【全世界のアフロに謝れ】 人の個性を笑ってくれるな。




こんにちは。

なんかちょっとひどい記事を見つけて書きたくなったので、まずはご紹介。
 
↓↓↓↓

【衝撃】高須クリニックに捨てられた報道ステーションがアフロを解説委員にして暴走

  
 
これみてどう思いますか?
 

『うっわー何これアフロじゃん。ふざけてるこの人ーw』

 

みたいに人々が思う気持ちは驚きという意味ではぶっちゃけ理解できます。

ですがバカにした感じや笑い飛ばすことは『いやそれおかしいだろ・・・』と思ってしまう僕は変ですか?

 
 
まず記事読んで普通に思った感想が『何書いてんだアホか』『きもちわるっ』『世界中のアフロに謝れ』って感じでした。
 
 
髪型のみでその人の人格さえも否定。

 

さらに

ただ、目立ったことをして視聴率を得たいという報道ステーションの狙いは見え見え

との一文があり、アフロを出演させたことによる『ある種のおふざけ』によって視聴率をゲットしようとしてるのではないかという思いっきりズレた見解。
 
 
アホか・・・とw。
 

気になって調べてみると、報道ステーションに出たことによりネット上でも笑いのネタにされているんですね。

こういう記事の煽りを受けて一緒になって笑い飛ばす人々、ツイッターでツイートされたものを見て笑い飛ばす人々。

 
きっとこれが気づかないで人を傷つける『普通の行動』なんだろなっ、と。
 

『レッテルを貼る』という言葉があるように、人は他の人や物事に対して固定的な評価やイメージをつけたがる。
 
例えば、この前も記事にしたが「美容師は遊び人」とか「教師は硬い人間」とか「あの人はA型だから」とか「最近の若者は」とか。

他にも、「南米は危険だ」とか「アフロはふざけてる」とかね。
 

どうしてそう決めたがる?

ってすごく思います。
 
 

レッテルだとかいわれるその評価の判断基準は人から聞いた事だったり、まわりがそうだからという「偏見」とか「思い込み」が多いんじゃないかと思う。

しかも的外れな場合もある。

つまり正しい指摘、否定ではない場合も多い。
 
 

『何の根拠があるの?』

 
と聞かれたら笑い飛ばしている人の中に答えられる人がいるのだろうか?
 
なんとなくアフロっておもろいし・・・

なんとなくアフロってふつうじゃないし・・・
 

みんなと違う・・・そんな理由であのおばちゃまと、おばちゃまを出演させた報道ステーションを否定して、人々を煽るのなんてあまりにもバカげてる。

決定的にダメな理由を載せないのであれば記事にして否定することなんてできるわけがない。

 
更に調べてみるとこんな記事が出てきた。

アフロの自由 人生は変えられる(稲垣えみ子/朝日新聞 ザ・コラム/2014.10.25)
 

パッとしない日々が10年ほど積み重なったある日、「そうだ、アフロ、しよう」と思い立つ。幾らなんでも社会人としてどうなんですかという美容師の反対を押し切り、平凡な私の頭に、丸くこんもりとした黒い物体が乗っかった。

以来、人生が変わったのです。

いったい何なんだろうかこの人気ぶり。もちろん原因は私ではない。アフロである。

丸くてムダにでかくて、ばかばかしい。歩いているとやたら人と目が合うのだが、ほとんどの人が笑っている。笑われているのかもしれない。それでもいいのだ。私は今、常に笑顔に囲まれているのである。

それにしても不思議なのは声をかけてくる人がほぼ例外なく「私もやってみたい」ということだ。

「ええなあ、若い人は自由で」自由!そうか!イメージは「アフロ=自由」だったのだ。

ふと考える。私は自由になったのか。

日本人である私のアイデンティティとアフロには何の関係もない。数ヶ月ごとに強力なパーマ液を使って直毛を縮れさせる姿は、我ながら変だ。

それでも私は自由になったのだと思う。

足りないのは、行動する勇気なのかもしれない。

アフロにしたというただそれだけで、笑顔につつまれ、友だちが増え、モテている今、心からそう思う。これはもう一つの奇跡だ。奇跡は誰にでも訪れるのである。

 
この本人が書いたという記事を見ても変だと思う人がいるかもしれないが、その自分が変わるための、変えるためのチョイスがアフロじゃなかったらどうですか?

 
ストレートな表現で申し訳ないが、顔がブサイクだから整形しました。

 
これもやんややんや言われるネタですが、僕はなんとも思わない。

その人が悩みを解消できて幸せになれるのであれば、それでいいじゃん!

どうしてそう思えないのかが僕にはわからない。

その人が整形したからって誰に迷惑をかけたわけでもない、ただ人と違うことをしている人という『偏見』と、そして何やかんや言いたいだけなんじゃないかと思ってしまう。

親からもらった体を大切にしないでなんてことを・・・とか言いたいのであれば、ピアスもあけず、髪も染めず、酒も飲まず、タバコも吸わず体を大切に生きてみてください。

自分の体が自分のものでなく親のもんだと本気で思ってる人がいるとすればどうかしてるとさえ思います。

 
自分を変えるためののチョイスがダイエットだったら?
 

否定的な人っています?

 
  
なぜダイエットは賛成で整形はダメ?

なぜストレートロングヘアはよくてアフロはダメ?

なぜ茶髪はよくて金髪はダメ?
 
 
どの方法も『美』または『変化』を求める気持ちに応えるための一つの道でしかない。

美しくなりたい。

変わりたい。

という気持ちは当たり前にある感情だし、それで行動することは素晴らしいことだと思う。
 

根拠があるのか知らないが、仮に根拠があったとして、どうしてあなたにその個人の気持ちを否定することができるのか。
 
人はみな平等だ!なんて言葉は僕は綺麗事だと思いつつも、基本的には人は人を正しく評価したり判断することが出来ないと思っている。

思い込みだったり、感情的になって判断することだってあるので、正確に良し悪しを決めることなんてすごく難しいと思ってる。

それが人の容姿にたいしてだったらなおさらそうじゃないか?と。

 
日本の場合、容姿に対してとても厳しいところがあると思う。

というか思わざるを得ない。
 
身長だったり、太ってることだったり、胸がないとか、ハゲてるとかなんでも。

自分が美容師だから髪型に寛大だと言ってしまえばそれまでだし、世界を旅していろんな人々を見たから気にしないだけと言われればそれまでだ。

 
だけど、日本がなぜ島文化だとか村社会だとか言われてしまうのかはココにあるとしか思えない。

容姿に対するあまりにもマイナスなイメージ。

ファッションやヘアスタイル。
 

それに外国人や、外国の文化に対する偏見。

黒人はこえーとか、フィリピーナは夜の街で・・・とか、中国人はうるせーとか。

 

それからそれらをなかなか受け入れようとしない姿勢。

日本人の心の奥で、なかなか根強いものがあるように思いません?

僕はそう思う。

 

他人からレッテルを貼られるのなんて誰だって嫌だ。

誰だって嫌なことはわかっていてもやってしまうのが人間だと思う。

日本人も僕も含めた世界中の人がきっとそうなんだけど、ただ偏見が強ければ強いほど、人って生きづらくなると思う。

人への偏見を強くすればするほど、人を認めなければ認めないほど、自分の首を絞めることになる。

そういう人は結局そういう目でしか人を見れないし、そういう目でしか人から見られることはない。

 
よーく考えてみてください。

人と違ったことをしてる人を笑い飛ばすことになんの意味があるか考えたことありますか?

なくないですか?

アフロにしたいかどうかは別として、あなたには笑われるとわかっていても自分を変えるために行動する勇気がありますか?

 
右向け右のなんだか学校の運動部みたいな日本社会の中で人を批判して見下すことは自分が生きやすくなるための手段なのかもしれない。

でもそれはきっと錯覚で、そういう個性や可能性を認めることの方がきっとずっと偉いことだし、大切なんだと僕は思う。

思い込みや偏見で人を見るのではなく、直接その人と出会い、出会うことができないとしても言葉に耳を傾けることをしたらもう少し違う目線で人を見ることができるんじゃないか・・・

そういう姿勢は今の子供達のこれからの可能性を潰すことなく、むしろ挑戦させてあげれる空気を作ることでもっと伸ばすことができるんじゃないか・・・

と僕は思います。

比較したり競争したりなんて、あんまり意味がない。

その人が、人として社会に適応しているなら(仕事やパーソナリティの面で)別にいいんじゃないか?

個性をもっと生かせる日本になれば、一度限りの人生をみんなもっと楽にハッピー生きれるのにな・・・と。

 
なんかそう思ったのでつらつら書いてみた。

    
 
 
 

・・・。 
 

やりたいなら人の目なんて気にせずやっちゃえ。

批判されても貫いてしまえ。
 
そんな人こそ強い人だ。

Fly Away!!

image

ひとりごとでした。
 

★カットした人★(ブログ上で)

839人



☆カットした人 60ヶ国☆

日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、ロシア、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フランス、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、スロバキア、オーストリア、チェコ、キプロス、ギリシャ、ポーランド、ベルギー、ルーマニア、イタリア、トルコ、パレスチナ、イスラエル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー、パラグアイ、チリ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニューカレドニア、オーストラリア、キューバ

★世界一周ルート 38ヶ国目 ★

日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→キプロス→スペイン→ポルトガル→スペイン→モロッコ→スペイン→ボリビア→ペルー→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→キューバ→メキシコ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→カナダ→アメリカ→?

【現在地】アメリカ、シカゴ



【リアルタイム】1152haircuts



 

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼