今は美容師アシスタントの教育を考える時で、フリーランスの議論はもう去年終わったよ。




今の流行りみたいなのっていろいろあると思うんですが、今はもっぱら「フリーランス美容師について」ですよね。

世の中の流れがこうなっては仕方ない、気にならないほうがおかしいのかもしれません。

フリーランスをやったことない人は「え、集客は?」「保険は?」「税金は?」「不安」といろいろ考えると思いますし、だからこそ僕のブログを読んでくれて店に相談にやってきてくれる美容師が後を絶たないのだと思います。

正直、雇われてようがフリーランスだろうがどちらも同じ仕事なので“ライフスタイルにあったものを選べばいい”というだけの話で、一長一短どちらが良い悪いという話ではありません。

ただ僕自身はフリーランスが自分に向いてるし、そうなりたいと考える人にはオススメしてます。

政府も働き方改革!と動き出してますが、個人的に思うのが前も記事で書きましたが「変革する議論するフェーズはもう終わってる」という事です。

全部自分でやる覚悟を持つ。勝つか死ぬかの時代に生きる僕らに必要なコト。
「勝つか負けるかの時代ではなく、勝つか死ぬかの時代」 まるで戦国時代みたいな一文ですね。 これはカルビー株式会社の代表取締役会...

去年くらいに終了してます。

働き方を変えたければ今すぐ動くべきで、貫くなら社員や部下が辞めないより良い環境を今すぐ作らなければなければいけない。

つまり今はどちらにしても動き出すべき時だと思うわけです。

先を読んでいち早く行動にうつす重要性

僕はいつも「1年後に何が来るかな?」ってことを考えてます。

そして予測した未来に向けて、それが叶うように実行にうつす。

するといざ世の中がその流れになったときに先手を打つことができます。

というかそうでもしないとこの群雄割拠の時代に生き残れないような気がしてます。(僕の能力では)

だから”先駆けてチャンスをつかむ”というところを意識して仕事をしています。

ちょうど1年前の時点ではフリーランス論争など微塵も起こってなかったのですが、2017は絶対に働き方が変わる年だと思ってたので去年夏の時点でサロカリなんてものを作りました。

フリーランスの働き方についてもたくさん記事をあげました。

狼なんとかさん?という美容師や某美容室のマネージャーさんをはじめ、理解できないという人からは盛大にディスられたりもしましたが、半年ちょっとたって思うのは”概ね予想通りの未来がやってきた”ということです。

だから何となく自分の中ではやっぱ間違ってなかったなーと思ってるし「もう議論するのは時代遅れ」みたいな感じがすごくしてます。

やるかやらないか選択するかしないか、ただそれだけの話だったってことですね。

サロカリ

2016年7月4日に発足したフリーランスとシェア美容師コミュニティサロカリ。メンバーは現在115名…今年の夏は1周年記念で祭りをやります。

今は2018の予想をして動き始める時

自分の中での話ですが…

今僕は来年の事を考えてます。

隕石が落ちたり、僕が車にひかれたりしない限りは来年っていうやつはシレッとやってくるものです。

シレッと来るくせに、世の中はガッツリ変わってたりするんですよね。

新しい機械の登場や、法律の改正、新サービス開始に伴う消費者の動きの変化…

自分が変わらなくても、世の中は勝手に変わってきます。

2018年は間違いなく教育が変化します。

1年後にこの記事シェアってもいいくらい、言い切れます。

今月の頭から始まった美容師アシスタント1年目を20人のサロンオーナーが協力してフリーランス美容師としてデビューさせるという企画。

ガチンコ美容師クラブ!ニートが150日でスタイリストデビューするまでの道のり。
最初に書きますが、批判は一切受け付けません。 なぜなら僕たちは本気で1人の男の人生と美容業界を変えたいからです。 本気なんで言...

これもだいぶ先駆けて行ったものではありますが、まだ結果は出ていません。(夏に出ます)

でも彼はやり遂げるだろうし、僕らも最後まで付き合うのできっと成功すると思います。

あり得ないがあり得るになる。

それは期間なのか?クオリティなのか?お金なのか?いろいろあると思いますが、それが変革であり、今まさに必要とされていることです。

今後本当に必要になってくるのは教育と先生です。



教育が仕事となり、サロンワークの体力的負担を減らすという時代が必ず来ます。

手荒れが辛くて美容師やめたり、先輩のイジメで美容師辞めたりする人がいなくなります。

美容室をやめても、仕事自体は続けることができるという意味です。

辛い思いをしてるアシスタントの悩みも、体力や時間的に辛い思いをしてるベテラン美容師の悩みも教育という分野が改善されたらきっとなくなります。

僕はそう信じて今動いています。

今後の展望をぶっちゃけてみる

今年春には美容師業界に新サービスを打ち出す予定です。

今の時点では世の中に存在しないジャンルなので(してるけどネット上ではない)全く新しいことなのですが、それもやっぱり教育関係ということになると思います。

もう1つがアシスタントの教育。

僕は美容室経営者ですが、人は雇ってません。

今後も雇いません。

だけどアシスタントを教育する仕事はやっていこうと思っています。

手荒れや給料の問題などで辞めた美容師達を助けたいからです。

先程リンクを載せたニート松下は20人で担当を分けて見ていくって感じでやってくのですが、それは僕1人で見ていくって感じです。

実は3月より3年アシスタントやって辞めてしまう女の子を弟子にすることが決まりました。

お互いの仕事の合間にモデルトレーニングを見て、自信をつけさせてフリー美容師として独り立ちさせるのが目的です。

その子のことはまた記事にします。

ゆくゆくはサロカリも巻き込んでそういった教育事業を先駆けてやっていけたならいいなーと考えてます。

おまけにもう1つ。

年内にシェアサロンをオープンさせる予定があります。

フリーランスの居場所を作ってあげようというわけです。

独り立ちする場所を提供したいなって。

まあそれはまたいつかブログに書こうと思います。

教育もシェアサロンも、すべては挫折したり辛い思いをしてる美容師のため。

「美容師って楽しいんだぜ!」っていうのを伝えたいがため。

僕もかつて1つのサロンしか知らず、他に逃げ場もなく病んで辞めた経験があり、人の助けがあり運良く美容師に戻ることができて今がありますが、できない人もたくさん見てきました。

「辞めたやつが悪い〉という風潮を無くしたい。

辞めた子達にも輝ける場所が必ずどこかにはあるはずで、そのどこかになれたら良いなって思ってます。

本気で。

2017年は去年よりも激動の年になりそうです。

2018年はもっとやばくなる予定です。

楽しみだなー。

だから頼むから隕石落ちないでください。

車でもひかないでください。

そんな未来予想でした。

世界初 タダでお酒が飲める居酒屋

何しても無料の居酒屋が山梨県にオープン!詳細は画像クリックで!

講演会スケジュール

オンラインスクール

自己紹介

予約ご依頼