自分が幸せでないと人は幸せに出来ない。『あなたは今自分らしく生きていますか?』




こんにちは。

今日は金曜日ですね。

世間の皆さんは休みに向けてラストスパート・・・というところでしょうか。

疲れているところアレですが、よかったら読んでみてください。

ちょっと独り言を書こうかと思います。

実は僕のお店にはこんなノートがあります。

『ヒトコトNOTEBOOK』

image

リビングスペースのテーブルの上にポイッと置いてあるノート。

image

書くことは自由。

image

絵でも言葉でも夢でも。

image

なんでもいいよっていうノート。

image

こんな感じで、いろんな人の言葉が書いてある。

image

時には海外から来たお客さんにあえて母国語で書いてもらったりも。

image

英語以外は全然読めないんですけどね(笑)

image

それでも、その人が僕の店に来てくれた足跡をこのノートに残してもらう。

image

時には遠くから飛行機に乗ってきてくれたり。

image

新幹線に乗ってきてくれたり。

image

Up to Youがオープンして早3ヶ月。

image

これをやり始めたのも実は3ヶ月前。

image

最初は隠してて、見つけた人にだけ書いてもらったりしたのでまだノートの半分くらいしか行ってない。

image

だけど、たったノート半分でも、そこにはたくさんの人の言葉が詰まってる。

image

すでに僕の宝物だ。

最近ふと思ったんですよね。

「俺は今、自分らしく生きているだろうか?」

なぜかふとそう思ったんです。

なんか自信をもって「生きてるよ」と今言えるのかなって考えたら、よくわからなかった。

帰国してからというもの、美容室をオープンさせるためにいろんなことをしてきた。

オープンさせたらさせたでまた新しくいろんな事をしなければならなくて。

それは慣れない事ばかり。

「あーしたらいいかな?」

「こうしたらどうかな?」

気づいたらいつもそんな事ばかり考えるようになっていた。

お金の事、店の事、今後のこと。

いつもいつもいつも。

そんなある日、なんかふと嫁に言われたヒトコトにハッとさせられたことがありました。

「カナダで出会った時のほうがなんか無邪気だったよね」

「俺だって大人になるんだよバカヤロー」

そう思ってたけど、なんか引っかかるものがあった。

僕は元々旅人だった。

そして美容師だった。

「型になんかハマってたまるか」ってとんがって生きてたつもりだったんだけど、日本に帰ってきていつの間にか型にバッチリハマってしまっていたのは自分でも気がついていた。

別にそれが悪いことだとは思わない。

それはそれでいいし、そうしないとココでは生きていけないと思うから。

海外のすべての国の生活と、日本の生活を比較することはできない。

それほど日本という国は自由で不自由な国だから。

ハマったほうが楽なこともある。

そう思ってた。

「・・・自分らしさってなんだっけ」

“人ってマジメになればなるほどつまらなくなる”

そう思ってたくせに、つまらない人間になっていったのは僕だったのかもしれない。

美容室のことや生活のこと、家族のことや、これからやりたいこと。

いろんなことが自分の周りを取り囲んでて、それについて考えないといけなくて・・・

そうやって”やらなきゃいけないと思い込んでること”に流されて行ったのは僕だったのかもしれない。

思い込んでただけだって。

なんか最近になってやっと、そんなふうに思えるようになった。

一回そう思いはじめると、今までクヨクヨ悩んだり考え事しまくってた時間なんかのことを「くだらねえ」とさえ思うようになってきた。

そしてなんかわからないけど、笑えてきた。

別にお金のこととかちっさい事は実はどうでもいいんじゃないだろうか・・・。

だって健康だし、嫁、友達、家族に囲まれ、節約してもそれなりにうまいもんも食って、ビールも飲めて、wifiもあって、布団で寝れて、美容師ができて。

そもそも生きてるし。

あれ、十分幸せじゃん・・・と、気がついた。

きっと気の持ちようなんだ・・・と。

僕はよく美容師の人に聞く質問がある。

なぜなら何かに悩んでる美容師の人が僕のお店に来るから。

「誰のために美容師してんの?」

そう聞くと、悩む人は悩む。

お客さんのため?後輩のため?お金のため?

答えは人それぞれなのかもしれないけど・・・

僕は「自分のために美容師をしている」と言うし思ってる。

自社のスタッフのため、お客さんためであれば時間もお金も身も削るのなんて何か違うとも思ってる。

それをしたくてしてて、結果自分が幸せになれるならそれでいい。

でも悩むのであれば違うし、押し付けることも違う。

美容師って、まずは自分が幸せじゃなければ来てくれたお客さんを幸せになんか絶対にできない。

だからまずは自分が幸せにならなきゃ。

自分が笑っていれば、幸せだと言っていれば、店に来てくれたお客さんも釣られてそうなるんじゃないか・・・って。

気持ちは伝わるから。

怒ってるのも、悩んでるのも。

僕はエンターテイナーではない。

天才でもなければ、何でもないただの男だ。

だから僕が出来ること、伝えられることなんかそんなにたくさんはない。

だけど、近くても遠くてもせっかくお店に足を運んでくれた人にそういう気持ちは伝えたい。

楽しいとか、幸せだとか。

このノートに書いてある一つ一つの言葉を見てたら、少なくともこれを書き残していってくれた人たちにとっては少しだけ特別な思いは伝わったのかもしれない・・・なんて思えた。

だから僕自身がこれからもそうでなければ。

だから美容師の人たちにも「幸せな生き方をしてる?」と聞いてみたりする。

感謝すること、笑うことを忘れずに自分らしく生きていたらきっと周りも自分にそうしてくれる。

ネガティブなこと言いたくなったら言っていいと思うし、誰でもそうなることはあるんだけど、でもお金がないとか、仕事がどうだとか、あいつがムカつくだとかクヨクヨしてる暇がもしあるのなら、You Tubeでアホな動画でも見て笑ってたほうがマシだよね。

人の幸せはそうやって作ってくんじゃないかな。

これってたぶんすごく大切なことだと思う。

楽しそうにしてれば、楽しくなる・・・。

つまらない毎日でも、悩む毎日でも、前向きに考えないときっと事は進まないし良くもならない。

環境は絶対変えられる。

頑張らなきゃいけないなんてことはないし、頑張らなくていい事もたくさんあるけど、だけど頑張ろう。

まあ、生きてればだいたいの事は何とかなるさ・・・(笑)

っと、自分自身にも改めて言い聞かせてみようと思い今回ブログに書いてみました。

自分らしさを大切に。

image

僕らしさ・・・。

持ち前のテキトーさだろうね(笑)

また海外を旅したり、3年たったら海外に出店したり、飲食店やったりいろいろ夢はあるわけだし、とりあえず人生楽しも〜。

image
(また無人島も行きたいな・・・)

終わり。

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼