ハサミもネットも使い方次第…。時代の流れに流されないネットの使い方について考えてみる。




こんばんは。

プールマガジンにて「美容とネット」というテーマで記事を書いてみました。

 
ネット社会的なことになってる今、美容室でもお客様に来てもらうためにいろんな事をやってると思います。

みんなみんなやってます。

 
でも、本当にそれって効果あるの?

 
時代の流れに流されない。
 

なんかそんな事を書いてみました。

美容師でないかたも読んでみてください。

引用↓

 

image

こんばんは。

週末いかがお過ごしでしたか?

仕事ですよね(笑)
今回のオーサーテーマは「美容とネット」ってことで、今や美容師がなんかしらを発信していくのは当たり前っぽくなっていますが、その事について・・・ということです。
もうみなさんやってらっしゃいますよね。

ネット。

「今やもう紙の時代じゃない」とか思いますよね。
新聞屋さんに怒られそうですが、確かにスマホがあれば新聞が読める今、わざわざ紙を買う必要があるのかというとないようにも思います。

例えば美容室のチラシ。

ネットで【○○駅 美容室】とかって探し出せる今、そこにヒットさせることができればチラシをわざわざ10000枚とか駅前で配る必要ないと思うんです。

それだけの時間と費用を費やしても結果がなかなか出ないから。

経営者は考えます。

このままやるべきか、それともやり方を変えるべきか・・・と。

チラシは配っても来ない→じゃあホームページだ!ブログだ!検索でヒットだ!

確かにそのほうがいいように思います。
でも、本当にそうなんでしょうか?
・・・と思ってしまう僕は天邪鬼なんでしょうか。
“時代の流れ”を見ることってとても大切なことのように僕は思います。

世の中には一番最初に気づいて何かをやり始める人がいます。

その人のアイデアが人々に絶賛され、そして真似されていきます。

それが時代の流れを作るんだと思います。
この世の中にはどこかにホームページを最初に作った人がいます。

美容室ブログをやり始めた人がいます。
それが「美容とネット」という”今の流れ”を作っています。
100人の美容師がいたら100人の美容師がブログをやって、それでお客様を呼ぼうとしてるのってもうすでに古いんじゃないか?なんて思ったりもします。
ブログを書いても予約は来ない。

ホームページに何十万円払っても予約は来ない。
それはもうやり方が古い(みんなと同じ)からじゃないかなって。

ネットを使うことが古いのではなくて、やり方が。
普通に考えて、みんなが今や当たり前のようにやってるアプローチをしても、お客様からしたら「みんなと同じ」でしかないと思います。

例えば横浜中華街の「世界一の肉まん」とか「元祖肉まん」とか、そんなこと言われても他と同じにしか思えないじゃないですか。
なんだか時代の流れのせいで、ネットに使われてる感があるのは僕だけですか?

僕の中でSNSもネットもあくまでツールだと思ってます。

チラシみたいな紙媒体もツールでしかありません。

ただの道具です。
その道具を使うのはあくまで人であって、人が使ってはじめて力を発揮します。

ハサミも同じで、使い方を知らなければまともに切れない。

それと同じで、ネットというツールも使い方を知らないと意味をなさないように思います。

だから大事なことはネットをやることじゃなくて、どうやるか、どう使うかだと思うんです。

じゃあ使い方って何?どうやって使えばいいの?

疑問が生まれてきても、本当の答えは誰も教えてくれません。

なぜなら、もし教える人がいるとすれば、教わった人がみんなその流れに乗っていき、新しい流れができていくからです。

人に教わった時点でもう誰かが作った流れの一員。

もちろんそれでいい場合もあります。

例えばハサミとかは使い方としては本当に狭い範囲でしか使えないからです。

でもネットは違う。

たぶん使い方に正解も不正解もなく、やり方というのはお店のスタイルや人間性によって変わっていって良いと思うんです。

だから、本当の答えは使う人自身が考えるべきなんだと思います。

ちなみに僕は4月1日に自分の美容室を出すことが決まったのですが、その時のアピール方法としてはネットだけではなくチラシも主に使ってアピールしていこうと思っています。
ただし配りません。

どこかのお店に置いてもらうわけでもありません。

何万部も刷りません。

お金もかけません。

ただ、古いとされるチラシを使った集客方法の中で効果的な方法を思いついたので実行してみるだけです。

結果がどうなるかはまだやってないので知りません。

ただ、あまり効果がなかった時に改善点が見つかるはずなので、1回やってみたらより良い方法が見つかるはずだから効果なかったとしてもそれはそれで良いと思っています。
とにかく行動をおこす・・・というのも大切かもしれないですが「どうやって」成功させるか、「どうやって」価値があるモノにするのかを考えながらやっていく事もまたとても大切なことのはずです。

なんか長ったらしくなりましたが、つまりネットも使い方次第・・・というような事を書きたかったのです。
そんなわけで、これにて。

読んでくれてありがとうございます。

 

 

【ご予約、取材、講演会のご依頼はこちら】