形ではなく人の記憶に残るものを作ることが生きる目的。




昨日は飲み放題無料の遊べる居酒屋俺っちオープン3日目。

土曜日ということもありいろんな人が来てくれた。

数えてみたら12名…!うち子供3人…!
おっさんたちは寿司とか持ち込んで酒を飲み


子供達はひたすら遊ぶ。

リサイクルショップで1000円で買ったエアホッケーがまじで活躍してた。

なんか子供はハマるらしい。

僕も勝負して20対5くらいで圧勝しといた。


別に大人気なくはない。

気持ちは子供だから真剣勝負。


リビング的な場所には全然みんな座れなかったので交代でダーツやったり。

4人まで遊べる。

ゼロワンというゲームをやったが普通にめちゃくちゃ楽しかった。


昨日は同級生とその奥さんが来てくれたが、東京からも友達が来てくれてた。

そういう人たちを紹介しあって一緒に飲んでもらう。

やっていることはただそれだけ。

そう。

ただそれだけ。

でも僕はずっとそれで生きてきた。

19歳で旅をはじめて、人との出会いの大切さに気がついた。

だからか僕自身はどこに行っても必ず誰かとは会う。

たぶんそれは会おうとしてるから、会うのだと思う。

または会いたいと思ってるから会うのだと思う。

そして、それが楽しくて僕は生きてるのだと思う。

人生は出会いの数で豊かさが変わる。

絶対にそう。

尊敬できる人、愛せる人だけじゃなく、反面教師になるという意味では嫌な人と会うこともまたプラスにはなるだろう。

そう思ってるから、人と人とを会わせることがなんか楽しかったりもする。

思えば20代ずっとそんな事やってきた。

何人も何人も会わせてきた。

カップルもできたし仕事仲間も見つかったし親友になっちゃった人もいた。

これを読んでくれてるあなたも僕にそうされた1人かもしれない。

うすうす気がついてはいたけど、これが僕の転職かもしれない。

美容室でもお客さん同士をひたすら紹介しまくってきたし、居酒屋やってても同じ。

逆なんだと思った。

美容室がしたくてついでにそういうことをやっているわけではなく、居酒屋がしたくてそういうことをやっているわけではなく、人と人が会う場所をつくりたくてその手段として美容室だったり居酒屋なんだと思う。

きっとそう。

なんか僕とキャンベルで一致している意見としては「いろんな国や街に拠点を作りたいね」ということ。

拠点=店

ではない

拠点=コミュニティ

だと思う。

僕達がここにいた証は、僕達と関わった人達が記憶してくれていることで証明される。

東京高円寺も僕達が帰れる街だと思ってる。

たとえ美容室up to youが消滅しようとも、そこでできた繋がりとコミュニティをみんなが覚えててくれさえすればいつでも帰ることが出来る。

似たような事をまたこの山梨県富士吉田市という故郷でやりたい。

そして南米でも。

それが自分の選んだ仕事で選び続ける仕事なのだと思う。

楽しいから、好きだから。

理由はただそれだけ。

またこの街でどんな人に会うか、どんなコミュニティができるか楽しみ。

みんなどんどん県外からも山梨に遊びに来てね。

新宿から2時間1700円で来れるから。

地元の人とくっつけるから、そしたらちょっと違う旅になるはず。

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼