ヘアドネーションが日本の美容師にもっと認知されますように。




  

「ヘアードネーション」って知ってますか?

 

「なんか聞いたことあるかも」

って感じかもしれないですね。

アメリカなど諸外国ではかなり知られている活動なのですが、実際日本ではまだまだ浸透していない気がします。

 
ヘアードネーションとは、簡単に言うと長く伸ばした髪を集め医療用ウィッグを作り、病気や怪我などにより髪の毛を失い、悩んでいる方たちに提供するというものです。 

現在日本でそういった活動しているのはJAPAN HAIR DONATION & CHARITY(JHDAC、ジャーダック)という団体だけだそうです。

とある美容師さんが立ち上げたというこちらのジャーダックは、小児ガンのみならず白血病、不慮の事故により髪を失った子供達や女性のために、人毛100%の医療用ウィッグを無償で提供しているNPO法人です。

素晴らしいですよね。

僕らただの美容師は直接は何もできないのですが、髪を寄付したい人と、ジャーダックの間に入り、カットした髪を寄付する手伝いならできるわけです。
 
もっと詳しく知りたい人はこちら(JHDAC HP)をどうぞ。 

 
日本に帰国し、僕もそういった活動ができればいいなーと、ほそぼそとですがやっています。

 
先日も一人の方が来てくれました。

 
横須賀からはるばるバッサリ切りに高円寺まで。

image image

 
メジャーをつかって長さを計りながら、ゴムで縛っていきます。

image

 
そして・・・

バサっと。

image

 

image(切った髪を写真に)

 

image

ざく切りキャベツくらいざく切りになっている髪をショートボブに仕上げました。

image

image(キラーン)

 
ご協力ありがとうございました!

image

 
 
切りながらいろいろ話している中で知ったのですが、この方が通っていた横須賀の美容室の美容師さんはヘアドネーションの事を知らなかったそうです。

もちろん美容師をしてるからってヘアドネーションを知る必要が絶対にあるかというと普段の仕事の中ではそういうチャンスもなかなかないものなので、難しいところなんですが・・・
 

もし寄付しようと思ってても美容室で『なにそれ?』と断られた結果寄付しないって事になったらなんかもったいないですよね。

どうせ切るなら寄付しよう・・・という思いがある方も、自分で切れるわけがないので、やっぱり受け入れ先(美容室)が必要になってきます。

なので、もっと多くの美容師がヘアドネーションの事を知ってくれたらいいな〜なんて思います。

 
また、現在ロングでバッサリと切りたいという方は、ぜひ近くの美容室に問い合わせてみてください。

大切に伸ばした髪が誰かの為になったらなんか嬉しいですよね。

 
実は僕も今ロン毛を目指して伸ばし中です。

流石にドネーションできるほど伸ばすとあれなのですが・・・

ハゲ散らかる前にバシッと縛るくらいはやりたいんですよね。

人生最後ですしね、たぶん。

それでは、こちらも合わせてどうぞ→ 以前ヘアードネーションに来てくれた人の記事

 
ちゃお。