから「拡散してくれ」とは言いません。

 
ただ、もしそうじゃないと思ってくれる方、協力してもいいと思う方、僕の考えを良いと思ってくれる方がいましたら是非協力してもらえたらなぁなんて思います。

よろしくお願いします。

 
また、別件になりますが、5月頭から僕の店にてチャリティキャンドルの販売も行います。

それらは5年前福島県で震災を経験したサラリーマン兼キャンドルアーティストのSusumu Ishizakiさんの作品なんですが、そちらの売上に関しては全額熊本に寄付する予定ですので、キャンドルだけ買いに来ていただくのももちろんオッケーです。

 
 
最後になりますが、これを機に美容師さんたちに伝えたいことがあります。

被災地でのヘアカットについて僕は思うことがあります。

それをそのままこちらのブログの方が代弁してくれていたのでリンクを。

震災に伴う無料カットについて

 

やっぱりそこは現地の理、美容師さんの事を思って、良かれと思ってもグッとこらえたほうがいいと思います。

現地ではハサミがなくてもやれることがたくさんたくさんあるはずです。

 
そもそも、多忙なため行くことも難しい美容師さんも多いと思うので、なんならみんな集めてチャリティカットイベントしてもいいですよね。

そんなんあったら是非参加したいです。

 

 
というわけで・・・

 
長くなってしまいましたが、終わりますm(_ _)m

ご予約は下記からお願いします。

 

image

世界初 タダでお酒が飲める居酒屋

何しても無料の居酒屋が山梨県にオープン!詳細は画像クリックで!

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼