海外でATMにクレジットカードが吸い込まれた…本当にあった怖い話。




失いました。

僕の大切なMASTERカード。

そうです、ATMに吸い込まれた…

いや!食べられました。

バクバクと。

今日はそのチクショー!な話をしようと思います。

聞いてください。

本当にあった怖い話。

夜ATMにお金をおろしに行った

一昨日の話です。

微笑みの国タイの首都バンコクに滞在していた僕は、夜7:30頃にホテルから外へ出かけました。

もうあたりは暗く夕飯時です。

お腹が空いたのですが、手持ちはわずか50バーツ。

日本円にして150円です。

その頃お金を牛耳っている嫁のキャンベルは1人ナイトマーケットに出かけてしまいました。

その為、マジで50バーツしかありませんでした。

たった150円じゃあ日本ではせいぜいオニギリくらいしか食べられませんが、ここはタイ。

バンコクでは屋台のご飯がだいたい30〜50バーツで、ビールの大瓶が50バーツです。

ここで僕は悩みました…

どちらを買うべきか…

結果として答えは「BOTH」

そう、両方だったのです。

50バーツと、世界一周も共にした楽天カード(Master)と携帯をポケットにつっこみ、ホテルから徒歩3分のところにあるセブンイレブンに向かいました。

日本ではなかなか信じがたいのですが、海外では結構平気で路上にATMがあります。

例えば今いるタイではコンビニの横、謎の建物の横、銀行の外などに普通に設置してあります。

なので割りとその辺適当に歩けばATMには出会えるのです。

セブンイレブンにつき、とりあえずATMの前で操作を始めました。

これまた信じがたいかもしれないのですが、タイではコンビニの前のスペースを当たり前かのように屋台が占領しています。

ATMの前に立ち、右斜め後ろを振り向くとオッサンがせっせと調理をしているのです。

僕は気にせず続けました。

海外のATMは日本のものとは少し違います。

なんというか、形はもっと平面的で、全体的に固い感じ。

カード差込口もボタンもなんか固い。

ゴツゴツとしています。

カードを差し込み、暗証番号を入れます。

引き出す金額を打ち込み、確認ボタンを押し、取引完了を待つ。

待つ…。

あれ?

いきなりATMにカードが吸い込まれた!

クレジットカードが吸い込まれた

このポンコツATMに食われた

なんか文字がいろいろ出て、読み終わる前に最初の画面に戻ってしまった。

お金も出てこない。

取引が失敗したのかな?なんて思っていたけど待てども待てどもカードは出てこない。

あ、あぁぁぁ…

これは噂のカード吸い込まれ事件ですね…。

そう、旅人の間ではたぶんみんな知っているこの事件。

まことしやかに囁かれる「ATMにクレジットカードが吸い込まれることがあるから気をつけろ!」という都市伝説のような話は聞いたことがある人も多いかもしれません。

けどそんな人見たことも会ったこともありません。

実際に僕は世界各地のATMでお金をおろしまくってきたし、それで何もなかったので信じろというほうが難しい。

それで「気をつけろ!」ってなんだよ…と。

何をどう気をつければいいんですかって感じで「まあ俺は平気だろ」とたかをくくっていました。

しかしそれは現実に自分の身におこりました。

カードが、食われた…

普段から何事にも冷め気味の僕は焦ることもなく、右斜め後ろで豚肉をトントンと切ってるオッサンに声をかけました。

トントン切ってるオッサン(以下トンサン)

僕「Speak English?」

トンサン「Yes. little.」

とりあえずカードが吸い込まれたというのを英語と身振り手振りで説明すると、オーケーオーケーと言ってセブンイレブンの店員さんを呼んでくれました。

ありがとうトンサン。

その時の心境は「別にカードが吸い込まれたことはどっちでもいいから早く返してくれ」くらいの感じでした。

なぜなら普通にパカッとかやってATMを開けて戻ってくるものだと思ってたから。

ところがセブンイレブンの店員は僕にこう言った。

「あいどんのー」

88年生まれ世代のアイドルあいぽんではありません。

あいどんのーです。

わからねーからテメーでやれやという意味だったようです。

ATMに書かれた番号を指差し「かけろ」と。

偶然にもその日にタイのSIMカードを契約していたので、電話。

プルルル。

日本と同じような音声案内に従って番号を2とか0とか押して銀行のオペレーターに繋いでもらった。

オペ「どうしましたか?」

僕「カードがATMに吸い込まれました」

〜中略〜

オペ「ATMの場所はどこですか?」



僕「え、場所?どこここ。住所とか知らん」

そこでまた右後ろでご飯を盛ってたオッサンの友達らしきオッサンに助けを求めました。

友達らしきオッサン(以下トモサン)が何やらタイ語で説明してくれて、3分ほど話してました。

会話の内容は1ミリもわかりませんでした。

トモサンからはいよっと渡された携帯を変わるとオペレーターはこう言いました。

「I can not get you back」

「ファッ!?」

なんかわからないけど返さないと。

なんでや!と思って聞いたけど、なんだか難しくて、とにかく返さないとのこと。

帰れま10どころの騒ぎではありません。

返せま10です。

もしかしたらオペレーターも【クレジットカード10枚集めるまで帰れま10!】なんてやってるんでしょうか。

オペレーターは続けてこう言いました。

「マスターカードに電話してください」

そう、これぞタライ回し。

言われた番号をメモリ、トンサンとトモサンと近くにいて見守ってくれてたタイ人のお姉さんに「コップンカーップ」とお礼をいい、とりあえずその場から少し離れて言われた番号にかけました。

マスターカードのお姉さんに翻弄される

プルルルルル。

また音声案内で始まり、いろいろ番号をおしてオペレーターに繋がりました。

出てくれたのはアンジェラみたいな名前の女性。

たぶん34歳独身、背は高めで髪はブリーチで明るくしていて、バリバリのキャリアウーマンなのでしょう。

そんな感じがひしひしと伝わってきました。

アン「どうしました?」

僕はまた同じ説明を繰り返します。

この短時間でトンサン、セブンの店員、オペレーター、アンジェラと4回目です。

いろいろとやり取りをして、カードの履歴を調べるのに時間が少しかかるからかけ直すと言われました。

わかりました…と僕は一旦その場をあとにしました。

なんとなくATMを離れたくなかったけど携帯の電池が無くなりそうだったのです。

部屋に戻るとすぐアンジェラから折り返しが。

アンジェラから「カード番号はわかりますか?」といわれ、わからないと答えました。

厳密に言うと写メで保存してあったのですが、結構探すのが大変なので時間がかかりそうでわからないと言ってしまいました。

次の質問は「取引先の銀行は?」でした。

僕は「ゆー、えふ、じぇー」と答えました。

アン「そのあとは?」

僕「え、そのあと?」

UFJ銀行にその後とかあるのでしょうか?

UFJはUFJだろ…え、なんかあるの?といろいろ考えたのですが、やっぱり全然わかりません。

ならばこれしかあるまい。

僕「日本語で言っていいんですか?」

MITSUBISHI TOKYO UFJ GINKOと日本語で言えばいいのか?と思ったのですが、このアンジェラさんは三菱とか銀行とかって言葉を理解できるのかという疑問がわき、僕は続けてこう言いました。

僕「日本語は話せますか?」

するとアンジェラさんは勘違いをしたのか「でしたら日本語を話せるオペレーターから折り返し電話をさせます」と言いました。

僕もそれなら話が早いな…とホッとして電話を切り、折り返し電話を待ちました。

待ちました…。

30分。

「来ねえじゃねえか!コラ!アンジェラ!」

そう、僕の携帯がなることは二度とありませんでした。

八方塞がりかと思いきや突破口が

セブンの店員✗

オペレーター✗

アンジェラ ✗

ATMのあった店舗の人も、銀行のオペレーターも、マスターカードもだめでした。

この時点で僕も焦り始めました。

まずマスターカードと楽天カードについてグーグルで検索し、海外で紛失した際の手続きみたいなのを探しました。

すぐ見つかり、まずは楽天カードの電話番号にかけてみました。

「おかけになった電話はこの国からはかけられません」

繋がらないのではなく、なぜかかけれない。

マジカーと思い、今度はマスターカードの日本語直通の番号に。

それも同じくかけられませんでした。

「おいおいどうするよこれ…」

とりあえずカードが戻ってないか見るためにATMがあるセブンイレブンに戻り、残りの50バーツを払っておビールを買いました。

残り7バーツ、21円くらい。

てやんでい!って感じでつい買ってしまいました。

セブンイレブンからホテルへの帰り道、ボヤーっといろいろ考えました。

「はうあっ!!」

そのときにふと浮かんだのが家族。

「そうだ!日本にいる人から代理人としてカード利用停止を頼めばいいんだ!」

もう天才かと思いました。

妹と母に事情を説明し、楽天カードに電話してもらい、結果的にはカードの利用は停止させることができました。

使われた形跡もなく無事だったようです。

良かったよかった。

予防と紛失したあとの対策について

写メっといたカード

大食いの嫁

大食いの嫁

大食いの嫁 大食いの嫁

講演会情報

人気記事

サロカリ

プロフィール

Jマガ購読

予約・ご依頼