外国語を話す人を特別だと思う空気が「シャイな日本人」をつくる。





昨日の記事は予想外に反響がすごくてビビりました。
どんだけシェアされたんだろ?FC2ブログの注目記事に何万とある中から選ばれてのりましたからね(笑)
それからまだまだ増えそうだけど、40万人のフェイスブックタイムラインに流れたそうです。
それもこれもたくさんシェアしてくれたおかげです。
おかげさまでメッセージと申請がたくさん来てお祭りになってます。
ありがとございました。
それでちょっと補足を書いときたいと思います。
昨日の記事は98パーセントくらいの人が良いように捉えてくれたみたいです(俺調べ)
それはとても嬉しかったです。
あれを書いた理由としては、まずは自分の気持ちをここに書き記したかった。
ブログを1年ちょっと続けてきて読者もたくさん増えてきて、その人達に「僕はこういう考え」ってのを見てもらいたかった。
それは今に始まったことではなく、いつも意識してやってることです。
僕は自分のブログをただの旅ブログにしたくないし、ただの美容ブログにしたくないし、ただの日記にしたくないし、ただの笑いのネタブログにしたくないし、ただのボヤきブログにしたくない。
いろんな角度から物事を見たり、それについて思ったことを書いたり、バラエティ豊かなというか、いろんな人に読んでもらえるものにしたいです。
その中で「自分の考え」「自分のキャラ」というものは出していきたいと思ってます。
僕がこう思った、だからそれが正しいからその通りにしなさい。
という上から目線な偉そうなものではなく、僕のしたいことは自分というものを出したいということだけ。
だからそれに共感できると思ってくれるならそれは嬉しいし、共感できないと思うならそれはそれで全然良いと思ってます。
で、昨日書いた英語の事ですが、こんなコメントをいただきました。
「日本人だけでなく、タイやフランスで笑われたりした経験があるので、笑うのは日本だけじゃない!」
全く持ってその通りです。
バカにした笑いにせよ、かわいいなっていう笑いにせよ、それは「感情」が人にある限りは無くならないものだし、人種関係なく世界共通のことのはず。
日本特有の文化と書いたのは、世界を旅していて英語を話してる中で、笑われるということが全然なかったという意味です。
(比較的日本人に多いって書けばよかったなぁとちょい反省。)
もちろん面白いはなししてれば笑いますよ。
でもそういうのじゃなくて。
中にはバカにする人だっているでしょう。
ただ僕はまだ会ってません。
そういうのが嫌な人もいれば悪気なく笑ってる人もいて、それを気にする人もいれば全然平気な人もいて。
つまり人をひとくくりになんてできないんですよね。
みんなそれぞれの考えがあるから。
だからめんどくさいから日本人ってまとめて書いてますど(注意書き付きで)一億何千万といる日本人をひとくくりにできるなんて思って書いてません。
僕が書きたかったのは、クリスティアーノ・ロナウドがどうとかじゃなくて、誰かが話したら笑うんじゃねーとか、英語学べとかじゃなくて・・・。
無意識にしてても、文化の違う人を傷つけることがある。
何となく外国語を話す人を特別だと思う空気が「シャイな日本人」をつくる。
ってことです。

それを気にしない人もいると思います。
でも僕は経験上、それで人を泣かしてしまった事があるので気をつけてますって話でした。
なぜちょこちょこ英語のことを書くかというと、僕はこれから英語ってかなり大事になってくると思ってるからです。
だからなにって思う人がいてもそれでいいし、必要だと思う人が読んでくれたらいいと思いながら書いてます。
なぜ大事になると思うかというと、これからきっと日本は少しずつ変わってくるのではないかと。
経済、人、仕事、いろんな面での海外進出、またその逆もどんどん増えてくると思ってます。
かつての鎖国してた時代の人々や、戦後の人々は現代の日本の事なんて想像さえできなかったのと一緒で、これから10年、20年とたち、日本がどう変わるかなんて誰にもわかりませんよね。
でも僕は必ず英語が大切だと言われる時代が来ると思ってます。
なんやかんや言って世界の共通語は英語です。
海外進出するにしても、旅するにしても英語は必須。
英語出来なくても生きていけるけど、出来ないと海外で何も出来ない。
どっちがいい事が悪い事かはハッキリしてます。
出来ないよりは出来たほうがいいですよね。
出会う旅人でもやっぱり英語苦手って方に会うときがあります。
出来なくても旅はできます。
僕はいま南米にいて、スペイン語全然できないけど旅はできてます。
変な話、言葉が話せなくてもコミニケーションはある程度とれるんです。
ジェスチャーとかで。
でも限界はあるなと。
やっぱ楽しくない。
全然楽しくない。
せっかく仲良くなった人とバカな話ができない。
日本の居酒屋文化について説明できない。
美女に「綺麗ですね」の一言も言えない。
最低限のコミニケーションでは、出来ないことがあまりにも多すぎるんです。
楽しくないですホント。
仲良くなるきっかけはあっても仲良くなることは出来ない。
だからせっかく長期海外旅行にきていても、ワーホリしていても日本人とかたまって行動するしか選択肢がない人もいるのかなとも思います。
そっちのがラクだし楽しいかもしれないけど、僕はそれって何となく勿体無いような気もします。何となく。
結局は英語は人とのコミニケーションツールなので、ビジネスがどうとか堅いこと抜きにしても、日本以外の国に興味があるのであればやっぱりやってみる価値はあると思います。
それから話が前後しますが、これからそういう時代が来ると思ってるのもあるし、きっと人々の意識もだんだん変わってくると思います。
ひとつのきっかけはオリンピックだと思うんですが、僕はその時代がくる前に英会話スクール付きインターナショナルヘアサロン(しかもビールが飲める)を日本にドーンと作ってやろうと目論んでます。
ドーンと。
おかげさまでこの旅を続けているうちにだんだんその夢の形もしっかりしてきたように思います。
日本の未来を作る子どもたちに英語を教える。
グローバル化して外国人が増えた日本で彼らの居場所を作る。
旅人、ビール好きの日本人が遊びにこれる場所を作る。
そんな場所にしたいんです。
10年後日本はどうなってるんでしょう?
僕は36歳になります。
結婚して子供がいるかもしれません。

その時代は英語を赤ちゃんから学ぶのが当たり前になってるかもしれません。
僕は子供に英語のことを聞かれても、答えられる親でありたい。
先のことを見据えて、ちょっとずつ今できることをやってます。
どうなるか楽しみですね。
って事で、なんだかよくわからなくなってしまったのでこれで終わりにします。
また次回からボリビアのこと書いていきますね。

(意味は特にない写真w)
昨日はホントたくさん読んでくれてありがとうございました!!


★カットした人★

591人

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼