美容室の予約ドタキャン・バックレ問題をSNSで嘆く前に御自身はどうなんですか?って話。




価値を売る職業の人が他人の価値がわからないとかってことが、この世界ではある。

正直無茶苦茶だと思います。

人の価値にお金が払えない人が、お客さんから評価してもらえるのか?と。

しばしばサービス業は価値を低く見られがちです。

なぜなら目に見えないものを提供しているわけで、判断が付きにくいという部分があるからです。

美容師は髪型を売ってるわけじゃなくて、その髪型を得るための方法を売っています。

そしてそれに伴う時間を売っています。

『ドリルを買う人は穴がほしい』

昔どこかの偉人?か誰かはわかりませんが、そんな名言を残した人がいるようですが、あまりにも当たり前でありつつも、言われてハッとするようなものでもあります。

人はなぜ価値にお金を払うのか?それは『こうなりたい』『ああなりたい』という目的を達成するためです。

その目的を達成するためにはいくつかの方法があります。

穴がほしければスコップで掘ってもいいですが、当然疲れます。

素手で掘ればお金はかからないけど指は痛くなるでしょう。

ドリルなら手も汚さず疲れません。

髪を切るのも同じことです。

ほしい髪型を手に入れるために、自分でカットするとしたら正確さに欠けるし、掃除も大変です。

だから美容師はお金を頂いてます。

だから美容師はその時間を売っています。

だから美容師はそのためにトレーニングをします。

だから適正に判断してもらいたいのです。

ちゃんと評価してもらいたいのです。

本気でやってるから、そう思います。

価値を売る仕事というのは総じてそういう事だと思っています。

だからこそ、価値を売る同業者に対しては少なくともリスペクトが必要であると僕は思っています。

料理人、音楽家、絵かき、マッサージ師

何でもそうです。

その方たちもやってることは違えど美容師と同じ気持ちで働いているはずです。

それをちゃんと評価してますか?

『自分は価値を売る。でも自分は他人の価値を買わない』

そういう人がいます。

どれくらいいるかわからないが、います。

人の価値を評価できない人が、ちゃんと人から評価してもらえるものなのでしょうか。

ましてや、他人を安く見てるくせに自分が安く見られた時に怒る事なんかできるのでしょうか。

このご時世、予約というのは当たり前になりつつあります。

飲食店だろうが美容室だろうが。

その予約をして時間を抑えることは予約を受ける側としては『あなたのための時間を確保しますよ』という事になります。

価値を提供するための時間です。

それを無断キャンセルされたりバックレられたりしたら当然のことながら頭にきます。

なんでかというと”その予約をしたがために適正に評価してくれる人を断った可能性がある”からです。

…なんてそれっぽい事も言いたくなりますが、単純にその時間待たなければならないという事態に僕は嫌気が差します。

5分10分だけかもしれないけど待たなきゃいけないわけです。

それで来なければ『なんなの?』っていう気持ちに当然なってしまいます。

こちらの状況なんか知ったこっちゃないと思うでしょうが、北海道までわざわざ出張に行って、それがメインではないにしろカットの予約も受け付けてて、バックレられた時は鼻血が出るかと思いました。

観光する時間を返してくれと。

そういうのは美容師誰でもあるんじゃないかと思います。

ありますよね?



だってそういうお怒りブログみたいなのもしょっちゅう見ますし。

検索したっていくらでも出てきますし。

まあそれだけ一生懸命やってるからこそですよね、わかります。

わかる。

わかります。

けどマジでわからないのが、そういうこと言ってる美容師が平気でバックレをカマスというところ。

なんなの?笑

2年ほど講演会という仕事をしていまして、殆どが美容師や理容師むけでやっています。

自分で企画することもあれば依頼されることもありますが、基本的にどちらのパターンでもバックレドタキャンはあります。

1割ほどの人が来ないイメージです。

僕自身の能力やらなんやらのレベルが低いという理由もあると思うので情けないところですが、これもやっぱり同じなんです。

先日大阪で講演会の予定をしていたらありがたすぎることにすぐ席が埋まってしまって、それでも問い合わせが来てたので回を増やしました。

結局全部で50名ほど予約して満席状態だったのですが、蓋を開けてみたら43名ほど。

いっぱいですすいませんと断った人は数名。

僕がその程度でした残念!で話は終わりなんですけど、そういう人たちはふだんどういう思いで美容師やってるのかな…とふと思ってしまいました。

自分の価値は評価してもらいたくて、他人は安く見てしまう。

自分の時間は大切で、確保してもらってた時間はバックレてしまう。

どれだけ美容師がそうやって他の仕事の人を雑に扱おうが、どれだけ美容師が予約した居酒屋の宴会をバックレようが、どれだけそういうクソみたいな事をしてもお客さんにはバレることはないと思います。

ないと思いますよ。

だけど因果応報という言葉があるとおり、いつかなんかで返ってるくのではないかなと思います。

このご時世、本気でやってるからこそ美容師としてやってけてるんだと思います。

本気だからこそいろいろ予約バックレやドタキャンには思うこともあると思います。

それと同じような事を僕もバックレてくれたあなたに対して思っています。

っていう感想をここに書いても何も変わらないので、次回より講演会は全部前払い制にさせて頂くことにしました。

その場で払うか、チケットを買ってもらうか、違いはただそれだけです。

話を聞きに来てくれるお客さん的には別に何も変わらないのですが、前払いだとめんどくさがって来なくなる人もいると思います。

たぶん結果的には損失なのかもしれないですが、もうなんかいちいち予約バックレる人に対してあーでもないこーでもないと考えるのも嫌ですし、そんな事ならエッチなこと考えてたほうがマシだと思うのでそうしました。

というわけで、以降は当ブログから予約できるようになりましたので、そちらからよろしくお願いします。

近々美容室の方の予約も新規の方に限り同じようにさせていただきます。

美容室も前払い制が当たり前になればいいのにとマジで思っています。

ただでさえ過剰サービスが当たり前でなかなか評価されにくいこの国で、これ以上サービス業に携わる人や価値を売る人が雑に扱われたらかわいそうすぎるし、文化も消滅すると思うのは僕だけでしょうか…

それでは。

※最後予約手順だけ…

①ブログトップページよりどちらかクリック

②バナークリック

講演会の詳細・スケジュール

③ご希望のスケジュールをクリックすると該当する講演会までジャンプします

④お申込みページへ

お申し込みページ

フェイスブックページの方にも講演会情報を随時アップしてますので、気になる方はチェックしてみてください。

フェイスブックページ

講演会情報

人気記事

サロカリ

プロフィール

Jマガ購読

予約・ご依頼