【ベルギーでテロ発生】世界はどこも安全じゃない、だけど世界はどこも危険じゃない。

ベルギーでテロ




 

image

また衝撃的なニュース。

まだ知らない人のために↓↓↓

<ベルギー同時テロ>ISが犯行声明…空港・駅で爆発3回

 

 
マジか。

 
去年世界的に大きく取り上げられたパリのテロや、最近はトルコでも何度もテロがあったりと、非常に物騒な感じ。

 

トルコのことに関しても知らない人もめっちゃいそうなのでリンクを↓

「もう昔のアンカラではない」3度のテロにおびえる市民

 

とある統計によると海外から日本に来る外国人と、日本から海外に行く日本人はどちらも増えているという。

 
必然的に危ない人が入ってくるリスクが上がり、日本人が海外旅行の間にテロにあうリスクも上がることになる。

 

 
邦人が・・・という伝え方をニュースではするが、見ている側はそれにより微妙な錯覚を起こすような気がする。

「邦人の被害者 ゼロ」ってなった途端なぜかホッとした感覚になり「あ、よかった」で終わってしまうような気がする。

実際のところ被害にあった他の人たちの存在というのが何となく興味の対象外になってしまうというか・・・。

 
それにより、そんなに心配しなくてもいっか!みたいになる人がいないといいけれど。

 
 
僕のところにはたくさんの人がやってくる。

特に多いのが旅が好きな人達、それと『これから海外へ』という夢を持った若い人達。

正直こういうテロがどうとかでそれを諦めてほしくはない。

 
でも【気をつける】ことはするべきだと思う。

 
いつどこで起こるかわからないテロに気をつけるという意味ではない。

もはやそんな事は誰にもできなくなった。

世界中の都市はどこもテロにあう可能性があると言っても過言ではない。
 
 
気をつけるというのは、自分の行動に関してのこと。

 

かつて『日本人旅行者が海外でテロリストに捕まって、殺された映像が世界中に流れた』という話を知らないバックパッカーなどもいるのかもしれない。

そんな事をふと思った。

 
世代が違えば見てきたものも違う。

僕が学生の時に見た衝撃的なニュースももう10年以上前の話。

今の20歳くらいの子たちは知らない可能性も十分にある。

  

なぜその日本人は捕まって殺されてしまったのか?

 

彼は旅をしていた。

中東のとある国にいた時に、戦争が起こっている隣の国に興味を持ちわざわざ危ないと言われている地域に足を踏み入れたからだった。

それは知りたいという好奇心からだったそうだ。

  
日本では『行ったから悪い』と言われた。

それはそうなんだけど、たしかにそうなんだけど、僕にはなんだかその日本人の行動が理解できるというか、理解したいというか、そんな気持ちがあったりする。

 

確かに危ない地域に行けばそういうリスクは思い切り上がる。

でも、行ったから死ぬという保証があるわけでもない。

 
 
「別に平気でしょ」って思っていて平気なことってたくさんある。

 
犯罪率の高い国に行っても、必ず強盗にあうわけでもない。

だから結構気楽に考えていたし、実際僕は平気だった。

 
 

でも、やっぱり平気じゃない事ってある。

それがテロに巻き込まれることなのか、強盗に銃で撃たれることなのかはわからないが、そういう風に常に思っていた。

だから僕は気をつけていた。

例えばテロはどういった場所で起こる場合が多いのか?など、いろんなアンテナをはることだったり情報を集めることはした方がいいと思う。  

それから、自分のキモチを抑制することだったり、諦める勇気も絶対必要。

 
そういう部分は自分の意志でどうにでもなる。

 

僕も旅の途中で、ずっと行きたかったエジプト行きを諦めた。

ちょうど『外国人を攻撃するから国外退去しろ』というテロ予行が出たからだった。

 
正直死ぬほど行きたかった場所に行ける航空券まで持っていて、それをキャンセルするなんて死ぬほど嫌だったから迷ったけど、今となってはキャンセルして良かったと思えたりもする。

エジプトに行ってたらテロにあってたかはわからないし、その後そういうニュースが出なかったから行っても平気だったはず。

でも、それは勇気を出して諦めた今だから言える事。

 
そういうキモチの抑制が結果として巻き込まれるリスクを少しだけでも下げることになるんだと思う。
 

気をつけるとは、なんかそういう部分で・・・の話。

 
ただ最後に一つ。

めっちゃ矛盾しているようだけど、海外へ行くことを諦めてほしくはない。

 
今回ベルギーで起きたテロは、ベルギーという国全土で起きたわけじゃない。

だから『ベルギー=危険』ではない。

それはフランスにしてもトルコにしても同じ。
 

なんか、クラスに一人ヤンキーがいれば「あのクラスは…」と言われるのと同じ感じで、テロが起きたりすると「あの国はヤバイ」みたいな感じになってしまうのがすごくもったいない気もする。

 
例えば成田空港でテロがあったとして、それこそ僕の田舎の山梨とか、北海道とか九州とかが超危険なのか?って言われるとそんなは事ないって思うはず。

 
フランスにしてもトルコにしても、素敵なものがたくさんあって、素敵な人もたくさん住んでいる。

行ってみることで得られることもたくさんあると思う。
 

だから、諦めるのはもったいない。

 

ただ 危ない“場所”と危ない“自分の行動”をしっかり知ることは大切かなって。

 
・・・思います。

 

いろんなところを周って来たからこそ、良さも危なさもすごくチョビっっっとはわかっているつもり。

 
ま、おっさんの小言みたいなもんです。
 
 
なんか4時に目が覚めて寝れなくなったから書いてみました。

 
よい旅を。
 

 

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼