パトンのゴーゴーバーで夜遊びしてビンタお見舞いして帰ってきた。





サワディカー。
そういうことやねん。

あ、明日ね、ついにバンコクからロンドンに飛びます。
こんな物価の安い国はもうなかなか行けないぜ!とバカみたいに豪遊してます。
ショッピング、ビール、、、あれ他には
それから、11月1日オランダはアムステルダムに飛びます。
アムステルダム!名前がおしゃれ!
名前だけで行ってみたい!
あ、昔長崎のハウステンボスが名前がカッコイイからって一人で行ったらカップルやファミリーだらけの遊園地で泣きそうになりました。
こ汚い旅人美容師もついにおしゃれエリアに突入するので、綺麗な服を買うのに必死こいてるなうです。
ヨーロッパ編も見てね。
10月17日
プーケットに来た理由。
それは日本人の友達に会うため。
あれは出国前のことだった。
彼にあった時にこんなこと言われたんだ。
『じゅんのいるところに行くけん!』
彼との出会いはタイ。
もう五年くらい前になるんだけど、バンコクで出会ったんだよね。
まだ若々しい青年だった僕は、バンコクのクラブではしゃぎすぎてサイフをどっかに落とした。
10000円も入ってなかったけど。
馬鹿でしょ。
帰国まであと2日あるのに持ち金100円(しかも日本円)という終わりっぷり。
朝めちゃめちゃ死にそうな顔して歩いてた(彼いわく)ところ、彼に話しかけられ、事情を説明したら10000円貸してくれたんだ。
あの時はありがとう(T_T)
それからの付き合い。
今回、プーケットで待ちあわせをしてたんだ。
朝起きるとちょうど宿のスタッフが僕を呼びに来た。
『友達来てるよ』
急いで下に行くと、そこには彼が。

そういち。
久しぶりーー!!
本当に来てくれた^^
ありがとう!
早速ご飯を食べに行き

ビールを飲んだ(笑)
昼ごろにタイ人のアンが迎えに来てくれた。
昨夜『明日、観光に連れて行ってあげるよ!』
とのことだったんですが、彼はめちゃめちゃ二日酔いで終わってました(笑)
しかも観光っていってもアンだけど案がなかったみたいで、まずは30分ほど
え、どーしよーどーしよーどこいくー?タイムだった。^^;
やっと決まった行き先はプーケット水族館。
男三人で(笑)
ついて車を止め、アンの友達とちょっと喋り、プーケット水族館をあとにした。

行っただけ、、、!!(゜o゜;
『この水族館おもろくないねん』
アンはこう言って車を走らせた。
次に着いたのはアンの新築のお家。
そして男三人でお家見学。



いやーシュールすぎます。
こんな旅はなかなか出来ないよってそういちに言うのが精一杯だった。
一通り見たあとにお宅の前で彼のカットをする事になったんだ。
僕の頭の中では彼400人目のはずだった。
なんかごめん(笑)
402人目
プーケットの村の路上にて。
アンのお宅の向かいのお宅の前で(笑)



家からオッサンが出てきて、怒られるかと思ったけど、いいねー!とノリノリだった。
さすがタイ。
その後、今度はアンの実家に。


なんかお菓子とか出してくれてありがとう!ってか一般家庭訪問ツアーみたいになってるやん!(笑)
バイクノーヘル、さんケツしてる中学生にバイクを貸してもらって走ってみたりとまあ楽しかったけど^^



高校生の時はパァーーーンとかうるさい音がするデカいバイクに乗ってたんだけど、卒業してからギア付きのバイクに乗るのは初めてで操作方法がわからんかった(笑)
あ、こんなの乗ってた。

学校サボって湖に紅葉見に行ったり、彼女後ろに乗せて夜景見に行ったりしたっけ。
懐かしい。
あの娘は今何してるんだろう。
もう9年も前だ、、、早。
夜、激辛タイ料理を食べに行ってからのビリヤード。

カナダ人の彼も一緒になって2人ずつのペアでわかれたところ、僕とカナダ人の彼とペアになった。
かれはめちゃめちゃうまいんだけど、僕が全力で足を引っ張ってしまった。
すまぬ。
こういうの下手なんだよね。ボーリングとか。UFOキャッチャーとか。
あ、だから女の子にモテないのか。

マジイケメン。
このボールを狙ってる顔だけで女の子にもてそう。

彼、今朝サソリに刺されてぶっ倒れて死にかけたらしいんだけど。
危なかったけど大丈夫大丈夫!病院?行ってないよーHahaha−−!ってビール飲みながら言ってた。
イケメンだけどちょっとアホや。(笑)
そして、夜はローカル商店のオバちゃんの髪を切りに行って、アンとお別れ。
いやー観光案内だったかっていうと多分違ったけど、ありがとう!
あ、403人目。
犬抱いてます。


ここからは僕らはバイクタクシーひっ捕まえて夜の街へ繰り出した。
パトンというエリアから30分ほどのところに泊まっているんだけど、このパトンにあるボヘミアン通り?ベネチア通り?ボンクラ通り?
なんか忘れたけどそんなような名前の通りがあるんですよ。
そこが、クラブやバーやエッヂなお店がひしめき合うエリア。
僕は、次の日バンコクに行くから今夜が最後だって事で二人で行ってみた。
ひと多くて賑わってる、、、!
エンジョイしよう!と三軒ほどバーを回ったんだけどね。
いやーそれはそれは楽しかった^^
飲んで騒いで、、、
ところが3軒目で彼は寝た。
30分くらいほっといたんだけど、閉店時間になり、スタッフ三人がかりで耳の穴くすぐったり、変な棒でツンツンされたり、変な棒でしばかれたりとめちゃめちゃ遊ばれてたけど、全く起きない。
最終的に僕がビンタ50発くらいお見舞いしたらやっと起きた(笑)
タクシーに彼をぶち込み、宿へ、、、
いやーめちゃめちゃ楽しい夜でした(ヽ´ω`)
そういちありがとう!
~高校入試英語19点だった男が教えるイングリッシュ講座~
第9回
俺流勉強法。
ちょっと今日は僕の必殺技を教えます。
僕は英語を学ぼうとした時、どこからどうやっていいのかわからなかった。
なぜなら何も基礎をしらなかったから。
中1の1学期のおわりに挫折し、そこからは英語の勉強をすることを辞めた。
マジで辞めた。
高校受験の時は、あみだくじでアイウエオ選んで答えました。
( )は全部 to って書きました。
あとは白紙。
回答する時間よりもあみだくじを作る時間のほうが長かったです。
そして僕の高校は英語の授業がなかった。
こんな感じだったから、僕はつい最近までホントに英語がなんなのか知らなかった。
初心者以下みたいな。
そんなのがいきなり外国人の輪に入ったってもちろん何もできないんだよね。
英語を勉強しようと思ったはいいが、何から手を付けていいかわからなかった僕は、とりあえずいろいろやった。
で、すぐ辞めた。(笑)
ある時、外国人と会話をするのは今の僕には無理だ!と気づいき、ある作戦をたてた。
質問攻め作戦にしよう!
つまり、こういうこと。
会話というのは誰かとの言葉のキャッチボールであって、一人でペラペラ喋るもんじゃないじゃん。
僕は、外国人と話すときに、たくさん自分から話さないといけないと思ってた。
でもいざ外国人を前にすると言葉が出てこない!
ついでに何言ってるかもわからない!
話したい、でも僕にはそんな力はない。
どーしよう、、、沈黙。
結局いつもこうなってしまっていたんだけど、その気づいたことと言うのが『答えが予想できる質問をしたら会話ができる!』ってこと。
まず、こららから先手を打つ。
なぜなら相手が何言い出すからわからないから。
そして質問は簡単なものにする。
難しいのはダメだ。
専門的なのもダメ。
『日本の文化についてどう思う?』
これもダメ。
答えが予想できないから。
もっともっと簡単なやつ。
『今日は何食べたの?』
『ラーメン好き?』
『次の休みはいつ?』

このレベル。
今日は○○を食べたよ。もしくは今日はまだ食べてないよ。
だいたい返ってくる答えなんてこんなもんじゃない?
『今日は何食べたの?』
『ラーメンを食べたよ。』
『ラーメン好き??』
『最高だよ!大好き!』
『次の休みはいつ?美味しいラーメン屋さんに一緒に行かない?』
『次は日曜日だよ!ぜひ行こう!』

ほら。
これですよ。
僕はこれを覚えた。
質問攻めするためのフレーズをいくつかまず覚えた。
What did you eat today?
今日は何食べたの?
do you like ramen?
ラーメン好き?
このフレーズの単語をチェンジするだけで全然違う質問ができる。
what did you do last night?
昨日の夜はなにしてたの?
こんな感じで。
このフレーズだけでもしっかり発音できるように練習して
これでひたすら質問をする。
会話をしていると、こういう質問にはこういうふつに英語だと返すんだ、、、!って教科書でもなくCDでもなく、生の英語が覚えられる。
その繰り返し繰り返し。
僕はそうやって会話で覚えた。
人が言ってることをパクってそのまま使った。
文法もスペルも何も知らなかったから、ホントにそのまま。
発音も言い回しもそっくりそのままパクった。
僕はこれが英語上達の必殺技だと思うんだよね。
おお、長くなってしまった。
あしたはその質問で使えるフレーズを書こうかな。
じゃ。


カットした人 403人目
世界一周    173日目