カツオがうまい気仙沼!夏のボラリ旅。




あー困った、また数日空いてしまいました。
ブログさえも書く時間がありません。(笑)
最近毎日朝6時頃おきて、深夜帰宅し寝るのが2時頃です。
たまったもんじゃありません。(笑)
ついでに風邪も引いてぶっ倒れそう、なう。でございます。
今日もまたボランティア話のつづきで。
あ、時間がないとかいいながら、今朝ブログデザイン変えてみました!
自分的には気に入ってます。
そして、もう ボランティア日記と言ってもかききれないので、気仙沼に行ったことを書いてしばらく終わりにしようと思います。
2013年夏にいった気仙沼。
きっかけは自分のお客さんで被災した方がいて、その方達にいつもお世話になってるもんだから、いつも行ってた福島のボランティアのついでにいってみることにした。
「夏休み」というものを有休を使い(有休は年間七日・・・)とり、行きました。
ボランティアしながらの旅なので、ボラリ旅。
夏休みは五日間、まずは南相馬市でボランティア。
石崎さんや、さちよさん、いつものメンバーでいきました。

ボランティアセンターに住み着いてる猫と遊んだり、ボランティアしたのち、電車、バス、人に乗せてってもらったりしながらひたすら北上しました。
途中、仙台七夕まつりを見たり、石巻、南三陸と行ったりしながらなんとか気仙沼につきました。


気仙沼ではボランティアは二日し、滞在は三日でした。
気仙沼のボランティアセンターにいき、まずおどろいたのが、人の多さ。
気仙沼復興協会(略称 KRA)
↓↓↓
KRA
震災後二年以上たっているにもかかわらず、一日100人とかのボランティアがあつまってきていたときもあるそう。

共徳丸のでかさにはマジでビビった。

この辺は過去の記事にもすこし書いたのでよかったらみてください。
東日本大震災から三年たっておもうこと

初日の夜は、東京で世話になってるお客さんの旦那さんとなぜか飲みに行ってきました(笑)
サイコーにおいしいカツオを食べたり、いろんな話しを聞けたので良かった。

そして、夜は「わかめさんち」というボランティアが泊まる宿泊施設があり、そこに泊めさせてもらいました。
ふっつーの民家におじいちゃんがすんでいて、一泊1500円
そのお金は寄附されるそうです。
わかめさんちの凄いところは家の中、冷蔵庫のなかすべて自由に使っていいという大胆さ。
すごいじーちゃんだった。
そして、ここにあそびに来てた地元の小学生と超仲良くなり、いろいろ一緒に遊んだりしました。(笑)

そして二日目にあった「気仙沼みなとまつり」
これがやばかった!
もうみんな田中前というとおりで、ずーっと踊ってました(笑)
はまらんやという歌?踊りで?
意味は一緒に踊ろうみたいな意味だそう。
後半は僕も酔っ払って参加!



この躍動感伝わるでしょうか(笑)
なぜか地元の人達と一緒に踊りました。
気仙沼は被害の大きさにびっくりしたり、祭が楽しかったり、いろんな出会いがあって素敵過ぎる場所だった。
また行くしかない。

気仙沼復興協会(略称 KRA)
↓↓↓
KRA

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ日本ブログ村
もっと1人旅情報が知りたい方はこちらのレインボーボタンへ!ここから他の旅ブログも覗けますよ~☆↑↑↑↑

Twitterもフォローお待ちしてます~~~~~~(・∀・)↓
ここをクリック!ふぉろーみー
ブックマーク、お気に入りはこちらから追加していただけると嬉しいです!↓

みんなに共有する↓↓↓

未分類

講演会情報

人気記事

サロカリ

プロフィール

Jマガ購読

予約・ご依頼