美容師がブログ集客のコンサルを始めて思うこと。楽しかったらいいんじゃないの?




この記事を知っていますか?

秀逸な文だと話題になってる新聞の連載コラム。

すごいですね、なんかこうセンスが(笑)

こんなの書けって言われてもなかなか書けません。

僕も「文おもしろい」とかお褒めの言葉をちらほらいただくのですが、さてここで16年前の作文を見てみましょう。

もうなんか言葉もありません。

宝くじで3兆円当たってるやつが3000万円しか寄付しないとか太っ腹なのかケチなのかよくわかりません。

しかも100円の給食費はちゃんと取るという。

まあ「食うもんくらい払えや」みたいな社会の厳しさを小学校6年生ながらに表現したのでしょうか。

知らんけど。

小学校の時おもちゃとかジュースとかゲームとか全然買ってもらえなかったので、多分その反動で【金持ち=ゲームできる】みたいな思考が出来上がったのでしょう。

知らんけど。

図らずとも一応世界一周の夢は叶ってしまったようなので、次は超超エリート株式会社でも作りましょうかね。

まあそれは置いといて。

この駄作分を書いた本人が、僕です。

あなたも読んでくれているこのブログの執筆者です。

人って変わるんですね〜

どんなに文章が絶望的にツマラナイ人でも鍛えれば何とかなるといういい事例ですね。

ブログ集客のセミナーとコンサルをはじめてみて

そんな僕が“ブログセミナー”だとか”ブログコンサル”なんていうものをやるようになりました。

先日も名古屋→浜松と2夜連続でブログ集客セミナーをやって、日中はサロンワークと個人ブログコンサルを。

内容としては初回はこんな感じでやってます…

  • 悩みについてのヒアリング
  • レイアウトの改善点
  • どのようなターゲット層にするか?
  • 集客にあたりどのような記事を書くべきか?
  • お宝キーワードを見つける

2回目以降だとSNSとかライティングスキルとかもっと掘り下げていくわけなんですが…。

セミナーだと1時間半2000円で、個人コンサルだと1時間5400円でやっています。

それが高いか安いかはわかりませんが、ありがたいことに予約してくれる方がいるんですね。

ありがとうございます。

コンサルはカットやカラーやトリートメントともセットでやってます。

営業時間中でも大歓迎です。

僕は決してブログやウェブを専門的にずっとやってきたわけではないですし、元々そういう学校に行っていたわけでもないです。

元々は美容師1本でやってたはずなのに、世界一周の旅を終えて気がつけばブログをベースとしたインターネットの仕事と、講演会の仕事をやるようになっていて・・・

不思議なもんです。

そういうふうになり、めっちゃ勉強しました。

教えるって大変です。

お金もらってる以上テキトーなことも言えません。

今の時点で言えば僕よりすごい人なんて山のようにいますし、僕より知識がある人も山のようにいると思います。

でもその中で美容師として、旅人としてブログをやってみて経験してきたこと、失敗してきたこと、学んだこと、それらを総合して伝えています。

みんな難しく考え過ぎなのでは…

ブログを教えるお仕事を始めてからは、これまで会ったことのない様々な人と関わるようになりました。

美容師の方でもそうでなくても、ブログやってる方ってほとんどが『うまくいかなくてつまらないなー』『書くことがわかんねー…』というように悩んでいます。

もちろん上手くいってる人もいるし、深く考えずにただ趣味でやってたら結果になったって人もいます。

でもそうじゃない人のほうが圧倒的に多いです。

まあだからセミナーとかが成り立つのでしょうが…

僕は毎回思うのが「めっちゃ難しく考えていらっしゃる…」ということ。

例えば「ワードプレスのテーマは何がいいの?」とかもそうですが、正直そんなもん後からどうにでもなるので真っ白なページに書き始めるでもいいわけです。

ぶっちゃけブログなんておもしろいか、おもしろくないかこの2択でしかありません。

おもしろい=為になる、勉強になる、笑える

とにかく“読むことが有益”だと読者が思うかどうかの話です。

それが大好きな芸能人や女の子だったらレイアウトなんてどうでもいいし、それが神がかってる文才の持ち主だったら写真などいらないのです。

最初に載せたこの文章がなぜ多くの人の心をつかんだのか?

レイアウトや写真や誰が書いたかなんて関係ありません。

“おもしろいから支持される”

至ってシンプルなわけです。

ブログなんか好きなこと書いとけばいい

例えばいくら集客目的だと言ってもやれカラーリングがどうとか、やれパーマがどうとかそんなことばっか書いてても読者は面白くないわけです。

だからといって「今日はバレンタインで…♡」とかつまらない日記ばっかり書いててもやっぱり読者は面白くないわけです。

おもしろくなくて読まれなければ、今度は書いてるこっちが面白くなくなります。

そうして【迷走→閉鎖→集客にまた悩む】という流れが出来上がりますよね。

とりあえず、ブログなんていうものはやめたら終わり。

続けることがとても大切です。

文が下手だろうが、写真が下手だろうが、レイアウトがダサかろうが、とにかく続けることが大切です。

そのためにはやっぱり好きな事、書いてて楽しいことを書くべきなんですよね。

ただし!

なんでもいいわけではないです。

それにもちゃんとしたやり方があります。

面白いと思わせる方法です。

続くやり方です。

闇雲に好きなことだけ書いてフェイスブックでシェアしてても、結局いつまでも結果が出ずに最後は嫌になって終わります。

それを趣味で終わらせないために僕はコンサルなんてもんをやってノウハウを教えているわけです。

なんと年間500億円もの広告費を美容業界は払ってる?

2015年のホットペッパービューティーの売上はいくらかご存知ですか?

美容室、理容室をはじめとするネイルやエステなどの広告費ってことです。

なんと339億円…!

それが2017年は500億円にもなるそうです。

ひょえーー

理美容市場は年々減少しているそうで、元々2兆円超えていたのが今では1兆円台まで下がったそうです。

下がる売上…上がる広告費…

半端ねえっす。

だからみなさん悩むのだと思います。

ブログだったら広告費ゼロ円ですから鞍替えしたいですよね。

でもぶっちゃけますが、ブログいくら頑張って書こうがホットペッパー超えは無理だと思うんですよね。

思うってか無理です。

だからブログはあくまで集客の1つの手段くらいなレベルで考えていくといいのかも知れません。

上手く両立させていけたらベストですよね。

頑張った分だけ出会いも増える

難しく考え過ぎなのでは…と思う理由のもう一つに「集客」ってものにこだわりすぎてるような気もするんですよね。

僕のブログセミナーを受けてくれる人には【○○美容師】を作りましょう!みたいなことをよく言います。

自分で言うところの旅人美容師的なアレです。

○○は別になんでもよくて、とにかくオリジナルな組み合わせを作ってしまえばいいわけです。

その上でブログという自分を発信することができる場で、自分の趣味や仕事についていろいろと書くことで共通の趣味を持つ読者を見つけやすくなります。

それがいろんないろんな人とのリアルな繋がりになります。

旅の友達もそうだし、なんなら嫁もブログキッカケでした。

発信し続けるほど仲間は増えていくから、それが嬉しくてまた発信をする…

それがいわゆるブログやっててよかったと思う1番のことです。

集客っていうのも結果としてありますが、そのたくさんの出会いの中の1つの形というだけなんですよね。

“続けてれば必ず形になります”

…とは言っても結果が出にくい人もいると思います。

文章をまともに書いたことないし、WEBの知識もほぼ皆無だった昔の僕もそうでした。

昔は1日30PVとかでしたから。笑

それでもやりながら工夫したり、人に聞いたり、ネットで調べたり、たくさん記事読んだり…

3年の間そうやってやっていらこのブログが財産になりました。

そして、失敗の連続だったので教訓でもあります。

その学びを今は仕事としてシェアしてるようなイメージですかね。

僕は1日中パソコンカタカタしてるわけでもないですし、ずっと何かの合間に書き続けてます。

美容師やってる人だとやっぱ時間ないと思うので、その時間がないなかで書くのは大変です。

でもそれでいいんです。

無理せず、結果を出す…。

これが僕の方針というかやり方というかそんな感じです。

まあとりあえずそんなわけでブログはオススメですが、おすすめしたってもちろん合わない人もいると思いますし、やらないからダメとかはないと思います。

ただ…これからやりたいけどどうしようか悩んでる人には本当にオススメしたいです。

やってみたら人生が変わるかも?

知らんけど。笑

ブログ続けてたら超超エリート株式会社を作る日がいつか来るのだろうか…。