大阪『山梨てどこや』福岡『知らんちゃ』山梨『ボクハココニ…!』静岡『いたの?w』東京『マジ存在感ねぇww』秋田『きりたんぽ爆うま』




こんにちは。

昨日エクアドルの空港でぐっすり眠れなくてなんか変な夢を見ました。

なんかおっさんがめちゃくちゃ話しかけてくるのです。

( ゚д゚)ハッ!として起きたんですが、夢でした。

もう一度寝たところまた夢を見ました。

おっさん『ああ〜山梨ってあのさくらんぼのとこだよね』

僕『いや桃ですよ』

おっさん『それ岡山でしょ』

僕『岡山は桃太郎ですよ。ももは山梨』

おっさん『じゃあなんで桃太郎いないの?』

僕『し、知らんがな』

っていう謎の夢。

でも、これ現実でよくあるんですよ。

山梨出身ですって言うとしょっちゅうこんな。

なんか前々から書こうと思ってたんですけどね。

いいですか書いちゃって?

今日は山梨の宣伝用記事です。

はっきりいって興味がない人には全く面白くないです。

ってことで興味のない人はこちらをどうぞ→ニコニコ大百科

一応見てやるかって人は読んでください。

さっきも書きましたが僕の地元は山梨県って言うところなんですよ。

海無し県じゃねぇーのーwwwとか小学生みたいなこと言わないでくださいね。

山梨県知ってますか?

さくらんぼが有名なところではないですよ?

え、知らないって?

そ、そうですか。

実はですね、世界を旅するようになってから山梨出身ということで度々切ない思いをしてるのです。

もうほんと嫌になる。

例えば...

*パターン1

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『へ、へぇー』

僕『そうなんです...』

旅人『...』

これはいきなり会話が続かないパターンですね。

一番どうしようもないです。

*パターン2

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『あ、秋田の横だよね!』

僕『せつこそれ山梨やない。山形や』
 

名前が似てるから山形県と間違われる。

というかなぜかそもそも山梨が東北にあると思ってる人多し。

*パターン3

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『あ!富士サファリパーク行ったことあるよ!』

僕『せつこそれ山梨やない。静岡や。』

宿敵静岡と間違われるパターンです。

やめてください。

*パターン4

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『綺麗なとこだよね!富士山あるし!あ、富士山は静岡か!』

僕『...一応またがっ』

旅人『新幹線からしか見たことがないからなぁ』

やめてください。

*パターン5

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『え!方言喋ってみてww』

僕『わにわにしてちょ!!』

旅人『あぁ、わにわ...ハハ...』

方言の知名度が低すぎて、変な空気になるから無茶振りはやめてください。

*パターン5

旅人『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

旅人『ごめん、どこだっけ!テヘペロ 九州?』

僕『あぁ、そっすね。ハハ...』 

そもそもどこかさえも知らなくてカスリもしないという。

*番外編

甲府出身『出身どこ?』

僕『山梨です!山梨県』

甲府出身『え!俺も俺も!何市?』

僕『富士吉田市です!どこですか?』

甲府出身『あ...俺甲府!』

僕『甲府...!そうなんですか!あんまり行ったことない...』

甲府出身『実は俺も富士吉田市2回くらいしか...』 

そうです。切ないのです。

もう同じ県出身でも峠とか超えるのがめんどくさくて互いに訪れないから知らないのです。

image

他県の人に知られてないのもまあ無理もありません。

山梨といえば方言が可愛いランキングとか◯◯ランキングとかでぶっちぎり最下位をマークしてるんですよね、大体。

なんとなく島根とか佐賀とか栃木には勝ってるって思ってるけどハッキリ言ってドングリの背くらべ。

そして宿敵静岡にはボロクソに負けっぱなし。

山梨には都会もねぇ、空港もねぇ、新幹線もねぇ、お茶もねぇ、なんなら海もねぇ。

しかも、全国的な富士山の知名度でも7対3で静岡に負けています。

ボロ負けです。

でも山梨県民は『富士山はどっちのもんでもないよ。でも山梨から見たほうが綺麗だけど』とか負け惜しみみたいなことはよく言うのです。

ダサいです。

ダサすぎます山梨県民。

まあ個人的には『静岡なんかより山梨から見たほうが1000倍綺麗だし』って思ってますけどね。

ちなみに僕の生まれ故郷は山梨県富士吉田市というところです。

県内2番目に大きい市であり、西の甲府市と東の富士吉田市と名を馳せているかどうかは知りませんが、とりあえず県内ナンバー2の地位を得ているのです。

だが、その実態は人口50000にも満たない小さい田舎町。

3年ほど前にミスドができて100人くらいの大行列ができるほど、チェーン店というものが珍しい街です。

なぜか進出してきません。

昔あった吉野家も撤退しました。

なぜここまで山梨が他県に知られてないかというと、大多数の県民が外に出ないからだと思います。

山梨には無尽だとか貯金会だとかなんか独特な地元に住まなければならない風習みたいなのが根付いているのでなかなか外に出られない仕組みになっているのです。

東京でもほとんど山梨の人と会うことはないので、関西とか九州の人とかからしたら『まず見たことない』って人もいるんじゃないでしょうか。

その証拠に?僕が1年間世界を旅して出会った山梨県民はなんと3人のみ。

シンガポールで働くキャナちゃんと、ボリビアで出会ったミサっ子さんとカオちゃんの二人組。

以上。

会った時はもう手をとって喜ぶくらいの勢いでした。

そんなわけで前置きが長くなりましてごめんなさいしたところで、山梨県のいいところをちょっといろいろ書いて、知名度を上げるのに貢献してみようかななんて思っています。

ってことで完全なる独断ですが『山梨のいいとこ勝手にランキングベスト5』をお送りします!

第五位『ワイナリー』

image

ぶどうの産地の山梨県にはあっちこっちにワイナリーがあります。

僕も東京からきた友達を案内するときはもれなく連れていきます。

試飲もできるので、ワイナリー巡りをしたら酔っ払うかもしれません。

でも車がないといけないから結局誰か飲めなかったりするという落とし穴付き。

第四位『富士急ハイランド』

image

悪魔の化身富士急ハイランドです。

絶叫マシンか子供用の乗り物しかない究極の二択遊園地。

絶叫マシンがマジでダメで子供でもない僕にとってはただの地獄です。

でも人々に結構人気みたいなので、楽しいんでしょう。

僕は絶対行きません。

※アクセス  
富士急行線富士急ハイランド駅下車 徒歩2秒   
中央道河口湖インターから車で2分
僕の家から徒歩40分
 

第三位『1000ドルだか1000円だかの夜景』

image image

ほったらかし温泉という有名な温泉があるのですが、そこの近くにフルーツ公園というフルーツがあるんだかないんだからわからない公園があります。

そこから見る甲府盆地の夜景は日本三大夜景の一つに数えられるとか数えられないとか風の噂で聞いたことがあります。

高校生の時に大学生の彼女に車でブイイーーンwwwと連れて行ってもらったことがあり、夜景を見て結構感動した気がしました。

デートにおすすめですが、東京からの日帰りだとキビシイ。

第二位『吉田のうどん』
image

富士吉田市名物の神のうどんです。

よく大学生が『あの教授単位くれたwww マジ神ww あざーすww』とか言いますが、そんな感じです。

どう見てもただの民家にのれんがかかっていて、中に入ると平気で仏壇とかテレビとか子供の賞状とか置いてあったりして、まさに民家だけど、ちゃんとしたうどん屋です。

image

味噌と醤油ベースのスープにカチコチな麺と、なぜかキャベツと馬肉がのっているというキテレツなうどん。

そして麺の硬さは日本一。 

300円〜と激安なので地元の人は週3回とかランチに食べ、東京などに出た者はうどんを食べに帰る者もいるほど、人々を魅了してやまない。

ちなみに食べる者のアゴを破壊し、胃をもたれさせるという副作用あり。

栄光(?)の第一位は『富士山』

image
(ちなみに僕撮影)

さすがに日本人ならベイビーを除いて知らない人はいないでしょう。

日本一の山、富士山です。

静岡なんかに渡しません。

どの辺が日本一かというと標高です。

3776メートルです。

でもこの前までいたボリビアという国は平気で4000メートルに街とかあるのですごいのかすごくないのかわからなくなりました。

富士山は2年くらい前に世界遺産に登録されて、知名度が世界的にも上がりました。

実はうちの実家からだと富士山超丸見えなんですが、登ったことは一度もありません。

めんどくさいので今後登るつもりも全然ありません。

ちなみにうちのジーちゃんは16歳だがなんだかの時、おにぎり一個もって下駄で頂上まで行ったそうです。

どうかしてるぜ。

今のところ富士山に一言いうとすると『とりあえずマジ噴火とか勘弁』って感じです。

image
(ちなみにこれも)

以上思いつきで、しかも空港でネットがなくて暇だったのでやってしまったしょうもない山梨県おすすめランキングでした。

行きたくなりましたか?

ならないか。

そっかそっか。

陸の孤島だし、石ころ博物館とかしかないし。

だから山梨ってなんか馬鹿にされるんだよなぁ。

山梨がもっと有名になればあんな切ない思いしなくて済むのに。

この記事が微々々々たるものだとしても宣伝になってくれたらと思います。

あ、それから余談ですが山梨県民の皆さん。

『鼻ぼっち』も『夕方のいいとも』も『日曜朝のサザエさん』も『オギノ』も『長座布団』も『クリーニング志村』も『夏休みの友』も全部山梨限定ですからね。

ビックリした?(笑)

僕は東京でそれを知って死ぬほどビックリしました(笑)

はい、ではちょっとした箸休め記事でした。

終わり。

次からチリ編!

★カットした人★(ブログ上で)

688人



☆カットした人 58ヶ国☆

日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、ロシア、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フランス、ポルトガル、スペイン、スロバキア、オーストリア、チェコ、キプロス、ギリシャ、ポーランド、ベルギー、ルーマニア、イタリア、トルコ、パレスチナ、イスラエル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー、パラグアイ、チリ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニューカレドニア、オーストラリア

★世界一周ルート 31ヶ国目 ★

日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→キプロス→スペイン→ポルトガル→スペイン→モロッコ→スペイン→ボリビア→ペルー→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→ボリビア→ペルー→エクアドル→?

【現在地】エクアドル、ガラパゴス



【リアルタイム】1006haircuts