有名美容師になるには?そのメリットは?テッサロニキのギリシャ人ヒッピーに教わったある言葉。




世界遺産のメテオラを後にして、バスでテッサロニキという街にやってきた話の続きを少し。

地図↓

地理が苦手な人のために広域の地図も↓

しかしテッサロニキってなんかヨーロッパの一般家庭でよく作られる小サカナをオイルにつけたやつみたいな名前だよね。

『えーママー今日もテッサロニキーー?チュイ!』

・・・ね?ほらなんかめっちゃ小魚出てきそうでしょ?

僕のブログは想像力がね。やっぱり大事ですからね。

そんなテッサロニキで昨日出会った変なやつ。

クリス。

ブオ~~~ン ていう楽器を吹きながら、角?みたいなやつでカチカチ音を出して、足につけたサザエんちのタマの鈴みたいなやつをチリンチリンならして路上でお金を稼ぐ若者。

彼の将来の夢は有名なヒッピーになり、森でマリファナと音楽を楽しみながら生活すること。

社会からのはみ出しっぷりがすごいですね。

そんな彼としばらく一緒にいたんだけど、なんか流れで彼をカットすることになったんだ。

477人目

ヒッピーの卵。

そんなに長くなかったのでモヒカンに磨きをかけるイメージでカットした。

キュキュッと。

そしたら角みたいなのが生えました。

(笑った人は腕立て2回ね)

彼は『サンキューメーン!』とかいってまた演奏し始めたので、僕は彼をおいてまた海辺へ。

なぜかというと海がこんなになっていたからです!!

昔から僕は夕日が大大大大好き。

もし夕日が永遠に続き、何時間でもずーーっと眺められるとしたら1時間は見ていると思う。

45分くらいでもいいかな。

30分でもいいかな。

しかし綺麗だね。

海ってところがまたいいのかな。

昼がおわり空が赤くなったと思ったらすぐに夜がやってくる。

せっかく綺麗に赤く染まった空は今度はどんどん夜色にそまる・・・

そして夜色が空を支配した頃、今日も1日が終わる。

今日もいろんなことがあったな。

今日も楽しかったな。

全く信じてないけど神様ありがとう・・・。

神様っていうかみんなありがとう。

こんな綺麗な景色を見れたことがこの上ない幸せなのかもしれない。

でもなんだかこの瞬間がとてつもなく切なくて。

景色をみながらそんなセンチメンタルなことを考えてしまっている自分に少し笑えてしまってなんだか、あーーーー猫はっけーーーん!!

猫猫!

待てーーー(ΦωΦ)

って夕日に感動したこともそっちのけでかわいい猫を追いかけてました。

なかなか車の下から出てこないので、持っていた食いかけのチキンを小さくちぎって

ポイッ

猫を車の下から引きずり出す作戦ですこれ!

しかし猫の動きが素早い!

カメラがマヌケにウィーンウィーンとかいってピントをあわせてるうちにチキンを食べて引っ込んでしまった。

何度トライしたか。

あれはUFOキャッチャーの感覚に似ていた。

やめればいいのにコインを入れ続けてしまう。

チキンをたくさんあげて撮ったのがこれ。

ま可愛かったからいっか。

テッサロニキをあとにし、トルコ行きのバスに乗り込む。

ヨーロッパともこれでおさらばか。

寒かった。長かった。楽しかった。

そんな最後のバスの中では乗客が死ぬほどウザかった。

前のカップル、後ろのおっさんたちに挟まれる形だったんだけど、カップルの彼女が騒ぐこと騒ぐこと。

後ろのおっさん達は酔っ払って下ネタを話してる時みたいな変態風の笑い方で騒がしい。

夜行バスの騒音サンドイッチに泣きそうでした。

やっぱ海外は違うわ。

夜行バスでは静かにする?なにそれうまいの?

と、まあこんな感じだ。

ムカついてたけど耳栓して寝た。

そしたらソッコー今度は肩トントンで起こされた。

出国審査&入国審査だ。

無事スタンプをもらいトルコ入国!

あー眠。

明日からはトルコ編だよ。

さいごに。

クリスの『俺は有名になりたい』という言葉を聞いてなんだかいろいろ考えたことを書いて終わろう。

(笑った人は腕立てもう2回ね)

よし、腕立てしよっ(自爆)

僕は彼にこう聞いた。

 

『なぜ有名になりたいんだ?』

『なんでだって?有名になれば仲間が集まりやすいだろ?』

彼は言った。

ヒッピーになるのは簡単だ。でも有名になるのは簡単じゃない。

なんか彼と話してて僕もがんばろうって思ったよね。

有名になるということに定義みたいなのはないと思うんだけど、なるひとはなるんだと思うし、ならない人は絶対ならないんだと思う。

というかなれないんだと思う。

そういう気持ちだけでどうにかなるもんでもないと思うんだけど、なりたい!っていう気持ちがないと絶対なれっこないなって。

スポーツも仕事も学校もどんなジャンルでもそうだろうなって思った。

僕は美容師であり、旅人なのでそのジャンルのことしかわからないけど、個人的な思いを書かせてもらおうかな

例えばどんなに大きいことをしてる有名な人でも、組織に所属して、団体や会社の名前を真っ先に語ってやっている人は、その人じゃなくてその組織が有名なだけなんだと思うんよね。

結局。

どこどこの誰々だっていう【どこどこ】ありきというか。
僕が思うに、有名な人って自分の名前をまず語ってる ような気がするんだ。

肩書でも会社でもなく自分の名前。

私は【だれだれ】で、こんなところで働いてますよ、みたいな。

俺は俺だ、私は私だっていう。

美容師でも他業種でも超有名な人ってそうだとおもう。

名前って大事。

そして、どんな世界にも団体や組織って存在しているけど、そこに入り込むと楽に生きていける。

決められたルールを守って周りの人間と仲良くしてけばそれでとりあえずいいというか。

ただそうなるとある程度から上に行けるようにはならないと思うんだ。

だってかならず組織にはトップがいるし。

どんなに功績を残してもトップを越えることはできないでしょ。

たぶん野望とかそういうのがその組織内でかなうものだったり、もしくは野望なんかないならそれでいいんだと思うんだけど。

僕は野望がありまくるから一人で自分の名前だけで勝負することに決めた。

で具体的に有名になるにはどうしたらいいのか考えてみた。

インターネットを使う

これしかないね。

自分から自分のことをどんどん発信していくこと。

これしかない。

今や人に聞くより検索してしまったりする時代なわけで、そこの検索で存在に気づいてくれたらラッキーであり、そして興味を持ってくれたらなおラッキー。

それからいろいろなソーシャル・ネットワーキング・サービスで『シェア』という機能があり、やってることに対しいいなと思った人が情報を共有してくれる。

すごい時代。

みんないつもシェアありがとう!

で、自分のことを売り出すためにはこれを使わない手はない。

ていうか使わない以外の手はありえない。

と思うわけです。

・人に興味を持ってもらえるトピックを作ること/活動をすること。

・それを人に知らせること。

シンプルだけどこれだけやってればいけるんじゃないかと思うわけです。

まあでも問題なのは『質』だからね。

そこは自分で考えないといけないけど。

クリスと話ししてて、僕もやっぱり有名になりたいと改めて思ったし、ブオ~~~ンwwwとかやってるヒッピーに負けてらんねーとか思ったし。

有名な美容師/旅人になったら、それだけで仲間が集まるんだ。

なるほど。

素敵じゃん。

クリスの言ってたことにすごく納得。

いずれお店をもった時に、このブログを読んだことがきっかけで人が来てくれたらいい。

やっぱりそうなるためには有名になろ。

がんばろ。

応援よろしくお願いします。

さらばギリシャ!

次回予告

初めてやってきたトルコ。トルコってこんなとこ!?

★カットした人★
477人
☆カットした人 国別☆
40ヶ国